2005 | FictionJunction

BLOG


2005年12月31日(土) 本年もお世話になりました

昨年のクリスマスは都内某ホテルで過ごしました。
今年のクリスマスは某リゾート系ホテルで迎えました。

何だかとってもゴージャスゥ♪な感じですが、とどのつまりは曲書く為の缶詰ですから! 残念!
文字通り朝から晩までMacに向かい、ふらふらになってロビーに降りてみれば何だかあっち向いてもこっち向いてもカップルさんだらけで邪魔っ!(やっかみ大爆発)クリスマスケーキもシャンパンも二年連続ぶっちしてしまい、自宅に帰ってきてみれば、本年最後の燃えないゴミの収集日を逃してしまった事に気付いてちょっとブルーな年末ではございます。
2006年の新年はゴミと共におめでとう。

などと言っている間に本日はもう大晦日な訳ですよ。いやー本当に時の経つのは早いですね……と毎年この日になると同じように感じているのですが、そんな年の瀬も押し詰まった昨今、皆様如何お過ごしでしょうか。

梶浦は相変わらず今年も大掃除無し、年賀状無しのケジメもへったくれも無い年越しです。日頃お世話になっております皆様、礼儀知らずで本当に申し訳ございません……。

そんな本日、大あわてで実家に一泊だけ帰るので、ちょっと早いですがご挨拶代わりのブログでございます。

2005、梶浦の音楽を聴いて下さった皆様、暖かいメッセージをお寄せ下さった皆様、本当にありがとうございました。コメントを頂いたり、掲示板に頂く書き込みを拝読する度、自分の作るモノを人様にお届けできるというのは本当に幸せな事だと、ひしひしと喜びを噛みしめております。

来年への抱負はいつも同じです。楽しく音楽が出来ますように。
楽しく音楽が出来るように、その為の努力を惜しまず日々を過ごせますように。
努力する為のエネルギーをちゃんと蓄える事が出来る自分でありますように。

と言いつつ今日は実家帰ってぐーたらモードな辺り説得力がございませんが、とりあえず皆様、本年は本当にありがとうございました。来年も、宜しければまたFictionJunction.comに遊びにいらして下さいね。
どうぞ良い年をお迎え下さい!

Comments (7)

2005年12月12日(月) 福岡打ち上げ記

そんな訳で飲みに突入する訳ですよ。
今夜はとりあえず飲むぞと言う会な訳ですから、
女子部?は準備万端整えます。
drink1

「二日酔いしないよ!」ドリンクです(笑)。
男らしく一気に煽ります。

drink2

一次会はお魚!焼酎!日本酒!
YUUKAちゃん、スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした!
nomi1

お料理の写真は案外撮っていませんでしたが……。
色々本当に美味しかったですが、迫力のイカ。
まだうねうね動いていらっしゃいました。
ika

その他にも河豚とかヒラメとかも舞い踊っちゃう訳ですよ。お鍋も美味しかったし、揚げたての薩摩揚げとか中に明太子がどーんと入った卵焼きなどもとても美味でございました。

焼酎は普段あまり飲まないのですが、色々味見させて頂いて好きなお酒も見付けました。今度東京でも捜してみようかな。

二次会は某屋台へ参りましてラーメンを始め、色々なおつまみを頂いた訳ですが、梶浦正直ラーメン食べたの覚えておりません(食べていたという証言はありますので食べていたのでしょう)。その後三次会まで雪崩れ込み、結局朝まで飲みつつ説教オヤジ化していた私。皆様迷惑おかけ致しました!でも楽しかったよね!……ね?

翌日は、とりあえず朝風呂に入りつつホテルの冷蔵庫のお茶や水を四本ほど一気致し、(つまりドリンクの効果及ばずいささか二日酔い気味だった訳ですが)お昼には、プチ二日酔いに負けてたまるかと美味しい和定食も頂き。
ohiru

その後明太子などもしっかり買い込み、夕食用に買って帰った河豚で帰宅後に知人と河豚ちりです。普段は玄米な我が家ですがこの日ばかりは白米です。だって白いご飯の方が明太子と合うんですもの。

そんな訳で美味し楽しかった(若干頭も痛かった)福岡紀行でございました。
お世話になった皆様ありがとうございました!
今度は説教しないからまた飲もうね!

Comments (7)

2005年12月11日(日) 福岡へ行って参りました

皆様今晩は。
福岡で思いっきり酒に飲まれて帰って来た梶浦です。
それも「説教オヤジ化」という、歴代最悪な飲まれ加減だったらしいですよ!
ホテル帰ってもベッドに辿り着く寸前で息絶えて、床で寝ていた程でしたので本人全く記憶飛んじゃってるんですが!
うえええん!
つまりどちらかと言えばお前が一晩説教されておけ、と言う迷惑きわまりない福岡紀行だったらしいのですがとても(少なくとも本人は)楽しゅうございました。

そんなFictionJunction YUUKA福岡イベント。
いらして下さった皆様、ありがとうございました!

