2013 | FictionJunction

BLOG


2013年11月23日(土) Paul McCartney千秋楽へ行ってきました

数日前になりますが、Paul McCartney来日公演、千秋楽へ行って参りました。

スマフォとかiphoneなら写真とっていいよ、
なんてコンサートは初めてだったので、びくびくしながらアップですが
本当にいいのかな?いいのかな?(・_・ ) ( ・_・)ドキドキ

Paul

いやあもう本当に。
ただただ最高でした。
今回はアリーナ某ブロック最前列という素敵な席で見ることが出来ましたので
もう座って存分に堪能していようと思っていたんですが、
ライブ始めの音が流れた途端に飛び上がってしまい、
後はもうアガりっぱなしで座ってなんていられませんでした(^_^:)。

事前に行った皆様からともかく最高だったとか今まで見た中でベストのライブだったとか、色々な褒め言葉だけは山ほど聞いていたので、私何か特別な、度肝を抜かれるような仕掛けでもあるのかもしれないな……豪華ゲストとか?等と思っていたんですよ。

でも違った。
いい演奏でした。いい歌で、いい音で、いい映像で。
MCも、一生懸命日本語を喋ってくれて、英語の部分は字幕を出してくれたり、
MCの分量はかなり少なめだったけれど完璧なMCだったなあ。
余計な事を言わず、でもちゃんと伝えたい事は喋ってくれて、
また曲に入るタイミングのニクいこと。
私たちがその曲をどれほど楽しみにしているか、曲ごとにちゃんと理解していて、
驚かせるべき所はちゃんと驚かせてくれて、泣かせる所は控えめに泣かせてくれて。
音も映像もMCも、ありとあらゆる意味で「心得ている」、
そして本当に素直に観客を過不足無く、「音楽で」楽しませてくれようとするキモチが伝わって来る、気取り無く、「僕の音楽で楽しんで行ってね」という心に溢れた、そこに全くブレの無い、もう私の理想とするライブの形だったなあ。

もう本当に私ただのミーハーでした。
ポールの思い通りに、全部手のひらの上で、イントロの度に奇声をあげ(笑)、泣いたり笑ったり身もだえたり歌ったり踊ったり跳ねたり、また彼の手のひらでコロコロされるのが気持ちよかったこと。

身内話にはなりますが、私が小学生の頃Beatlesを聞き始めたのはもう全てまい兄上の影響で、当時両親の好みでオペラとか歌曲しか流れていなかった家にBeatlesとかKissとかQueenを持ち込んでくれて、父上に、壁に貼ったKissのポスターをなんだこれは!と破られちゃったりしながらも(笑)めげずに我が家にPopやRockを持ち込んでくれたおにいさままじありがとう。はじめは「おにいちゃんが何だか五月蠅いもの聞いてる〜」とか思っていた妹も、今はDrumsのタム回しや大人ギターリフ等に身もだえ出来る立派な大人に育ちました。

そのうち父も、sgt. pepper’sなどを聞きながら「これはなかなか面白い」なんて言うまでに影響を受けてきたし、その兄や、当時から一緒に色々聞きまくっていた妹も同じ会場でこのコンサートを聴いていた事がまた何だか感慨深かったのでございます。

そう、この感動には私の、過去BeatlesとWingsしか殆ど聞かずに過ごしたような数年分の思い入れ分の底上げ、各曲への思い入れとかそんな家族との記憶とか、昔の彼氏と、wingsの歌詞の解釈について今思うと鬼のようにどうでもいい事で泣きながら大喧嘩をした記憶とか(笑)、その辺り分の底上げは死ぬほど詰まっていますよ?
でも音楽ってそんなものだしそれでいいもんね。
だってPaulだって、色々な音楽を時代を歴史を経て、その彼の偉大な軌跡ごとあのステージに立ってくれていたんだもの。何だか勝手な推測なのかもしれないけれど、色々な私には想像も付かないようなしがらみや様々な彼の歴史を経て、今すごく素直な気持ちで客席と向き合ってくれているような気がしたんだよね。色々な人たちへの賞賛と追悼、色々な彼の言葉が歌が、とても素直な所から発信されているような気がして、最終的には「音楽って楽しいよね」というただそれだけでいいんだという所から出てきているような気がして、ただ幸福なステージだったなあ。それが単にこちらの思い込みだったにしても、そう思い込ませてくれた事にただ感謝。

もうこれだけで十分長い記事なので、各曲が始まったときの失神しそうな感動とか何が泣けたとか書き始めると数日間書き続けそうなのでこの辺りにしておきます(^_^:)。

でもそれにしてもアンコール最後、
golden slumbersが始まった時にはもうまじ失神するかと。
だってこの流れはあれでしょ、carry that weight 行くでしょ、
それでthe endで占めるんでしょ?
それが聞けるんでしょ?
まじですか?ほんと?
そして来るとは解っていても、
the endのピアノのかっかっかっか!
が始まった頃に、やはりああこれが本当に来た!本当に来ちゃったよ!
とやはり失神しそうになっていました(笑)。
もう担ぐ!
どんなweightだって担ぐからわたし! \(*`∧´)/
もう本当にそんなんなってました(笑)。

今回千秋楽という事で、アンコールの曲で振って下さい、
と主催の方から全員にサイリウムが配られ、
振ったとも!
翌日筋肉痛になるまで!

Si

……すみません今回のコンサートで私、
通常梶浦コンサートで禁止事項にしている事を
全てやって来たような気がします(^_^:)。
でも許す!(私が!)

はあ。
数日経てばもう少し冷静に記事をかけるような気がしていたんですが
やはり無理でした。
だって仕方ないよね。
彼の音楽に触れなかったら、私確実に今音楽やってなかったと思うし。
やっていたとしても全然違った形だったと思うしね。
しかしもう本当にこの辺りにしておきます。
幸せな音楽を、絶対に忘れられないだろう一夜を、
ありがとう、Paul McCartney!
貴方の音楽を、永遠に愛している1ファンより。

Comments (14)

2013年10月13日(日) マチアソビ

Machiasobi

マチアソビvol11、「デジタルクリエイターセミナー」参加させて頂きました。
Kalafinaがもう二度お邪魔していた「マチアソビ」
是非一度遊びに伺いたいものだなあとずっと思っていたのですが
なかなかタイミングが合わず……今回やっとです。

ただ、始めにお話を頂いた時は
えっ、でじたるくりえいたーとか!せみなーとか!
なんかそれ私には無理です無理!Σ(゚口゚;.
とかなりびびりが入っておったのでございますが
「とりあえずただ話せばいいから」という事で
今回はアニプレックス高橋祐馬さんがお心くばりたっぷりの司会をして下さり、
またゲストに入って下さったufotable近藤光社長にも随分助けて頂き
終わってみれば私個人としてもとても楽しめた一時間半でございました。

これだけの時間をかけてみっちり「作品の音楽を作る事」的なテーマでお話を
させて頂いたのは考えてみれば初めてでございました。

まあ何と申しますか私
言ってしまえば音楽作ってるだけで
結構幸せになれちゃうというか。
もうやだー眠いーとかギャーギャー喚きながらも
結局ニヤニヤしながら作っていると言うのか。
ココロのストレスも安定も全て音楽から貰っていると言うのか。
周囲からも
「まあ、あいつは音楽作らせておけばとりあえず大丈夫なんじゃないか」
と色々許して貰っている気がします。
でも自分が楽しいばかりでは
やはりお仕事としては
全て本能からの音だけになってしまってもアレですので、
やはり規制をかけたり自分なりのルールを
きっちりとさせておきたいと思う部分もあるわけで
何だかそんなお話をさせて頂いたような気が致します。

「結局はさ、客観性だよね」
音楽作りとかライブとか色々な話を人とする度に
そこに辿り着く事が多いんですけれども。
今日のお話もそんな結論に近かったような。
何かモノヅクリをしようなんて人間はそもそも欲の塊だし
溢れ出てくるものは限りない訳だし
それを良くも悪くも制御するもう一人の自分、
「客観」と呼ばれるものとのお付き合いは
いつもとても大切だという気が致します。

……まあそんな!
ご参加下さった皆様にも、とても暖かく聞いて頂けて
楽しゅうございました。
本当にありがとうございました!
皆様にも少しでもお楽しみ頂けていたら、
と祈るばかりです。

マチアソビ、今夜(12日)も明日も明後日も
楽しそうなイベント目白押しで、
時間さえあれば空の境界全部見ようぜオールナイトとか
参加したかった〜(>_<)。などと後ろ髪を引かれつつ
帰って参りました。
お世話になりました皆様、楽しい一時を本当にありがとうございました!

といいつつ帰宅してすぐtwitterプチイベントをやらせて頂いたり
明日と明後日はまた楽しみな
FJCイベントが待っていたりする訳ですがヾ(〃^∇^)ノ。
またその話はいずれ!

とりいそぎのブログでございますが本日はこれにて!