FJ YUUKAアルバム発売イベントは、YUUKAちゃんにかなり活躍して頂いて梶浦はおまかせっきりだったりもしたんですが、最終地でもあり、今回は土壇場になってあたふたと参加させて頂きました。屋外でのイベントで、見て下さっている皆様、寒かったんじゃないかなあと少し不安ではあったのですが、ステージの後ろに噴水があったりして、その噴水の吹き上げるタイミングを狙って曲を演奏したりもして、プチ演出? も含め、お楽しみ頂けたのだったらいいなあと思っております。

イベント後には上記のような打ち上げがあった訳ですが、スタッフの皆様が色々写真撮って下さったので、それを頂いたらアップしてみます。多分。

そういえば、FictionJunction YUUKAの「nowhere」という曲があるのですが、この曲のコーラス部分は「ヤンマーイと言っていると書いてあったんですが本当ですか?」というお問い合わせを山ほど頂いたんですが、一体何処にそんな事が?
とりあえず何と言っているかはご想像にお任せ致したく思っているのですが、「ヤンマーイ」で無い事だけは保証します。

そんな今日の日記でした。

Comments (12)

2005年11月30日(水) 冬の保存食作りPart2

で、今日は柚子の日ですよ奥さん。
蕪はとりあえず放置です。

作ったもの。
・柚子茶
  (柚子をハチミツとお砂糖で漬け込みました)
・黄柚子胡椒
  (夏から半年かけて青唐辛子を麹と漬けてあったのだ!
   柚子の皮を刻んで足して、あと一週間ほど発酵させて出来上がり。)
・柚べし
  (一月干したら出来上がる……はず。
   でもうち天日干し出来ないからなあ。失敗したら泣く。)
・柚子味噌
  (お味噌と煮込んで)
・柚子じゅうすの元
  (あまりがちな果肉を絞って甘味加えただけ)
・柚子焼酎?
  (残った種を一月ほど焼酎に漬けます。食べ物ではなく手に付ける化粧品)

ぐったり疲れてしまったので箇条書きレシピにて終わりの手抜き日記です。
でもまだちょっと柚子が余っている。何にしようかな?
またお酒にしてみようかしら。
絞ってポン酢にしちゃおうかしら。

とりあえず今日は絞りかすの柚子でゆったり柚子風呂入って寝ます!
柚子を刻みまくった一日でした。
ああ充実感!

Comments (8)

2005年11月29日(火) 蕪です

毎週お肉や野菜は某所から配達して貰っています。
先週のパンフレットでお野菜を選んでいた時にね、
「漬け物などに使う大きめの蕪です。一つでのお届けです」
とあったんですよ(確か)。

大きめの蕪、おまけに一つで買えるっていいなあ。
蕪のシチューとか美味しそう♪ 
とか思って気楽に注文したんですよ。
来ました。

kabu

おおおおおお!
シチューにしようにもこれ、うちの一番でかい鍋よりも大きいんですが!
聖護院かぶらってこれ、千枚漬けにするあれか!
いや、急いでいたのもあって、
パンフきちんと見ないで注文したこちらも悪いですが! 
そりゃパンフレットに写真付いてましたけど、それ単体の写真だと案外大きさとか分からないものなのでございましてね。このサイズで「大きめ」という書き方はどうなのか。「スーパー超あんびりばぼーサイズ」とか書いて欲しかったとつくづく思います。いやーそれにしても聖護院かぶらってここまで大きなものなのですね。カボチャ、キャベツを越える蕪。実物を初めてみたので、ある意味勉強にはなりましたけれども。

一応「かぶと昆布の一夜漬け」というレシピも付いていたんですが、
材料:聖護院かぶら一玉
これ一玉一夜漬けにしたら、とりあえず売るほど出来るのは間違いない。
そんな訳で今週は死ぬ気で蕪食べます。
とりあえずポタージュとか?
蕪の量かせげるレシピ募集中です。

Comments (7)

2005年11月28日(月) 美味しい一日

一日ぐーぐー寝て朝を迎えたら、十日以上も粘着されたしつこい熱があっさり下がっておりました。いやー休息は大事だなと思い知った次第ですが、そんな訳で本日は梶浦は働きましたよ。年に数回の「保存食まとめて作ろう」デーです。

まずはクリスマス前に作り置きしたかった生姜の砂糖漬け。
生姜を繊維に沿って薄切りにして(普通皮を剥きますが私は皮付いたままやっちゃいます)、暫く水にさらし、鍋に水+生姜を入れ火にかけ、沸騰したら再び水を変え、これ2〜3度繰り返して辛みを抜きます。
水を切り、生姜の重量の100〜70%くらいのお砂糖で煮ます。我が家はだいたい80%位。焦がさないように注意して。水気が無くなった所で、一枚一枚にグラニュー糖をまぶし、紙の上に広げて干します。乾いたら出来上がり。

乾くのが待ちきれずに味見。美味しいーー。
お料理やお菓子の材料としてもとても優秀ですが、紅茶を飲みながらちみちみかじるのも何とも言えません。私は焼酎は飲まないのですが、焼酎の中に一片ぽとりと落として飲んでも美味しいんですって。
一度作れば一年は余裕で保存出来るのも嬉しい所です。
今年のクリスマスはこれを使って、ジンジャークッキーとかケーキとか焼ける余裕があればいいな。いいないいな。
お鍋の肌に残ったお砂糖も捨ててはいけません! ごりごりとこそげ落として保存。ごっつおいしいジンジャーシュガーの出来上がりです。