Comments (12)

2013年10月1日(火) アレルヤ

未来は君に優しいだろうか。

そんな言葉で始まる曲であります。
[こちら]の記事でも触れさせて頂いたんですが、
未来福音の映像を、さあ、これからBGMを作るぞ、
モードで初めて通しで見た時に
ラストシーンの後にふっと浮かんで来た言葉でした。
この一行から、導かれるように生まれて来た曲が「アレルヤ」です。

改めまして、明日10/02、Kalafinaのシングル
「アレルヤ/dolce」が発売になります。
「アレルヤ」、この曲は劇場版空の境界「未来福音」EDとして書かせて頂いた曲です。

思えば本当に様々な曲を、BGMも含め「空の境界」では書かせて頂きました。
全7章、終章、そして未来福音、extra chorus、一つの作品の為にこれほど
多くの曲を書いた事は今までありませんでしたし、
おそらくこれからも無いであろうと思います。
ああ、これでもう「空の境界」の音楽を紡ぐのは本当に最後になるのかな……。
そんな風に少し寂しくも感じながら、未来福音のBGMを書かせて頂いておりました。

その、思い入れ深い作品のラストシーンの為に書いた曲が、
「アレルヤ」というある意味祝福の……歌だった事が純粋にただ嬉しいです。

きっとそれは、「未来福音」をご覧になった皆様の
共通の思いに近いのではないかなと思うのです。
この作品の最後が、未来への祝福に満ちていた事が……
どんな明日であれ、明るい未来を願う終わりだった事が、
きっと空の境界ファンの皆様への、
作品からの最高の祝福だったのではないのかな、
そんな事を思いながら。

多分、何も特別な事は無い曲です。
私が普段思っていること、
きっとみんなも同じように思っているんじゃないかな、
でも照れくさくてちょっと口には出さないよね、
そう思うこと。
そんな事を思いっきり素直に綴っただけの歌詞です。
メロディーもアレンジも出てきたまま。何も捻ってません。
でも「未来福音」の最後には、そんな素直さが似合うんじゃないかな、
そう思いました。

作品の登場人物たちの、
そして私たちの、終わりへと続くあまりにも短い道のりに
どうか幸あれと、祈るような気持ちで。

で、cwの「dolce」ですが。
こちらは、同時上映の「extra chorus」のEDに流して頂いている曲ですが。
「dolce」の意味は、おそらく皆様もご存じの通り、
イタリア語で
甘い、甘美な、優しい、的な意味でございます。

これはですね。
あれです。
まあ何と言いますか某シーンで、
「全くもーまじおまえら甘々だな!(´ー`)┌フッ」
と思ったので「dolce」にしました。

……いいのかそんな事で(笑)。
でもそうなのです。
でもきっとね。
みんなこの幸せな甘々を見たかったよね。
私も見たかったです。
なので甘々万歳!ヾ( ̄∇ ̄=ノ もう勝手にしていいのよ!
そんな曲です。
はい。

ただ、少しだけ賛美歌っぽい趣が欲しいなと思ったので、
Kalafinaの歌はほぼずっと三声ハモり、
アカペラでも歌える曲にあえて伴奏を付け加えたような
そんな曲にしてみました。
三人のハーモニーもご堪能頂けましたら幸いです(^_^)。

そんな二曲。
Kalafinaのうたがまた増えました。
嬉しいです。
この新しい二つのうたを、
皆様にも聞いて頂けたら。
そして可愛がって頂けたら。
どうぞ宜しくお願い致します(^_^)。

そして、いつもCDが出るとtwitterで
ゆるゆるなプチイベントなど行ったりするのですが、
今回もちょっとやってみようかなと思っております。
twitter参加されている方限定で申し訳ないのですが、
10/12、詳細は
[http://www.fictionjunction.com/fjcom/fion20131012.html]をご覧下さい!

Comments (6)

2013年9月28日(土) 未来福音

劇場版空の境界、『未来福音』見て参りました。
今回は自分のライブもあり、試写会に伺えなかったので
なるべく早く見たいな!と27日真夜中の回をすかさず予約して。

空の境界劇場版は、試写会で拝見したものも全て、
新宿テアトルさんに通って全て改めて見直して参りました。
あの映画館がサイズもイスも好きというのもあるんですが
実際皆様がご覧になる映画館で、客席で、
ちゃんと色々な音を確認しておきたいというのもあって。
なので今回も、新宿テアトルさんで。
絵が本当に完成された形で拝見するのは初めてでした。

Mirai

絵、演出、相変わらず素敵でした!
光と闇の演出がいつも本当に見事だなあと。
今回は特に、真昼の光の中でこそ立ち現れる「闇」の表現が何だか新しいな、
素晴らしいな、と見ほれました。
私は本当に映像の事は解らないので(^_^:)。
ああいう映像を作られる方の発想って本当にすごいなって
普段の風景も私と違った風に見えているのかしら……。
なんて考えてしまいますです。

未来福音は、ストーリー的な事はネタバレになってしまうので伏せると致しまして
「あの場所」が色々と違った形で出てくるのも楽しめます。
ああ、あの場所でかつてこんな、とか
今はこんな、とか……不思議な懐かしがこみあげてまいります。

25、26日にやったYuki Kajiura 番外編ライブでも
未来福音の曲を作り終えた後のライブというのもあって
懐かしい空の境界の曲を個人的に演りたくて
サウンドトラックから選抜して演奏させて頂いたりしたんですが、
今回の「未来福音」でも色々な音楽を作らせて頂きました。
作品の魅力を皆様にお伝えする、
音楽がその役割をひっそりと果たせているよう……祈るばかりです。
Kalafinaが歌わせて頂きました
「アレルヤ」「dolce」も
作品をご覧下さった皆様の心に残る
作品のエコーに相応しいものでありますよう、
祈っております。

……まだ色々書きたい感想もあるんですが
全てネタバレになっちゃうので!(ウズウズ)
本日はここまでで。

素晴らしい作品の音楽を作らせて頂けて
幸福だな、と改めて感じながら。
おやすみなさい(^_^)/!

Comments (8)

2013年9月27日(金) 番外編ライブ終了。ありがとうございました!

香港、そしてお台場2days、
Yuki Kajiura Live 番外編、無事終了致しました。
無事って言うか、終わっちゃったよ〜〜(ノ_-。)。
いらして下さった皆様、
本当にありがとうございました!
幸福すぎる三日間でした。

今回は、番外編と言いつつ初心に戻ったようなライブだったと思います。
レギュラーメンバーで、
ライブのレギュラー曲を中心にお届けする。
ツアーなどになると公演ごとに色々なプチ変化球を投げたくなるので、
ここまで直球攻めなライブ、
そしてライブハウスでやるライブ、
久しぶりだった気がして、
逆にちょっと新鮮だったし、懐かしくもあり、
ああ、出来て良かったな、と思えるライブでした。

1

本日のライブ出陣前。いつも円陣組むのですよ。
みんなで手を重ねて行くのですが、
Dr.佐藤強一さんは「軸奉行」。
重ねた手がズレていると、「軸がブレている!」
と言って修正してくれるのです。

2

いざ出陣!

ライブの場は……
もう何て言ったらいいんでしょうね。
ステージに出て行って、曲が本格的に始まるまでの短い間、
まだ暗い客席に目をこらして
みんな、じゃなくてそこにいらしてくれる貴方、
お一人お一人に、
「ようこそ!今日のライブに参加してくれてありがとう!」
と話しかけているつもりに(勝手に)なっています。
ステージにいる私も、プレイヤーさん歌い手さんも、
そしてステージの陰、様々な所で支えて下さっているスタッフさんも、
そして客席にいらして下さる貴方も。
一人一人が、同じようにかけがえの無い、
「今日だけのライブ」を作るメンバーだからね。

その全員で、
「どん!」と始まるライブの瞬間。
こたえられません。

……1曲目、「どん!」、なんて曲じゃなかったじゃん。
という突っ込みはさておいて。

ライブの場所で、
音楽を貴方と分け合ったり、
貴方の素敵な笑顔を頂けたり、
そういう事も勿論幸福なんですが、
何と言ったらいいのか
私が音楽を続けて行く上で絶対に忘れてはいけない事を
いつもあの場で頂いている気がします。

それは一言では言えないし、
またその日によって違ったりもする事なんですが、
自分が音楽を続けている理由は、
やはり音楽はコミュニケーションだと思っているのだと思う。
「自己表現」だけじゃないんです。
表現するだけなら自分でやって自分で満足していればいいけれど、
「伝えたい」んだと思う。
伝えるのはとても難しい。
ちょっと矛盾するかもしれないけれど、
何が伝わるかは、受け取って下さる方の自由でいいんです。
具体的な「何か」じゃない。
小さな感情の波のようなもの。
ちょっとキラキラした何か。
少しの間だけ、
昨日も明日も違う時を生きる私たちを、今、
結ぶかもしれない何か。

そんなものが、貴方に届いているといいなあ。
届け!
きっとそんな気持ち、のようなもの。
人に何かを伝えることの難しさ、大切さ、嬉しさ、
そんな事をいつもあの場で、
貴方に改めて、思い出させて頂いています。

色々な大切な気持ちを下さった貴方、
一緒に、今日だけの、
あの幸福な時間を作って下さって、本当にありがとうございました。
出来れば頂いているばかりではなく、
貴方の「明日」にも、小さなプレゼントを残せているといいな。
そう心から願いつつ。

そう、ライブでお知らせを致しましたが、
まずYuki Kajiura Live vol11。
ツアーで、今までお邪魔した事のない場所にも伺います。
わーいヾ(〃^∇^)ノ!
2014、2月〜4月のツアーになりますが、
詳しい日程、場所は
明日にでもサイトの情報を更新致しますね。

そしてそのツアーの前に、
FictionJunctionの2nd.アルバムをリリースします!
まだ日程の詳細、収録曲も決まっていませんが、
今までFictionJunction名義で出してきたシングル曲を中心に
新曲を書き下ろした形に。
どんな曲書こうかな!
ああわくわくするーーー!
もう楽しみで仕方がありません。
皆様に「何か」が届くアルバムになりますよう……!

随分長いブログになってしまったのに
まだ書き足りない気がしております……。
多分、これを書き終えて本当に「ライブを終わり」に
してしまいたくないんでしょう私(^_^:)。

今日のライブの最後に、
生まれて初めてタオル投げしました(^^ゞ。
だっていつも是永さんやJrさんがピック投げてるの見てて、
羨ましかったんだもん。
「私も何か投げたい〜o(><o)(o><)o!」ってジタバタしたら
「じゃあピアノでも投げますか?」と言われたんですが
大惨事が起こるのは私が音楽を担当させて頂いている
作品の中だけで十分でございますので、
被害が少なそうなタオルにしてみました。
……使っていないタオルですので!
拾って下さった方、安心して使ってやって下さい!
「投げ」出来て楽しかったです。えへ。

私の明日へ行くエネルギーと、そしてもっと暖かいものを沢山
頂きました。
本当にありがとうございました!

感謝をこめて……。
また、貴方にお会い出来れば嬉しいです(^_^)ノ!

3

(大平さん出陣済みだったので不在になっちゃった。ごめんね大平さん!)

Comments (3)

2013年9月25日(水) 台場ライブ1夜目

無事終了致しました!
ありがとうございました。
ライブの「場」って本当にあの場所にいた
全員で作るものだと思うんです。
貴方が今日いらして下さって、
Yuki Kajiura Live 番外編を今日のような
素敵な音楽の「場」にして下さいました。
本当にありがとうございました(^_^)!
楽しかったです!!!

色々なお知らせなどはまた明日改めて。
短いですが、心より、感謝を込めて!

明日お会い出来る皆様も、どうぞ宜しくお願い致します!

Comments (2)

2013年9月24日(火) ライブですよ

さていよいよ明日から
お台場2days!番外編ライブでございます。
もうわくわくするのみです。
どきどき。
はらはら。(はらはらはしちゃダメ)

会場にライブ的なovertureが響いて
皆様の笑顔とお会い出来るあの瞬間がとても好きです。
……1曲目が笑顔になれるような曲かと言うのはさておいてですね。

いらして下さる皆様。
どうぞお楽しみ頂けますよう。
宜しくお願い致します!
それだけの短いブログでした!

Comments (6)

2013年9月22日(日) 最後にみんなで!

撮った写真!ヾ(〃^∇^)ノ 少し大きくなるよ。

Thanku4uall

Comments (7)

2013年9月22日(日) 香港滞在記!

改めて香港短いけど滞在記です。
写真付きだよ!(自慢げ)
あまり……たいした写真は無いんですが
写真大きめサイズで大々的にお届けする所存です。

Chaku

香港空港到着。
細かい機材も沢山です。
海外公演は、プレイする私たちより
むしろスタッフさん達が本当に大変だといつも思います。
細かい機材のチェック、電圧の問題、考慮しなければいけない事は山ほど。
何せ環境が大きく変わるので、万全の準備を整えて行っても、
小さかったり大きかったりするトラブルに見舞われる事も多々あります。
それら全てを本番までにクリアせねばならず、
スタッフの皆さんは観光などする間もなく、寝る間も削って飛び回っています。
今回も本当にお世話になりました!皆様お疲れ様でした!

Nagashi

香港空港でちょっと待ち時間が出来ちゃったので、
壁際でくつろぐ今野さん。
謎の流しのバイオリニストさん的な風情です。
「おお、伝説のバイオリニストHITOSHIが……」
「おもむろにバイオリン取り出して、ぶぎゃー!って弾き出しちゃうんですね!」
「それで通りすがりの皆さんがおお!何!?って振り向いたら、
 ふっ、て笑って立ち去って行くんですね!」
とみんなでこっそり盛り上がっていたのであった。

香港に来たのは二度目ですが、
日本の高層ビルが青くなって逃げ出すような
「高層ってのは俺らみたいなのを言うんだぜ(´ー`)┌フッ」的な
建物が並んでいて圧巻です。

Sim

それも同じ形の建物が並んで建っていたりするので、
すごく時間をかけて作った名人芸シムシティーの街のようだな〜と毎度思う。
飛行機から見下ろしてもえらく綺麗なんですよね。

でも例えば新宿のビル街のようなちょっと気取った感じはなく
「地上」にあたる所にはえらく人間的というか庶民的というか
活気に溢れるお店が並んでいたりして
ヒトのエネルギーをめっさ感じる素敵な街です。

到着日はその後私は取材など入れて頂きまして
色々お話させて頂いてとても楽しかったです。
メンバーの皆様はその間足マッサージなどに行かれていたようです。
その後香港晩餐へGOGO!

Yakei2

夜景の本当に美しいレストランで!
この夜景がばーっと視野一杯に広がっていたんですよ。
窓越しだったし私の写真がアレですがとても美しい夜景を
想像で補って下さい。
あなたの想像力が試されます。

また本当にお料理の美味しかったこと。
出てくるお料理全てが「うおー美味い!」 の連続でした。
派手な味ではなく塩も薄めで香辛料もそんなにくどくは感じないのに
絶妙な味バランスガナイスすぎる。
中でも写真無いけれど具だくさんスープが絶品で、
本気で近所にこのレストランできたらお昼スープ食べに通うのにと思いました。
日本支店出しませんか〜。

Toufugyouza

豆腐餃子。中身はお野菜でヘルシー美味だった〜。

Duck_2

ダックですよ。
このあとばらんばらんにされて残らず私たちの血肉脂肪となりました。
この他お野菜も沢山食べられて、
食べ過ぎちゃったにも拘わらず翌朝何だか体調ばっちりな感じでした。
日本に支店を(略

また紹興酒が美味しくてさーさーさーさー。
中華料理屋さんなどで飲んだことは結構あったんですが
こんなに美味しかったっけ?とみんなでハマり
ライブ前日なのでちょっとだけにしておこうと思っていたのに
結構飲んじゃってべーらべら喋っていたような気がするけど
恥ずかしいよううううううう。

でもいいのです。この日は結構皆様召し上がっていらっしゃいましたしね。
飲まれない方の他は。
Yopparai Band Members
略してYBM的な夜でした。

Icha

いきなりイチャるDr強一さんとGt是永さんw。

Yopparaibms

ホテルへの帰途はみんなごきげんだったぜ、いえー!
スタッフの皆様も勿論一緒に盛り上がったんだぜー。

そんなにご機嫌だったのに翌朝お酒が残ることも無く。
紹興酒素晴らしいね!

そして翌日は。

Logo

待ちに待ったライブです。

Moonc

日本にいた時香港の方数名から教えて頂いて
是非食べたいなあ、と思っていた氷皮月餅。
どこで買えるの?と聞いたら、現地スタッフをして下さった
キャシーさんが買って来て下さいました、キャシーさんありがとうヾ(〃^∇^)ノ!
その他にも月餅沢山!美味しかった!
可愛かったので缶も持って帰って来ちゃった。

ライブの手配は勿論、取材、他の時間も本当に様々な気配りをして下さって
気持ちよい香港滞在をさせて下さった
エドさん、キャシーさん、スタッフの皆様
お陰様で短かったけれど充実した香港滞在でした。
本当にありがとうございました!