それから金柑。
まず1kgほどを甘煮に致しました。
破裂防止に切り込みを入れて、お米のとぎ汁で数分煮て、その後暫く水にさらしてアク抜き、800mlほどの水と600gほどの甘味(うちはてんさい糖+ハチミツ。普通に砂糖だけでも)でことこと煮ます。20分くらい?
最後にレモンを絞って入れて、これは冷蔵庫で保存します。煮汁も保存して、お湯で薄めて金柑湯にして頂きます。これまた美味しいー。(自画自賛大会)

残りの金柑を果実酒にしました。
安いコニャックで漬けてみた。金柑丸ごと適当に入れてだーっとお酒を注いでハチミツ適当に入れて出来上がり……はまだ先ですが。数ヶ月後が楽しみです。

それからベーコン。
正確にはベーコンと言うよりも、パンチエッタと呼ばれる、加熱して食べるための生ハム……と言ったものらしいのですが、全くベーコンと同じようにして使っています。一度作ってあまりの美味しさに唸ってから、家で使うベーコンは全て手作りでまかなうようになっちゃいました。10日ほど熟成させねば食べられませんが、薫製の手間が無いので超簡単。
このパンチエッタを使って、スープ、ベーコンエッグ、普通に野菜と炒めるだけでも、ごく普通の手抜き料理がごちそうに化けてしまう美味しさ。もーとにかくお勧めなんですが、本からそのままのレシピなのでちょっとここに書くのは気が引けまして、参考にした本を紹介しておきます。

保存食の本は何冊となく持っていますが、この本は中でも一番のお気に入り。梶浦の愛読書とも言えるかも?(笑) かなり色々な物を作りました。どれもとても美味しいです。

久しぶりに晩ご飯もちゃんと作りました。残った金柑を大根と鶏肉で煮物にしてみた。美味しいーーー。(自画自賛しながら食べる)

さて、もう暫くしたら柚子が届くんですよ。それも3kgも(笑)。冬の保存食作りはきっとその日がピーク。色々作りたいものがあるのでわくわく待っています。柚子奮闘記もきっとそのうちまた書きます(笑)。

保存食作りに奮闘した上に、洗濯機三回回し+お掃除と奮闘した一日。疲れて日記書きかけで寝落ちしてしまった為、ズルして翌日の更新だったりしますが。ともかくそんな嬉し楽し美味しい一日でございました。

Comments (5)

2005年11月27日(日) 禁断の食物

この季節になると食べたくて食べたくて、
でも絶対に食べることの出来ない禁断の食物。
それは牡蠣。
十年ほど前までは何と言うこともなく食べていたんですよ。大好物でね。
子供の頃は家族でドイツに住んでおりましたのでね、おフランスは牡蠣の名産地まで参りまして、舌がとろけるほど美味しい牡蠣を食べまくったりもいたしましてよ。
そう、そんな黄金期が私にもあったのでございます。遥かなる想い出の日々よ。
始めに牡蠣にビンゴしたのは確か仕事で東北某県へ行った時。連れて行って頂いたお店で美味しい魚、秘蔵の日本酒、美味なる生牡蠣を堪能し尽くして至極素敵な夜だったのですが、ホテルへ帰ってから大変な事に。結局一睡も出来ずトイレと仲良く夜明かし。もう胃液も出ないよー(すみません……)という最悪な状態で朝を迎えた記憶がございます。
それ以来ダメなんです。生牡蠣には必ずと言っていいほどビンゴ。体調の悪い時には加熱した牡蠣でさえダメだったりするので、普段は怖くてとても口には出来ません。この後数日仕事が何もない、もうワタクシ、どうなってもようございます! という決死の覚悟がないと無理。しかしそんな死にそうな気分で物を食べて美味しく味わえる筈もなく、結局ここ数年牡蠣は一度も口にしておりません。
某NYCでオイスターバーへ行った時も、産地色々おすすめ牡蠣の盛り合わせを上手そうに頬張るスタッフの脇でさみしく蟹食べてました。蟹だって美味しかったけどさーふーんだ。
ああ生牡蠣。レモンをたらしてつるっと。
ああ土手鍋。味噌の香りも香ばしく。
この時期、お買い物に出て食品売り場に陳列されている牡蠣の横を通る度に、うらめしやーと呪いをかけています。梶浦の呪い付き牡蠣にはどうぞご留意下さい。貴方もビンゴする恐れがありますよ。
次に生まれ替わるとしたら、牡蠣の食べられる身体にして下さい。神様お願い。
この季節になると食べたくて食べたくて絶対食べるもの。
アンコウ鍋。
今年はまだ食べていませんが。
アンコウのアレルギーというのはあまり聞いたことがありませんが、どうか一生アンコウは食べられる身体でいられますように。
ちなみに鍋と言えば豆乳鍋も大好きです。今週は家で三回豆乳鍋やりました。食べたいものがあると暫くそればかり食べ続ける粘着気質なもので、きっと来週も何度か食べるでしょう。美味しいですよね。

Comments (10)

2005年11月26日(土) お台場イベント

今晩は、梶浦由記です。
本日は、お台場の方でFictionJunction YUUKAイベントをさせて頂きました。ご来場下さった皆様、ありがとうございました! 

音楽はこつこつスタジオで作っているのも楽しいですが、直接目の前にいらっしゃる皆様に、その場でFictionJunction YUUKAの音をお届け出来る、という楽しさはまた違った意味で、本当に、格別です。この「場」を与えて下さった、何よりも参加者の皆様、そしてスタッフの皆様にも改めて心からの感謝を!