Stage

さてライブリハも終了。
まだ静まりかえったステージでは、
いつでも行けるぜ!と楽器達が
私たちとお客様を待ち構えています。

実際始まったライブは……。
いつもながら本当に楽しかった。
香港の方、遠くからいらして下さった皆様、
普段喋っている言葉は私たちはみんな違うけれど
一端音楽という共通言語が始まってしまうと
日本だろうと香港だろうと、多分世界の何処に行ったって
そんな事あまり関係無くなってくる。

住んでいる場所、喋る言葉、習慣や環境や
私たちは違う所を沢山持っているけれど、
でも同じように似ている所も沢山持っている気がするんですよね。
それは多分国籍とはあまり関係無く
日本人同士でもあまり変わらない。
美味しいご飯を食べると幸せだなあ、とかね。
大事な人に幸せになって欲しいなあ、とか、
そんな所。
音楽は、そんな、私たちの似ている所を
短い間でも、きゅっと結んでくれる、
そんな気がしています。
ライブの間、客席にいらして下さった皆様を
本当に近く感じていたよ。
私たちの音楽を聴きに来て下さって
本当にありがとうございました!
貴方と会えて、幸せでした。

Thanku

多謝ーーーーーーー!!
忘れないよー。

その日は12時半という遅い時間からの打ち上げでしたが

Kani

カニだーー!
食うぞーーー!
飲むぞーーー!
てな訳で写真はあまりありません。だって飲んじゃったもーん。

ライブで皆様から頂いたお花をその日はホテルに持ち帰り、
朝までホテルのお部屋はお花のいい香りで溢れていました。
.。.:*・゚゚・(´ー`).。*・゚゚・*:.。.

お花は無理だったけれど
皆様から頂いた心のこもったお手紙など
全て日本へ勿論持って帰って来ました。
ありがとう、大切にしますね。

本当にあっという間だった香港滞在。
最終日の朝、やっと海岸に少しお散歩に出たけれど
あまりに強い日差しに早々に退散しちゃった。
でもちょっと観光っぽい写真が撮れた!

Seaside2

空港では慌てておみやげ買いなどに走り回ったりして
自分お土産の紹興酒なども買ったりして
紹興酒+干し梅的な飲み方に今回ハマったので
ホテル近くのコンビニで干し梅もゲット。
ライブが終わったら家飲みするのでありますよ。( ̄ー ̄)

そんな、楽しい思い出ばかりが残った香港滞在。
本当に是非また行きたいなあと思っています。
また皆様とお会い出来る日を楽しみに!

そしてまだまだ、楽しいライブが待っている!
25、26、お台場でお会い出来る皆様も、
どうぞ宜しくお願い致します!ヾ(〃^∇^)ノ

以上、当ブログとしては
かなり画期的な写真の多さでお届け致しました!(えへん!

Comments (4)

2013年9月22日(日) thank you Hong Kong!

香港ライブ終了しました。

本当に素晴らしい一時でした。
帰国したばかりなので、短いですが。

Thankyou_3

we really had a great time…….!
多謝、再見!

Comments (9)

2013年9月18日(水) 花子とアン

正式発表がありましたようで、
皆様からもメッセージを頂きましたので……。
少し先の話ではあるのですが、

この度、平成26年度前期 連続テレビ小説、
2014年3月31日(月)放映開始予定の
「花子とアン」の音楽を作らせて頂くこととなりました。

赤毛のアンシリーズ他、様々な主に児童文学の翻訳も手がけられた
文学者、村岡花子さんの半生記となる作品です。

ドラマの詳細はこちらをご覧下さいね。
http://www9.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/167708.html

「赤毛のアン」シリーズを通しで初めて読んだのは、小学生の後半だったか
中学に入った頃だったか……と記憶しています。
それまで知っていた第1作目の「赤毛のアン」
も好きだったのですが、大人になり恋をし家庭を築いて行くアンの、
ちょっとおっちょこちょいで失敗も繰り返すんだけれど、
ウィットに富んだ、人生を切り開いてゆく前向きな力、
(ヒト力も女子力も高い!)
またアンを取り巻く実に個性溢れる人々の魅力も素晴らしく、
改めて赤毛のアン「シリーズ」の虜になり、
当時毎夏3週間程度泊まりで、
子供だけを集めたサマースクール的なものに参加していたんですが、
「今回は赤毛のアンシリーズからはどの本を持って行こうかな」
などと悩んでいたのを良く覚えております。

子供の頃故、あまり翻訳者のお名前までは認識していなかったのですが、
今となって調べてみると、
モンゴメリ作品を中心に
ああ、この本も、これも村岡さんが訳しておられたのか!
と嬉しくなってみたり。

原案である「アンのゆりかご」という本を拝読して
赤毛のアン翻訳の陰にこんなドラマが……と
今からちょっと感動モードに入ってみたり。

朝の連続テレビ小説、
私もただの一視聴者として
どきどきわくわくしながら拝見した大好きな作品が沢山あり、
また今回は特に、
自分が大好きで、すり切れる程読んだ本の数々を、
私が読める日本語という形に編み直して
紹介して下さった方のドラマ。
子供の頃のあのドキドキやワクワク、
涙や感動や笑い、様々な物を下さった方の人生。

そんな作品の音楽を担当させて頂けることは、
本当に光栄で、嬉しいとしか申し上げる事が出来ません。

音楽家として新しい作品と出会う瞬間というのは
本当にいつも幸福で一杯になりますが、
今回もただ、
ドラマに寄り添い、一緒に泣き笑い、
様々な人たちの人生に華を添えられるような音楽を
作る事が出来たらと。尽力させて頂くつもりでございます。

作品共々、お楽しみ頂ける事を祈っております!

Comments (9)

2013年9月17日(火) ライブリハでした!

さて本日。
Yuki Kajiura LIVE 番外編”香港&台場”
リハーサルでした!

Re2_4

ドラムの周りに集まって写真を録ったので、
ドラマー強一さんを囲む会
のようになっています。
確かにある意味とても正しい写真です。

リハは、もっと時間がかかると思ったのですが
思った以上に順調で
何か忘れてるんじゃないかと思えるほど順調で
早めに終わっちゃった。
皆さん流石です。
流石スーパーウルトラダイナマイトフロントバンドメンバーズ

#YK Liveではバンドの皆様を
 バックバンドではなくフロントバンドとお呼びしているのです
 何故なら彼らは「バック」ではなく皆主役の一人だから。

そしてキラキラプラチナ歌姫ズなだけはあります( ̄ー ̄)。
よっみんな天才!
あとは梶浦さんさえ頑張れば、何の問題もございません。
頑張る。

そんな余裕のあるリハでしたので
休憩時間を狙っては
貝田さんに差し入れて頂いたレーズンサンドや
めっちゃおいしい林檎ジュースを飲んだり
是永さんに頂いためっちゃおいしい葡萄をつまんだり
自分で差し入れたどら焼きをぱくついたり
要は何だか食べてばかりいました。いかんー!

そんな番外編ライブ、
まずは二十日の香港に伺います。
スタッフさんが作って下さった
こんなしおりを頼りに。

Shiori_4

……強引に鞄に突っ込んだのでちょっとしわっとなっていますが、
問題無く使えるからいいのです。

香港へ向かう為の、
また到着してからのあれこれが詳細に記載してある
とても頼りになるしおりです。
これで誰も飛行機の便を間違えたり
集合場所を間違えて慌てて電話したり
ホテルがどこか分からなくなって香港放浪の人となったり
そんな羽目に陥る事も無く、無事香港到着&ステイ出来る事でございましょう!
ありがとうしおり!(を作ってくれたスタッフさん!) (´▽`)

改めて番外編ライブの3夜。
いらして下さる皆様どうぞ宜しくお願い致します!
ライブの開演時間メンバーなどの詳細は
http://www.FictionJunction.com/
の方をごらん下さいね。

まずは一夜目の初香港ライブ。
本当に楽しみにしておりました。
香港の皆様、
どうぞ私たちの音楽を楽しんで頂けますよう!
みんなでわくわくしながら伺います。
どうぞ宜しくお願いします!ヾ(〃^∇^)ノ

Comments (10)

2013年9月16日(月) ライブMixでした

本日もMixな日でした。
本日、延々10時間くらい、何をMix(確認)していたかと申しますと
ブログに書いていいとご許可を頂きましたので。
これ。
これの、いわゆる「音」部分のMixです。

Oshirase

はい。
Kalafinaがこの初夏から約二ヶ月にかけてやらせて頂いたツアーの、
8月4日最終公演。
この模様が映像化されますので、そのライブMixです。

本当だったらここでライブ画像とかパッケージ画像とか貼れれば良かったんですが、
さすがにまだ色々出せませんので
五分で作ってみました。
クリックしてもどこにも飛ばないし何も出ません、すみません。
こんな文字だけ情報なら画像なんていらないじゃん。
そうお思いなのは解りますが、
何でもいいから画像貼ってあった方がなんか偉そうでいいじゃないですかー。

一応画像がご覧になれない方の為に文字情報も記しておきますと、
Kalafina LIVE TOUR 2013 “Consolation” Special Final
東京国際フォーラム公演DVD , Blu-ray  2013年12月11日 発売!
こんな感じです。
ますます画像の必要性が無くなりましたがまあ気にしない。

ライブミックスって何? とお思いの方もいらっしゃいますでしょうが
ライブの音はなるべく皆様のいらした客席に近い、臨場感ある音でお届けしたい。
でも客席の真ん中にマイク立てておく訳にもいかないし
そもそもそんな所にマイク立てても客席の音拾いすぎちゃうし
なのでライブの際に録音していた色々な音の、個別な楽器音だったり
客席に近い場所の音だったり
まあバランスを取る作業ですね。

改めてライブ全体を見直し聞き直した訳ですが、
本当に手前味噌で申し訳ないですが、いいライブだったな〜と。
いい演奏を頂き、みんな気持ちよさそうに歌っているし
豪華なゲストの皆様にも本当に素敵な音を頂きましたし、
まだ発売は先ですが、宜しければ皆様も是非ご覧になって下さいね!