そんな有り難い場に向かうのに、梶浦は相変わらずずるずると熱が引かず、昨日慌ててお医者様に参りました。何と申しますか「お医者様」にかかるのが結構久しぶりで、レントゲンとかCTスキャンとかそんな事になったらどうしよう! 肺に影とかあったら! 鳥インフルエンザとかだったら! 即入院とかだったら!(……)と道々怯えながら参ったのですが、何と言うことはなく、一分足らずの診察の後、「風邪ですね」と断言され、お薬貰って帰って参りました。

ちょっと咳も酷かったので、咳止めを頂いたのはいいのですが、薬局の薬剤師さんがおっしゃるに「この薬はたまに意識が朦朧とする事もありますからご注意下さいね。」いや、それ違わないですかお姉さん……「ぼーっとする」位の事をおっしゃりたかったんじゃないかと思うんですが、意識朦朧としちゃうのはお薬としてもどうなんでしょうか!?  

本日、イベントも近くなり、「ゴホゴホと咳をする梶浦」と、「意識が朦朧な梶浦」との究極の選択で私は悩みました。結局びくびくしながら咳止めを飲んだのですが、別に昏倒する事もなく無事ステージを終えられて今はほっとしております……。すみませんこんな体調で臨んでしまって。

今回はイベントという事で曲数も少なめではあったのですが、やっぱりやりたいなライブ。がっつんバンド入れてツインギターとかで。当然弦だって入れちゃって、コーラスのお姉さんにダンシングして貰って、ライブどんとやりたいな! (あくまで理想は高くね。)とやる気だけは燃え燃えで帰って参りましたよ。(発熱のせい?) まあとりあえず、まず風邪を治そうよ……。寝ます。

そんな訳で。
そう言えば今日のネタでもお話したんですが、
11/23、梶浦はカリン酒を漬けました。
偶然カリンが届いたのが11/23だったからなのですが、
この酒に「Destination」と名付けてみました。
飲めるのは数ヶ月後だったりしますが、
美味しく出来るといいなと思っております。
美味しく出来たらとりあえずYUUKAさんと祝杯ですね。カリンだから喉にもいいしね!

Comments (36)

2005年11月23日(水) Destination

今日は、梶浦由記です。
昨日も昨日とてスタジオへ向かうタクシーの中で。
ふと気付くとジャージ着ていた自分がいました。
上半身は一応お出かけ着、メイクなどもしつつ最近買ったばかりのコート(お気に入り♪)を着込んでいたりする訳なんですが、下半身ジャージ。さっきまで着てた部屋着。寝間着。膝にプチ穴あり。
いくら熱でフラフラしていたとは言え、こんな着替え忘れって一体どうなのか。さすがの私も速攻戻って着替えましたよ。「す、すみません、戻って下さい!」とタクシー振り出しに戻る状態で。ああ、それにしても到着前に気付いて本当に良かった。

そんな風に日々を乗り越えつつ、今日はFictionJunction YUUKAのアルバム、Destinaionの発売日だったり致します。聞いて下さった皆様、また、もうメールや掲示板でご感想をお寄せ下さった皆様、ありがとうございました! 

アルバムを作っていた頃は「発売はまだまだ先だなあ」などと思っていたのですが、経ってみるとあっという間でした。最近の私はサウンドトラックのお仕事をさせて頂く事が多く、それはそれでどの作品も嬉し楽しく取り組んでいた訳なんですけれども、このアルバム制作に入った頃、改めて、
「ああ、『注文』の無い音楽作るの、そう言えば久しぶりなんだ……」
と思った。

「メニュー」の存在する、サウンドトラックのような音楽は、先行する作品イメージがあるが故にそこから新たなインスピレーションを貰える事もあり、自分一人では決してしないであろうチャレンジを余儀なくされる事もあり、要はそういったイメージのぶつけ合い、コラボ的な作り方はとても好きで、あまりフラストレーションを感じた事はなかったのですけれども。

でも久しぶりに何もない、ヒントもなければ縛りも無い、そんな中から音楽を作ってみると、ああ、自分はこんな事やりたかったんだな、とか、こんなのも好きだったんだな、とか、忘れている事さえ忘れていた自分の嗜好の変化や気持ちを思い出したり、何と申しますか本当に新鮮で、本当に楽しかった。「Destination」はどんなアルバムですか? と聞かれてまず思いつく答えは、「作るのが楽しかったアルバムです」でしょうか。溜まっていたのに気付かなかった『音楽』へのストレスを、自覚する前に結局音楽で解消しました、とでも言うような。
唯一の心残りは、もっと曲作りたかったなあ、という事かな(笑)。

普段、音楽を作るとその「出来」を後から振り返って、果てしなく落ち込んだり、たまにはちょっとした自己満足を感じたり、要は自己評価をするタイミングが時期を置いて何度かあるんですが、このアルバムについては全くそんな気持ちにならず、「楽しかったなあ」で完結してしまっています。善し悪しは別として、たまにはそういうのもいいかな、と思ってもいます。

そんなアルバム、「Destinaion」。
後は皆様に楽しんで頂ける事を祈るのみです。

あ、それから本サイトFictionJunction.comの方に、Destinationのライナーノートをアップしてみました。本当はもっと早く特設ページを作ろうと思っていたんですが! でも時間が無くて!(時間は作るものですよ梶浦さん) 結局ギリギリで、それも全曲揃っていない状態でとりあえず発売日だしアップだー! という強引な更新ではあるのですが、そこはネットの良い(?)所。これからぐずぐず少しずつ書き足したり書き直したりもして行く予定ではございます。YUUKAちゃんにも一曲ずつコメント貰って行ければと思っているので、宜しければたまにご覧になってみて下さいませ。