さて。そんな本日のMix確認作業をもって
私の九月のスタジオ業務は全て終了致しましたヾ(〃^∇^)ノ。
あとはライブですよ〜ライブ!
明日はリハですし!
ライブな人にならねばなりません。

梶浦さんがお仕事をしている筈の時間に
何故だか時々ぼーっとスパイダソリティアなんかをやっている
いけない梶裏さんという人もいるのですが
梶表さんという人もいます。
主にライブの時に登場する人です。
梶裏さんよりかなり、梶浦さんよりちょっと明るい人です。
別に梶表さんは作っているわけでは無く、
ライブが楽しいのでちょっと頭飛んじゃって明るい人になっているだけなんです。

そんな梶表さんが、9/20香港、
9/25、9/26 Zepp Divercityで
いらして下さる皆様とお会い出来るのを楽しみにしております!
どうぞ宜しくお願い致します( v ̄▽ ̄) !

と言いつつ明日はリハで
譜面の準備したり曲のおさらいとかこれから始めるのでε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛!
本日はこれにて!
わくわく!

あ、ポイフルも本日解禁しましたヾ( ̄∇ ̄=ノ !
お仕事が忙しい間禁ポイフルしていたんですが
禁断症状にも負けず四ヶ月よく頑張った!偉いぞ私!
香港に持って行くポイフルもたんまり買い込んでこなければー!

Comments (9)

2013年9月16日(月) 黒いアレですよ

本日はMixの日でした。
……素敵なMixで!ヾ(〃^∇^)ノ
生きてて良かったと思いました。

何だかもうこの話について書くと長くなりすぎそうなので、
ここまでにしておきます。ええもうほんと。

Mixの待ち時間に、すかさずネイルサロン等へ行ったり。
私だってたまにはそんな場所へ参りますとも。
……まあたいていライブの前だけですけれど。

本日綺麗にジェルって下さったうら若き綺麗なお嬢さんと
約1時間45分ずっと何を話していたかと言えば
何故か黒いアレ。
ゴで始まってリで終わる、俊敏なアレですよ。
はい、ここから先黒いアレの話題なんです。
ですから不愉快と思われる方は、本日のブログはここまで
ということにしておいて下さい……。

何でそんな話になったんだか、確かネイルやっている途中に
サロンに小さな家蜘蛛が出てお嬢さんがサロンの外へ出したんですが、
でも蜘蛛は益虫ですものね、でもアレは……。

そんな所から盛り上がり。
退治の方法とか、今までアレでこんな目にあったあんな目にあったとか、
ぶっ通しで訳一時間半。

私の今までのゴ経験談として一番凄まじいのは
学生の頃、いわゆる配膳的な、
週末のみの泊まり込みバイトをしていた時なんですが、
凄まじすぎて書けないのでやめておきます……(なら振るなと)。

お嬢さんがおっしゃるには、
アレは段ボールが好きなんだとか。
何せ暖かいので、段ボール積んでると出やすいらしいです。ぎくっ!
もっともあくまで噂らしいので真相は分かりません。
と言いつつ私の、綺麗にしているとはとても言いがたい作業場には、
結構長く住み着いているにも拘わらずアレは出たことがないんです。
きっと建物そのものにいないのでしょう。
何て素晴らしい住処かと思います。
とこしえに住み続けようと思っています。

ちなみに、先日、私の知り合いの所にアレが出現したそうですが、
彼女はそれを退治して貰う為に夜中の二時に「何でも屋さん」を呼んだのだとか。
一万二千円だったそうです。
何でも屋さんは普通にゴキ●ェットで退治していたらしいです。

……こんな話題でほんとすみません。
でも何だか盛り上がっちゃったんですもの。
申し訳なくも思いつつ本日はここまでで!

Comments (4)

2013年9月14日(土) 電車とチーズ

色々やらなければならぬ事が貯まっておりましたので
ちょっとお出かけを致しまして
久しぶりに電車に乗ってみたり。
……いやスタジオ行くときは車が多いので。

最近、東京の地下鉄の駅のホームに、
落下防止柵って言うんでしょうか。
ホームドアって言うんでしょうか。
ホームと線路の境目に高めの柵がずーっと張り巡らされ
電車のドアが開くところに自動ドアがある、アレですよ。
あれが設置される所が増えて本当に嬉しい限りです。

私昔から駅のホームが何だか怖くて、
特に階段のある場所って、もうホームの幅が
申し訳程度にしか無かったりする所もあるじゃないですか。
わははは、通れるものなら通って見ろ!お前の勇気を試そう!
位の勢いで。
あそこなんかもう本当に怖くて
息を詰めて早足になっていたりしたんですが。

それでなくとも駅のホームで
電車が入ってくるのをじっと見つめていると
何だか吸い込まれそうな感覚に陥りません?
ああ今落ちたら●●で××で▲▲で【怖いので省略】
お葬式の写真はアレがいいな今のうちに指定しておくべきかしら!
ああMacの中の作りかけのファイルは絶対に闇に葬ってくれって
どこかに書いておかなきゃ!
そんな所まで想像が膨らんで、
電車に乗り損ねた事もあります。
すみません縁起でも無くて。

ともかくそんな私にとって、
あの駅の柵は福音です。ありがたやー。
これでもうあの狭い通路に怯えることも、
今ここで寝落ちしてパタっと倒れたら●●で××で▲▲と震える事も、
酔っ払いさんにどんとぶつかられたって
どこかで殺人現場とかを目撃しちゃって
ホームでぼーっとしている梶浦の背後から犯人が迫る、
危うし梶浦!なんて事態に怯える必要も無くなる訳ですから。
ホームドア設置の駅、是非もっと増えて頂きたいものであります。

そんな本日、
九月後半へ向け必要なお買い物なども済ませた訳ですが、
チーズも買って参りました。
チーズ大好きなので、別にお酒を飲まないときでも
お紅茶チーズという組み合わせでおやつにしたりします。

本日は「ハードチーズちょっとづつ詰め合わせ」的なものを選択し
いざお会計しようと致しましたら、
「これは2パックセット割引対象商品ですので、
 あそこにあるどれかの商品と併せてご購入頂けると
 ぐんとお得になりますよ!」
なんて言われるじゃありませんか。
お得という言葉にはどうにも弱い私です。
まあチーズは日持ちするしいいかな、と思いつつ、
「え、じゃあソフトチーズ詰め合わせも……」
と2パック購入。
今度こそお会計を、と思いましたら
「ただいまポイントカードを作って頂くと
 チーズをお一つプレゼントさせて頂いております!」
なんて言われるじゃありませんか。
泣く子も黙るプレゼント。
これは素通り出来ません。
「じゃあ作ります!」
何だかいやに大量になったチーズの袋を手に、
うーん、さすがにこれ料理にも使わないと食べきれない気がする。
明日の朝はチーズオムレツだな。
なんて思いながら帰宅すると、
帰宅してすぐ届きました。
何ヶ月か前に注文して、すっかり忘れていた
「秋のチーズセット詰め合わせ」
的な箱が。
頼んでもいないサービス品まで入っている、なかなか豪奢な箱であります。

そんな訳で我が家は急遽スーパーチーズ天国になりました。
viva チーズ!
……頑張る!
とりあえず暫く朝はチーズオムレツ三昧で行こうと思います。

ではまた!

Comments (4)

2013年9月14日(土) EGな日でした

昨日は、ライブの準備をせねば!
と思っていたのに何だか全く起きていられず
三度寝したら結構な時間になっていて
普段家で一人酒は全くと言っていいほどしないんですが
何だかはずみでちょっと飲んでしまい
ちょっとのつもりがしっかり飲んでしまい
自然な流れとしてそのままソファーで大の字になって寝落ち、
朝になったらちょっとだけ二日酔いで
本当にダメな一日を過ごした私ですが
本日はレコーディングへ行って参りました。

20130913_232430

是永さん、おにゅーのVHTとぱちり♪
ごめんぼけちゃったのは私の写真の腕が……(>_<;;)。

これがまた肉感的な肌をぬめるようなすんごいいい音で!
またなんと申しますかもう、ええ、ステキギターを頂けると
十分期待に満ちて赴いた訳ですが
その期待の13倍くらいステキギターフレーズを
山ほど頂いてしまい。
もう何と言ったらいいのかつまりは幸せでした。

いつもレコーディングの度に思うのですが、
素晴らしいプレイヤーさんの音って、
本当に「幸福」としか呼べない者をくれる。

作曲ってさ、メロディーだけならだけど、
誤解を恐れずに言えばハズミとか勢いでで出来ちゃう事もあるけど、
素晴らしい演奏とか歌とかは、
絶対にハズミでは出来ないよね。
延々と長い時間をその楽器と向かい合って
一つ一つの音や響きを工夫して作り出して勉強して、そんな時を重ねて
そして幸福な音を届けて下さるプレイヤーや歌い手のみなさん。
いつも本当にありがとうございます!ヾ(〃^∇^)ノ

まじテンション上がっちゃってどうしていいのか解らないので
これから本日頂いたギターをおかずにご飯三杯くらい行っときます。

ではまた!