さて、本日はこれからFM-FUJIさんの「J-HITS POWER STATION 」にちょこっとお邪魔する予定なので早めの日記でした。生放送なんでお聞きになれる方、宜しければ聞いてみて下さいねー。では、行って参ります! 今日はちゃんと全身鏡でチェキしてから出かけるぞー。

Comments (32)

2005年11月20日(日) 風邪っぴきです

今晩は、梶浦由記です。
今年の東京は、秋をあまり感じる間もなくいきなり冬に雪崩れ込んだような印象があるのですが、それは単に梶浦が相変わらずハーフ引き籠もったままでいた為に季節の移ろいをやりすごしてしまっただけなんでしょうか。どうなんでしょう。とりあえず急激な気候の変化で風邪が流行っているのだけは確かなようですね。
私も現在しっかり風邪っぴきです。
普段から大きなお仕事が一つ終わるたびに発熱する事が多く、そういう時の症状は「風邪」と名乗るのが申し訳ないような、だらーーっと熱が出てだらーーっと治るだけの、「怠け熱」とでも名付けたくなるような曖昧な感じだったりもするのですが、今回のこれは、どこに出しても恥ずかしくない立派なお風邪様。腫れ上がった喉に咳、鼻水に嘔吐に頭痛に悪寒に発熱、腰も背中もぎしぎし痛むし、もうまさに風邪のオプションフル装備、ピザなら「全部乗せ」、牛丼なら「つゆだくねぎだくにくだく!」といった感じ?
そんな訳で頭は心地よく彼岸を垣間見ているし、仕事をしても音が全部団子状態に聞こえて何が何だかさっぱりな(……)今日この頃だったりもします。ダメじゃん……子供の風邪は学校が休めたりして楽しい事もありますが、大人の風邪は自己管理の甘さで他人様にご迷惑をかけるだけだったりもするので要注意でございますね。良くなり次第インフルエンザの予防注射に行こうと心に決めておりますよ。冬もこれから、皆様もご自愛下さいませ。
そんな訳で今日もさっぱりと短い日記でございました。

Comments (13)

2005年11月17日(木) 携帯で初挑戦

梶浦@スタジオです。携帯でアップに初挑戦です。
どんなになるんでしょう?
今日のレコーディングメンバー!
ドラムの野崎さん、ギターの是永さん、ベースのジュニアさんだっ!
梶浦、携帯文字入力全くダメです。もう限界・・・。
これにて!200511171619000.jpg

Comments (10)

2005年11月16日(水) 日記を修正しただけの日記

今晩は、梶浦由記です。
ブログ二日目から誤変換やらお名前の間違いやら色々やらかしてしまい、何と申しますか、やはり日記を引っ越した位ではウカツは治らないんだなと。当たり前ですが。
皆様コメントで色々ご指摘ありがとうございました……。お名前間違えてしまった方、ごめんなさい!
修正致しました。
これで明日からも、涼しい顔をして再び日記を綴る事が出来ます。
そう、まるで何事も無かったかのように……。

こうやって人生も編集出来たらどんなに素敵でしょうね。
思い出すと、とりあえず髪を掻きむしって海までダッシュしたくなるような過去の出来事の一つや二つや三つや四つ、誰にでもありますよね?
ピッと編集ボタンを押して、あの日あの時を書き直せたらいいのに……。
そんな出来事が。

ここで自分のあの日あの時を綴ってみようかとも思ったのですが、本当に湾岸線辺りまでダッシュしてしまいそうなのでやめておきます。明日もスタジオだしー。

でもあれですよね。過去の書き換えなんて出来たら、きっと編集ばかりしてちっとも先に進まないんでしょうね。完璧な一日、完璧な人生なんてある訳ありませんからねえ。

例え不完全でも、多少の間違いを犯しても、今日一日を一生懸命生きたのなら、そんな自分を愛してあげよう。
と、自分のウカツを強引に綺麗にまとめた所で本日はこれで!

Comments (5)

2005年11月15日(火) イベントのお知らせとか

今晩は。梶浦由記です。
昨日の日記にコメント下さった皆様、ありがとうございました。
いやー新鮮です。こういうの。楽しいですね。
トラックバック頂いた皆様も何だかありがとうございます。
過去日記で宣言していた通り、こっそり覗かせて頂きました……。(どこがこっそりなのか)

ちょっとだけ。

>satt herbertさん
そう、フィガロの結婚無駄に長いですよね!
好きなんですけどね!
四幕の前半さくっといらないよね!(と暴言を吐いてみる……)

>おたねさん
>これから毎日ブログも読めるなんて嬉しすぎます(笑)。

ま、毎日……?
毎日……
まいにち……?

が、頑張ります!(汗)

えー。

そう、今月の26日、私がYUUKAさんとやっております音楽プロジェクト、FictionJunction YUUKAのアルバム発売記念イベントがあるんですよ。抽選になるんですが、ココログさんでも、(左下の方をご覧下さいませ)同じく左にあるリンク先、FICTION|YUKI KAJIURAサイトでもお申し込み頂けます。宜しければ是非いらして下さいね。梶浦、後ろでこっそりピアノ弾いてます。(どこがこっそりなのか……)

その他日本各地でもイベントがあるんですが、すみません、梶浦が行けるのは東京お台場イベントだけなんです。(ごめんよYUUKAちゃん……)でも、もしお近くで開催があればですが、YUUKAさんの生の美しい歌声をどうぞご堪能下さいませ!

走り書きですが!
お知らせのみですが!
そんな日記でした!
明日からスタジオ!
がんばりますー

Comments (23)

2005年11月14日(月) はじめまして

ココログな皆様初めまして。梶浦由記です。
本日から私もブロガーとしてココログさんにお世話になる事に相成りました。
どうぞ宜しくお願い致します。
今回は初日記につき、一応自己紹介を、という事ですので。
名前:梶浦由記
在住:東京都
職業:作曲家をしております。
この「作曲家」という名称(?)。個人的には何故か未だに照れくさくてどうしようもありません。学生の頃からやっていたバンドでとりあえずデビューしちゃおっかな、と勢いで会社を辞め、いつの間にかバンド活動以外にもアニメーションのサウンドトラック等を中心に作曲活動を始め、今はすっかりそちらの方がメインの仕事になっているにもかかわらず、
「ご職業は?」
「作曲家です」
というやりとりが未だに恥ずかしくてならないのです。結果、
「ご職業は?」
「音楽業です」
「レコード会社か何かで?」
「いえ……きょ……曲を作っております」
「?……作曲家さんですか?」
「はあ、まあ、そんなもんです………」
と、まだるっこしい会話を繰り広げるお年頃。
かと言ってコンポーザーとか横文字にするのももっと恥ずかしいですし。(プロフィールにはしっかりそう書いてありますが……)多分あれですね。アマチュアでちゃらちゃら曲を作っていた時の遊び半分ゴコロが未だにどこかに残っていて、「作曲家なんて……ワタクシそんな大それたものじゃござんせん」という心持ちになってしまうせいなんですね。職業を名乗る位で恥ずかしがっている方が余計に恥ずかしいと言われると確かにその通りなんですが、まあそこは恥文化の担い手、日本人ですから。
そうも言いつつ「作曲家」になって早……遠い目になる程の年月が経っております。今までのお仕事歴などはオフィシャルのサイト、「FictionJunction.com」に簡単ですがまとめてありますのでどうぞそちらをご覧下さい。オフィシャルでは日記なども認めておりました。過去日記にもご興味あれば、そちらもどうぞ同サイトでご覧下さいませ。
そう、このブログのデザインは、自サイトに合わせてココログの方に作って頂きました。
自分サイトを初めて立ち上げたのが確か1996辺りだった気がするのですが、それ以来サイトデザインは全て自分でちまちま手作り。エディタにねちねちと手書き。今回初めて人様にデザインして頂くという機会を得る事が出来、なんて楽なんだー! おまけに素敵だー! と感激でした。普段から仕事の上でも「人任せにするのが苦手だね」と言われる、とりあえずダメ元でも自分でやってみたい派、らしいんですが、やはりその道のプロさんにお任せするのって早いし確実だし良いモノが出来るし、当たり前なのかもしれませんが大事な事だよなあ、と改めて認識してみたり。素敵なデザインを有り難うございました!
ブログと言えば。
存在を知ってから一年間ほど、私「プログ」、だと思っていたんですよね。「plog」。Weblogの略で「blog」だと知った時は何だかとても恥ずかしかったです。「人間ドック」も、「人間ドッグ=dog」だと信じ込んで十年ほど過ごしていたり、「韓流」をずっと「かんりゅう」と読んでいたり、まあそういった勘違いは恥ずかしいよね、というそれだけの話なんですが。
自己紹介の途中でした。
趣味:音楽鑑賞、読書、通販の衝動買い。
用があっても外に出るのが面倒くさいウルトラスーパーインドア派です。
三日位家から出なくても、読む本さえあれば全然OK。ノープロブレム。白夜どんと来いの夜型。そんな私の家の中は乾物やら漬け物やらの保存食に埋め尽くされ、「ドアが空かなくなっても一年は生き延びられそうな家」と言われています。保存食作りも趣味の一つです。今年まとめて漬けた色々の中ではピクルスが一番の出来でした。
特徴:話が無駄に長い。(曲も無駄に長い)
そんな訳で日記も常に無駄に長い傾向はございますが、とりあえず自己紹介になっておりましたでしょうか。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。ココログ初日記でございました。

Comments (30)

2005年8月20日(土) 普通に日記

何だかスタジオな日々だったりします。
冷蔵庫の野菜室が怖いことになっている予感がします。
ここ一週間ほど空けていないんですけれど。
どうせ料理する時間が無いのなら野菜なんて買わなきゃいいんです。
でも何だか野菜って購買意欲をそそるんです。
だって綺麗なんですもの。
ピーマンとか、いつもあのフォルムに見ほれます。手触りもいいし。包丁入れる前になでさすってしまう。
でもさすがに勿体無いし野菜にも申し訳ないので、自重しなければ……。

そういえば今日は高校の時のクラス会だったんですよね。懐かしい面々にも、先生にもお会いしたかったんですが、残念ながらそれどころじゃありませんでした。皆さ~ん、飲んでますか~?