Comments (2)

2013年9月11日(水) コーラスの日

本日も歌を録っておりました。
このお三方で。

Three_3

今日はコーラスの日、
譜面に一言も日本語の記載が無い日です。
(Ah〜とかeh〜とかya〜とかそんな感じの譜面です)
日本人なのになんたること。
でも昨日、A4一枚に入りきらないほどの日本語を、
(それも三人分)録音したので、
一応母国語礼賛的には気が済んでおりますので宜しいのです。

Yosyuu

簡単なコーラスは初見だったりすることもございます。
スタジオロビーで予習中。
みんなそれぞれイアフォンで音源を別々に聞きながら
自分のパートを声に出してさらっていたりするので
ロビーは謎言語の飛びかう不思議3D音響になっています。

初見だったにもかかわらず相変わらず神速レコーディングで、
一応二時間準備しておいたのに、三人分一時間半ほどで終わってしまいました。
お疲れさまでした!

本日はその後別の曲のMixを聞いて
相変わらずの素敵Mixぶりに
Kalafinaメンバー含むみんなで
エンジニア小岩さんの働く背中に感涙にむせびながら拍手を送ったり
余った時間で素敵スイーツを頂いたり
今別曲のMix待ちで私はまだスタジオに残っていたり
なので暇だったり
だからブログを書いてみたり
しています。

まだ待ち時間はたっぷりあるのにネタが尽きたので、
昨日メールで頂いたこんなネタを。
[壁]_・) コッソリ。

「Kalafinaのタイトルに出てくる言葉を組み合わせて
 新しい曲名にしようという遊びをtwitterでやっていたんですが
 梶浦さんもどうですか?」

梶浦さん的には、え、そんなKalafinaのタイトルで遊ぶなんて……
とプロデューサーらしく考えたのですが、
梶裏さんが面白そう、と思ったのでちょっとヒマだったし考えてみました。
ですがどうもユーモアのセンスとか言うやつに欠けるもので、
なかなか出て来ないー。ヽ(´~`;ウーン

かろうじてこんなん出ました。
一応プロデューサーなのでタイアップ的な事も考慮に入れまして、

「またサファイアが強くなった」(リボンの騎士リメイク版エンディング)

#Kalafinaには、「また風が強くなった」「sapphire」という持ち曲がございます。

ちなみにサファイアは、「リボンの騎士」の
色々な意味でとてもオトコマエな戦うヒロインです。
どんどん強くなります。
ご存じないというお若い方は、
偉大なる手塚治虫先生の漫画をもっとお読みになると宜しいと思います。
どうでしょうか。やっぱりつまらないですよねすみませんごめんなさい。
ヒマだったんです。
どうぞお読み捨て下さい。
リボンの騎士リメイクをお考えの方、
Kalafinaを、どうぞ宜しくお願い致します。【宣伝】

まだ待ち時間はたっぷり残っているのですが、
これ以上無駄に長いブログにするのも気が引けますので
待ち時間をただぼんやりと待っていられる、
という幸福を感じながらぼんやり過ごそうと思います。
ではまた!

Comments (7)

2013年9月10日(火) 歌録でした

昨日あんなお約束を致しましたので。
(昨日記事のラストを参照)

本日のブログは

Kira

キラキラしていたり。

Kaida

華やかだったり。

20130910_201923

繊細だったり。
(楽譜のちら見せ的な意味で)

……あれ、この人たちがいるという事は今日は歌録ってたの?
そうだい!

そんな感じでお届けしたいと思います。

本日は本当に順調な歌入れで、
いやいつもこのメンバーはかなり順調なんですが
それにも増して私があっけにとられるほど順調だったり致しまして、
とりあえずいたって楽しいレコーディングでした。
予告通り私は、
ヾ(〃^∇^)ノキャーおステキよー♪
って騒いでただけでした。
楽なお仕事でほんとすみません。

なのでこぼれ話的な事も殆どないのでございます。
休憩中、ロビーでは
思いっきりFictionJunction的なお歌を
ガン歌いされている方もいらっしゃいましたが、(某ライブの予習ですね)
それでは休憩になりませんので、
「休めと言うたろーが!(ノ`∧)ノメッ」
とちょっと自粛して貰いました。

このwの付く歌い手さんは、いつもレコーディングの最中も
結構待てない休めないお方で、
「じゃあ10分くらい声休めようか、休憩してね」
「はい!」
と、非常に気持ちよいお返事を頂きましても、
いつの間にかマイクの前に立ち

ハヤクウタイタイナ!(゚∀゚ )三 三( ゚∀゚) マダカナマダカナ!

と挙動不審になっているので、かえってこちらが落ち着きません。
結局根負けして7〜8分当たりで
「……じゃあそろそろ再開しようか……」
そんな事になるので
レコーディングが順調なのもまあ当然と言えば当然すぎるのかもしれません。

まあ、そのように順調且つ素敵なお歌を本日も頂きました。
皆様に聴いて頂ける日を心待ちにしております!ヾ(〃^∇^)ノ

そんな本日のご報告でした。

Comments (4)

2013年9月9日(月) 書くだけブログ

ブログをちゃんと書こう……!
と再開してから、気づけばまた随分と間が空いてしまいました。
よし今日こそ書こう。
と思ったけど本当に最近ネタの無い人生で、
たまに出かけるスーパーでもコンビニでも
あまりネタを提供して下さる方にお会い出来ず、
口惜しい次第であります。

そんな私の最近の最大のニュースは、
「今日割った卵に黄身が二つ!」
でした。
うわちっさ!
でも小さな幸せって大事なのです。

最近のマイ(マ胃)ブームとしては、
年に一回ほど訪れる、
コーンスープにひたすら心を奪われるターンに入っています。
キャンベル缶とかレトルトのミルクで溶く奴とか
でも粉っぽいカップスープもあれはあれで美味しいとか
とりあえず毎日コーンスープ。
コーンスープを考え出した方は、
もう多分解脱して次のステージへ進んでいると思うな。
それほど偉大な食べ物(飲み物?)だと思うのであります。

明日は歌録。
でも仮歌で既にいい感じなので
あまり心配する事もないし。
スタジオ行っても自分で歌うわけではないので、
「おステキよ〜ヾ(〃^∇^)ノ」
ってきゃーきゃー言っていればいいだけなので
プロデューサーなんて楽なもんであります。
ごめん。

ああ本当に内容が無いよう。
そんな書くだけブログでした。
ここまで来ても
「ああ何かネタ!」
と頭の中で探してはみるのですが無いもんはない。
曲だって
歌詞だって
出ない時は出ないんだよ!\(*`∧´)/
ブログの内容も然りなのです。
ごめん。

次は出来ればもう少し何かこう
キラキラして華やかで涙あり笑いあり
人生の縮図的な繊細かつ壮大なブログにしたいなと!

それではおやすみなさい!

Comments (5)

2013年8月19日(月) 

五月のKaji Fes.ライブが終わってからというもの、
長距離マラソンと言うよりはトライアスロン的に
こつこつ曲を作り続けております。
もう最後のランに入ってる感じ。
とても充実した楽しい日々です。

そんな中、とりあえずこの三種レースが終わるまで、と
何となく自分に禁じているものがあります。
何を禁じているかと言えば、
我が愛。
マイスイートハート。
運命の君。
そう、

Poi

愛してやまない、ポイフル。
君がいなければ、生きていけない。
たまに黄色いスイートハート本当に入ってます。

禁ポイフルをしてもう約三ヶ月。
今日我慢できずに買って来ました。
でもまだ食べないの。飾っておいて毎日拝むの。

私、このお仕事が終わったらポイフル食べるんだ…….。.:*・゚゚・(´ー`).。*・゚゚・*:.。.
そう呟きながら今日もこつこつランです。
フラグなんて気にしません。

そんな今日はプチ身内打ち合わせを近所のコーヒーショップで。
何だかやたらべらべら喋ってしまい、
某スタッフさまをお引き留めしてしまいました。
考えて見ればレジのお兄さんやお姉さんに
(そして宅配して下さるお兄さんに)
「はい」とか「どうも〜」って言う他は
多分一週間以上人と喋っていなかったような気がする。
「ああ、私人と喋りたかったんだな……」
そう思いました。
Mさん、無駄話でお引き留めしちゃってごめんなさい。

そんな日々でございます。
もうちょっと頻繁にブログを更新しようと思いつつ、
毎回近所のスーパーで、とかコンビニで、とか
そんな話題でも気が引けますし、
早い話ネタが無い。
という訳で、相当どうでもいい更新ですみません。

このお仕事が終わったら、
遊びに行ったとかお買い物したとか映画見たとか
旅行行ったとか飲みに行ったとか飲みに行ったとか飲みに行ったとか
アクティブな話題で日々のブログを埋め尽くしてみせようじゃありませんか。

そんなフラグ立てまくりの今日のブログでございました。

Comments (6)

2013年8月16日(金) 8月

夏の暑さも少し投げやりな風情になってきて、
夕方ともなれば強制的におセンチ(死語?)な気分になる今日この頃。
妙に中学校時代の事を集中的に思い出したりも致します。

中学生の頃の自分に親近感を感じることはもうあまり出来ませんが、
基本的にいい子で過ごしていた気はするんだけど、
自分の好きなものには徹底的に入れあげて他のものは認めようとしない、
痛さ満載の、まあかなり偏狭な、視野の狭い、中学生だったなあと。
そしてちょっと攻撃的なものや痛々しいものに憧れて
そんな本や映画を選んで読んだり見たり、
まあ、自分はちょっと他の子とは違うのよと思っている、
結構よくいるタイプのありふれた中学生だったような気もします。
まあ言ってしまえば中学生にしても相当子供っぽい中学生だったなと(^_^:)。

友達はそんなに多くなかったけど大切な友達は何人かいて、
他からは「まああの子達はちょっと変わってるよね」
的に比較的優しく放っておいて貰えた、
いい中学生時代だったと思うんだ。

この時期になると特集される様々なTV番組などを見て、
必ず考える事があるんですよ。

もし私が中学生の日々を「あの時代」に送っていたら。
どんな家庭に生まれるかによっても違ったとは思うんだけど、
結構エキセントリックな「軍国少女」になっていたんじゃないかって。

いい子でいたかったから、学校で教えられる事をそのまま信じ、
臆病と思われたくなかったから、お国のために死ぬことを尊び、
正義とか神とかそんな言葉に酔い、友人より率先して攻撃的に叫ぶ自分に酔い、
「正義」に従わない「悪い人たち」を傷つける事を何とも思わないような、
下手をしたら「非国民」と叫び石を投げるような事だってしたかもしれない。
そんな中学生になっていたかもしれないなって。
解らないけどね。あくまで「もし」「かも」の話ですから。
でも、当時は多分自分の事をそんなに馬鹿とは思っていなかったと思うけど(^_^:)、
思っていない分手に負えないバカだったからねえ。

これだけ歳を食ってもあまり自分がおりこうになった気はしませんが、
それにしても、自分の痛々しい中学生時代を思い出すたびに、
本当に幸せだったなって思うんですよ。
ちょっと思い上がった子供っぽいバカだったかもしれないけれど、
それがただの「子供っぽいバカ」で済んだ幸福。
狭すぎた視野も、今となってはあの、
超鋭角的な時代があって良かったかもな、と思える幸福。
「ちょっと変わっているよね」って放置してくれる優しい人たちに恵まれて、
「あの時代」じゃない「この時代」に、中学生時代を送れたことは、私にとってなんて幸福だったんだろうって。

……だからこうしたい、はまた私個人の別の話だし、
だからどうしようよ!と言いたいわけでもないんだ。
だからこの記事はここまでなのです。

ただね、「あの時代」に限らない、
最近の色々なニュースを見ていても思う事だけれど。
おバカな子供がおバカな子供のままでいられて、
大人になって、あははバカだったなてへぺろ!
って思える。
そんな世界は私たちが思っている以上に貴重なものなのかもしれないよね。

Comments (5)

2013年8月12日(月) 初恋

twitterでこんな事を呟いていたんですが。

>Paul McCartneyは私の音楽的な意味での初恋だなあ。

>歌詞にハマって激読みしたのもBeatlesが初めだったし、
>歌詞のありようと言うか……
>そんな所もかなり影響受けているんだろうなと思います。

>他にハマったアーティストは多々あれ、Beatlesほど溺れた(笑)アーティストは
>他にいないなあ。歌詞約 200曲、2年かけて覚えたしw。そういう意味で私の中で
>別格なんですわ。当時まだ小学生だし、チャート追いかけるような知恵もない
>頃だったってのもある と思うけれど。

つぶやき足りなかったのでこちらでも書いてみる(笑)。

以前どこかで何かの際に言った気もするんですが、
「nowhere」という言葉にはBeatlesの歌詞で出会ったんですが、
この言葉に合った時に衝撃を受けたんだよね。

当時小学3〜4年生くらいだったのかなあ、まだ英語なんて欠片も習っていないころで、兄が買った「Beatles全訳詞集」という英語歌詞と対訳が載っている文庫本があって、それと辞書を使いながら何となく歌詞を追いかけ始めていたんですけれど、
Beatlesに「nowhere man」という名曲がありましてね。
まあそれがいい歌詞なんだけれど、それ以上に
「nowhere」という単語の存在が当時の私には衝撃だった。
どこにもない、という意味の単語があるなんて……。

それはこういう事でもあったと思う。
「nowhere man」→どこにもいない男
あれ、違う、何かがちょっと違う……。
辞書を調べれば同じ意味の筈なのに、何かが自分の中でしっくり来ない。
そうか、nowhere=どこにもない、ではないんだ、
nowhere≒どこにもない、なんだな。
「訳」というのはあくまで「解りやすい言葉に置き換えたもの」であって、
loveはloveであり愛ではない。愛は愛でありloveではない。
一つの言語の単語というのは、おそらくその民族の歴史をも含めて、
それだけ深い意味を持っているものなんだ。
言葉ってすごい。
当たり前の事なんだろうけれど、幼い私にとってそれは「発見」でした。
何だかもう無性に、感動した訳なんですよ。
英語は勿論、日本語の単語一言一言が、いっそう愛しく感じられるようになった。
そして、「nowhere」という意味あいの言葉が
一つの単語として存在する英語って一体……。

それから俄然Beatlesの歌詞に興味が滾りまして、
一曲一曲をカードに書き写して、通学のバスの中や休み時間や寝る前や、
何かにとりつかれたように片っ端から覚えた(笑)。そんな小学生時代でした。

英語は全く分からなかったけれど、当時ドイツにいたのでドイツ語は多少喋れたし、
アルファベットには慣れていたのはまだ幸いでした。あとは音源を聞きながら
「えっkindってこういう発音なのか!」(ドイツ語にも同じスペルの単語があるけれど意味も発音も全く違う)なんて驚いたりしながら。何だか懐かしい(笑)。

そう、私の歌詞にたびたび出てくる「nowhere」という言葉は、
完全にこの時の衝撃の影響を受けている訳です(^_^:)。

Beatlesに夢中になるまえにハマっていたオペラや歌曲を別として、
「ポップスの歌詞」なるものに始めて触れたのはBeatlesだったし、
その後2年ほどはこの人たちの歌詞ばかり追いかけていたので、
「歌詞ってこんなもの」的な意味での影響も随分受けていると思います。
ご存じの方も多いでしょうが、beatlesの歌詞ってかなり幅が広いんですよ。
主に初期の「彼女最高!」的なものから、中〜後期の幻想的なものとか。
そしてふいに、本当にシンプルな愛の歌に立ち返ったりもする。
色々な意味での「若さ」も存分に溢れている。
歌詞って何でもアリ、的な意味での影響は随分受けたと思う。
そして、行間に想像力の余地を残す事の意味合いも教えて貰った気がする。

Beatles、Wings時代のPaulのメロディーには、
今でも私のメロディーの理想だなあと思える曲が何曲もあります。
シンプルにして端的、つい口ずさみたくなるリアルポップス。
ある意味歌謡曲的ロック。明るいのに哀愁があり聞き飽きるという事が無い
無駄な作為や小技を感じさせない、メロディーofメロディー。
そしてソングライターならでは、
歌を聴かせるけれど押しつけない、メロディーを奏でる、
彼の歌は本当に、「上手い歌」とはこういうものだと思う。
……勿論、幼い頃に感じた「感動」が色々底上げしている部分もある。
でも構わないんです、音楽ってそういうもの(笑)。
問題は、いつ聞いてもいいな、素晴らしいな、と思える音楽が
胸沸き血がたぎり幸せになっちゃう音楽が
自分の中に存在してくれているという有り難さ。
出会えたタイミング、色々なものを含めて永遠に愛してる。
そんな忘れがたき初恋の話でした!