明日は「キャラホビ2005」というイベントにYUUKAさんと二人で参ります。
先ほど、「今徹夜して並んでるんですよ」なんてメールを頂きました。すごい! でもご安心(?)下さい。私もどうせ徹夜明けで行きます。仲間ですね!
いらっしゃれる方、お目にかかれるのを楽しみにしております。

最近日記に書けるような面白いネタも無い日々で、それはつまり日常生活でネタになるような事をやらかしていない、梶浦的には非常に平安なめでたい日々が続いているという事なのでしょうか。良いことだ! そんな訳で今日もこんな日記ですみません。

Comments (0)

2005年8月7日(日) ありがとうございました

掲示板、メールにてお誕生日おめでとうメッセージを下さった皆様、ありがとうございます。自分の生まれた日を祝って頂けるというのは本当に嬉しいものですね。改めて、感謝感激です!

お花を頂いたりケーキを頂いたり素敵なプレゼントを頂いたり、最近家に籠もりがちで、誕生日も一歩も外に出ずに終わってしまった割には素敵な一日でございました……仕事している隙にスープのお鍋をMacろくろ……じゃない、まっ黒クロに焦がしてしまったり、まだ新しいiBookの上にコーヒーをこぼしたり(まだ奇跡的に動いている)、作ったばかりの曲ファイルを間違えて消去してしまったり、そんな些細な、ええ、ごくごく些細な、トラブルを覗けば、ですが。……なんか祟られていたんだろうか今年の誕生日(涙)。

わっ、地震。(生中継)

さてさて。雑談タイムです。

漫画「のだめカンタービレ」がドラマ化されるという噂を知人の日記で読んだんですが、本当なのかな? この漫画人から薦められて知ってからずっと読んでます。音楽がとても楽しくなる漫画ですね。素敵。しかしドラマ化ですか。のだめちゃんはある程度キャラクターがハマっていてば別に誰でもいいけれど、とりあえず「ちあき先輩の指揮が下手だったら許さん!」と思ったのは私だけではない筈だ……。どなたが演じられるんでしょうね?

最近読んだ本。佐藤亜紀さんの「天使」、が面白かった。この方の本を読んだのはまだ三作目ですが、独特な世界の厚みがたまりませんね。第一次大戦頃のヨーロッパが舞台の、特殊能力を持った人間達のバトルと愛な物語ですが、特にラブシーンが無茶苦茶官能的です(笑)。
この方、私の大好きな作家さん、佐藤哲也さんの奥様なんですよね……何とも恐ろしいご夫妻だ……。

DVD。ずっと欲しかった「ベルヴィル・ランデヴー」買いました。まださわりしか見ていませんが、やっぱり好きですこの作品。今のお仕事が終わったらゆっくり見ようと思っていますが、でもまだ買いっぱなしで見ていないDVDが相当溜まっています。いつ見るんだろう。まあ、いつか、きっと。多分。

そんな日記でした。

Comments (0)

2005年8月3日(水) ご感想ありがとうございます

ブラームスが聴きたい。
4番が聴きたい。
そう、今ブラームス。今この時。
何が何でも聴きたいんだーーっ!
と、猛烈な勢いでCD棚を漁ったんですが、肝心のCDがありません。
何処を捜してもありません。
私ブラームスの交響曲CD持っていなかったのか……そういえば実家にいたときは家族のを借りて聴いていたのかもしれない……。今、今聴きたいのに。二度とは来ない今この時! (音楽ってそんな事ありますよね?)
そんなスーパー欲求不満状態で過ごしている今宵。東京は相変わらず暑いですが、皆様如何お過ごしでしょうか。

本日発売のSee-Sawシングル、「君は僕に似ている」のご感想を掲示板、メールにて下さった皆様、ありがとうございました! 本当にいつも同じ事ばかり書いている気がしますが、音楽を聴くというのはごくごく個人的な体験であると思っております。同じ音楽を聴いても、そこから喚起される何かは個人個人できっと違う……であるからこそ、皆様お一人お一人から頂くメッセージがとても嬉しゅうございます。二人で作ったこの曲、作品と共にご堪能頂けますと光栄です!

このシングルがエンディングテーマとなっている「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」も佳境、と言った感じで、お姉さん続きが気になって仕方がありません……。どうか梶浦個人的にお気に入りなあの人とあの人が生き延びてくれますように……。

野菜袋の中のさつまいもが再び立派に芽を出し、そこはかとないデジヴュを感じていたら(去年も同じ事があったんですよ)、今度は水盤に移す間もなくからからに干からびていつの間にか芽付きの干しイモが出来上がっていました……。すごく軽いの。形はさつまいもなのに。
感心半分、食べられるだろうかとひっくり返して見ていたら、さすがにやめろと止められた。
そんな(どんな?)日々です。

Comments (0)

2005年7月24日(日) 遊んでました

昨日のFictionJunction YUUKA情報ですが、発売日を書き忘れておりました……。
改めて。「焔の扉」、9/22の発売になります。

それから、シングル発売に先立って、という形になりますが。
8月21日、幕張メッセにて開催される「キャラホビ2005」というイベントにFictionJunction YUUKA 二人でゲスト出演させて頂くことになりました。
そちらでお目に(お耳に?)かかれる皆様、どうぞ宜しくお願い致します。