Comments (4)

2013年8月6日(火) 生まれた日

本日、8月6日、誕生日を迎えました。
メールフォーム、ツイッターなどでお誕生日メッセージを下さった皆様、
本当にありがとうございます。

本当に幾つになっても、自分が生まれてきた事を祝福して頂けるのは
ただただ嬉しいばかりです。
おめでとう、って、素敵な言葉ですよね。
言うのも言って頂くのも大好きです。(^^ゞエヘ

知人に言われて始めて気づいたんですが、
私のはちろく(6/8拍子)好きは生まれたその日に運命づけられていたんですね!
なーんだ、だったらはちろくばっかり作っても仕方ないよね〜。
だってサダメだもんね〜。
これからも沢山作ろう( v ̄▽ ̄) 。

色々バタバタしている日々ですが、
誕生日にこれから作る曲がまだまだたくさんある、というのが
何より一番嬉しいプレゼントかもしれないなあ、と思っています。
あの曲もこの曲も、お仕事ですから時間に制限のある中で
作って行くのは勿論なんですけれど、
なるべく一曲一曲とちゃんと向かい合って
真摯な気持ちでやって行きたいな。
そんな誕生日の抱負でした。毎年同じなんですけれどね!

暖かいお言葉を下さった皆様、
本当に心からの感謝を。
皆様にちゃんと音楽でお返しが出来る一年となりますように。

事務所に打ち合わせで行ったら、ケーキでお祝いして頂きました。
ヾ(〃^∇^)ノありがとうございます!

Cake

Comments (7)

2013年8月4日(日) Kalafina、Consolationツアー千秋楽

Kalafina、「Consolation」ツアー、本日千秋楽でした。
全15本、二ヶ月に渡るライブ。
ご参加下さった皆様、本当にありがとうございました!
そして毎回素晴らしい演奏で支えてくれたバンドメンバーの皆さん。
音色明かり、衣装メイク構成進行、あらゆる場面を支えて下さったスタッフの皆さん。
本当にお疲れ様でした、そしてありがとうございました。

私は東京での公演、博多公演しか見られなかった
ごめんなさいプロデューサーではあるのですが、
あまり多くの事を語る必要をもう感じていないのでございます。

もしね、Kalafinaに興味がおありで、
まだライブ見た事無いなあという方がいらしたら
もし宜しければ、次の機会、是非ご覧になってみて下さい。

あのステージはね、
わざわざ足をお運び頂く価値のあるものだと思うのです。
身内の贔屓目、の部分はお許し頂くとして。
勿論、まだ全てが完璧という訳ではない、改良の余地だって多々残っております。
でもそれを差し引いても、
歌、演奏、音照明美術衣装、全てをひっくるめて
一つの「音楽」をお届けするエンターテインメントのステージとして
Kalafinaライブ、純粋に、きっと楽しんで頂けると思うんです。
ちょっと自信を持って、プロデューサーとしてそう言えちゃいます。
そう思える域に、もう来ているな、
と思えた今回のツアーでした。

三人の歌い手さんの進化も、正直プロデューサーの私の目から見ても
ここ数年本当に驚くほどのものがございましたし、
そしてブレの無い素晴らしい演奏、スタッフさん達が協力して作り上げてくれる
ステージの全体感そのもの、色々な方にご協力頂いて、
ここまで何度も色々なステージを積み重ねて来る事が出来たから、
今だからこそ出来る、確固たるものを味わって頂けると思うのです。

でもきっと私がいくら褒めても、
あの三人の歌い手さん達は、以前ほど嬉しそうな顔はしないんですよ(笑)。
ちょっと複雑そうな顔をして「ありがとうございます」って言うの。
それは彼女たちが、もう他人に褒めて貰うだけでは満足できない、
自分の理想を追いかけ始めてしまったから。
それは決して届かない遠い道でもあり、
何かを追い求めるヒトとしてあるべき姿でもあるように思えます。
なので私からはもう殆ど言うことが無いのであります。

そんな役立たずの(?)プロデューサーがライブの場で出来る事はと言えば、
もう差し入れを持って行くことくらいですw。

Maca3

特注で作って頂いたKalafinaマカロン♪
Consolation仕様です。
4セット作って頂いてスタッフ皆様にも差し入れを。
本当に綺麗に作って頂いて、むっちゃ可愛かったですヾ(〃^∇^)ノ。

Kalafinaのみんな、本当にお疲れ様でした。
そしてバンドメンバーの皆様もスタッフの皆様も、
素敵なステージを、本当にありがとうございました!
そして、ライブを「ライブ」にしてくれるのは、
何と言っても客席にいらした貴方です。
本当にありがとうございました!お楽しみ頂けました事を祈っております!
そして宜しければ是非また、いらして下さいね。♪ゝ(▽`*ゝ)

Comments (15)

2013年7月21日(日) そんなドラマ

とあるスーパーにて
三つか四つくらいのお嬢さんが、
冷蔵棚の紙パックジュースをガン見なさっておられる。
やがて小さく
「さくらんぼ……」と呟くと、そっと手を伸ばしてジュースを取り、
側にいらした若いお母さんのカゴの中に黙って入れた。
お母さんは
「ダーメ!」とおっしゃってジュースを棚に戻す。
お嬢さん、再び暫しガン見の後、
やがてまだ黙ってジュースをカゴに入れ、
ひたむきすぎる瞳でお母さんをじーっと見上げる。
「ダメだったらダメ……だいたい野菜ジュース飲めないでしょ……」
しかし再びジュースを棚に戻しその場を立ち去るお母さん。
立ち去りがたくその場に佇み、
ジュースと見つめ合うお嬢さん。
やがて三たびジュースを手に取り、
歩いて行くお母さんの背後から近付き、
お母さんが脇を見ている隙にそっとカゴの中に配置。
気づいた様子の無いお母さん。
そのまま去って行く二人。

お嬢さんがカゴに滑り込ませたのはこのジュース。

Sakuranbo

「野菜ジュースが飲めない」らしいお嬢さん、
想像するに、「さくらんぼ」という文字しか読めない
もしくはイラストしか目に入っていなかったのじゃあるまいか。
果たして予想されるレジ前の攻防に勝利して、
彼女はさくらんぼミックスを手にする事が出来たのか。
そしていざ手に入れたそのさくらんぼが
実は野菜ジュースだったという衝撃の事実を
彼女は無事乗り越える事が出来るのか。
もしくはこの事件をきっかけに、野菜ジュース克服への道を
記念すべき今日という日に、
あの小さな少女は歩き出す事になるのだろうか。

今日の選挙の結果も勿論気になるけど
続きを知りように無い
このドラマの続きもかなり気になる私なのでした。

Comments (4)

2013年7月13日(土) 俯瞰風景 3D

空の境界、俯瞰風景3D・前夜祭、テアトル新宿で見てきました。
20130712_210409_2

うっなぜだか写真が横向きに……だが気にしない。

アニメの3Dってどんな風になるんだろうと思っていたんですが、
飛び出して来るというより奥行きがリアルに感じられて、「向こう側の世界」をスクリーンサイズの窓からのぞき込んでいるような感覚。窓の向こう側には、奥にも左右にも上下にも、この世界が普通に続いているんだろうな……とナチュラルに思えてしまう感じ。新鮮で実に面白かったです。正直2Dで見るのとここまで感覚が違うとは思っていませんでした。橙子さんの3Dのお部屋も素敵だったなあ。行ってみたい。
席の関係もあるかもしれませんね。私は最後列から拝見していましたから。

そして怖いシーンの怖さは三倍増しに……特に高い所が。(((( ;゚Д゚)))
高い所苦手なので、ビル上シーンはもう……2Dの時は平気だったのに〜。

五年数ヶ月ぶりに(もうそんなに経っていたのか……汗)劇場で見た「俯瞰風景」はやはり普通に一視聴者としてとても楽しめました。音楽も、ああこんな風に作ったな、と懐かしかった。深みのある凝りに凝った映像に素敵に酔いました。改めて、この作品に関わらせて頂けた事への幸せを感じながら。

そして、前夜祭にて告知がありましたが、
今秋公開になる、劇場版アニメーション「空の境界・未来福音」の歌を、Kalafinaが歌わせて頂いております。
「未来福音」の初期の映像を、頭の中でBGMのプランニングしながらじーっと見ていたら、ラストシーンの後にどすんと降ってきた曲です(笑)。

ラストシーンの台詞を聞いていたら、歌詞の一行目がぽっと出てきて、「ああこの言葉で歌は始めたいな」と思っていたら、頭の中でKeikoちゃんがいきなり歌い始めちゃって、これはやばいと慌てて五線紙を出して(^_^:)、流れる曲を追いかけてがーっと譜面を書いて行ったら出来ました。歌詞も半分はその時のままだなあ。Kalafina史上最速で出来たメロディーなのは間違いない。

なのでとてもシンプルな曲ですが、自分の中ではとてもしっくり行っております。
皆様にも、「未来福音」の歌としてお楽しみ頂けたら、と願うばかりです!

……と、何事も無かったかのように再開してみるブログ。
何年ぶりとかもう考えない。気にしたら負けよ。
本当はKaji Fesの後にも、ブログ書こうと色々文章認めてみたのですが、なんだか書きたい事が多すぎて逆にまとまらなかったのでございます。
これから、ブログもぼちぼち復活させてゆこうと思っております(^_^:)。
ではでは!

Comments (5)