さて。

昨日の日記は「出先から」なんていかにも仕事中? なーんて書き方でしたが、実は遊びに行っておりました。某温泉のちょっとレトロなホテルへ。

カレーが有名だったりもするホテルで、しっかり話題のカレーも食し(美味しかった!)、ホテルの部屋も広く居心地も素晴らしく(そこでリアルタイムで機動戦士ガンダムSEED DESTINY放映を見ていたりしました。)、猫足で温泉な室内風呂に心ゆくまで浸かったり、ホテルの庭で季節も終わりの蛍まで見る事が出来たり、とても満足の行く一泊二日ではあったのでございますが。

前もって購入しておいた電車の往復チケットを紛失していたり。(結局諦めて当日買い直しました)。
復路の車内で乗車券を無くしちゃったり。

何だか相変わらずウカツさ満載な旅行で、もうFictionJunction ウカツって感じで。(よく解りませんが)ウカツを直すサプリがあったら購入したい今日この頃です。

ウカツと言えば最近、「電子レンジで7分で玄米が炊けます!」グッズにかなり心を惹かれて購入し、後ほど外箱に「調理前一時間付け置きして下さい」としっかり書いてあったのはショックでした。一時間漬け置きする暇があったら普通に炊飯器で炊くだろ……。何だか家の中に着々と無駄なモノが増えて行きます。

そんな短い日記ですが、本日はこれにて。

Comments (0)

2005年7月23日(土) FictionJunction YUUKAからのお知らせ

ちょっとしたお知らせです。
FictionJunction YUUKAの新曲「焔の扉」が九月にシングルとして発売されます。FictionJunction YUUKAとして活動は久しぶりで、何と言うか個人的にもとても嬉しい発売となります。この曲は機動戦士ガンダム SEED DESTINYの挿入歌として作りました。ご覧頂いた方には聞いて頂けたかと思いますが、本日の放映でオンエアされました。

短い日記ですが、出先にて一応お知らせのみで。
また後日にでも……。

Comments (0)

2005年7月20日(水) とりとめもなく

明け方まで起きていて、さあ寝ようか、という所で、「いかん、ゴミを出さねば」と思う。
朦朧とゴミをまとめる。
まとめた所で何故か満足して寝る。
朝(昼)起きると、まとまったゴミが部屋の中にしっかり残っている……。
というような事はありませんか? 我が家だけでしょうか。
こんな季節にゴミ出し忘れるなんてかなりイヤな感じです……。

すみません、のっけからゴミの話で。

最近読んだもの。
「北斗の拳」をようやく最終巻まで貸して貰い、読み切りました、
おおおおお!
「デスノート」の最新巻も貸して貰い、読みました。
うわあああ!
面白かったです。どっちも。
こちらは以前から好きで読んでいたむしし(変換できない……)の六巻も購入して読みました。アニメ化されるという事を知ってびっくり。どんな風になるんでしょう。雰囲気たっぷりに作ればかなり面白そうだなあ。考えてみれば「以前から読んでいた漫画がアニメ化される」という体験は初?に近いので何だか楽しみです。

大好きな作家さんの佐藤哲也さんの本が出ていたことを知り、かなり遅ればせながら購入。こちらはまだ読中です。ついでに……と言っては失礼ですが、佐藤亜紀さんのまだ読んでいなかった本も購入。こちらも面白そう。まだ読み切っていない本も随分あるんですが……。引っ越してからこっち、電車移動の時間が極端に減り、それと平行する形で読書時間もかなり減り気味です。寝る前にベッドで読もうと思っても、あまりの寝付きの良さの為にほとんどページが進まないんですよねえ。ならば起きている間に読書時間を取ればよさそうなものですが、自宅=職場の弊害で、何もせずに本を読む、という時間が「私ったら怠けている」と同義な感じになってしまって落ち着けないんです。私の場合。ある意味貧乏性?
そんな訳で無理矢理にでも読みたい本は、外出して喫茶店に長居して読んだりしています。
喫茶店に長居、は怠けている事にならないのか? と突っ込まれるとアレなんですが。

食べ物の話。
甘酢漬けをこよなく愛する私は、いつも冷蔵庫に甘酢漬けの元を作り置きしています。余った野菜を片っ端から漬けちゃう。
大根や人参や蕪にセロリ、生姜や茗荷やタマネギなどは常連ですが、先日ふと思い立ってネギを付けてみたらこれが美味い! 新発見した気分で、それからは来る日も来る日もネギまたネギ。一度に一本分ほど食べてしまいます。一度気に入るともう見たくなくなるまで食べ続ける偏執っぷりは相変わらずですが。

甘酢漬けの元は、<黒酢1cup、砂糖100g、塩小さじ1>の割合が基本、好みで砂糖を減らしても。一度に500~1Lほど作っちゃいます。黒酢は単に私の好みなので普通のお酢でも。一度煮立てて冷まして冷蔵庫で保存。お酢を煮立てている時に顔を近づけるのは避けましょう……むせます。確実に。

ネギは斜めのざく切りにすると味がしみやすい。ざくざく切って、赤唐辛子1~2本と共に甘酢に漬けます。冷蔵庫で。数時間で食べられます。どんなに食欲の落ちている時でもむくむく食欲が復活する最強っぷりな味。(ネギ、お酢が好きならですが。)

ちなみに同じように唐辛子を入れたタマネギもかなりいけます(ドレッシングにもなります)。タマネギは少し漬け時間多めに。蕪や大根はレモンを入れて。勿論大根+唐辛子もいい感じです。
ちなみに甘酢漬けに限らず、漬ける時はラップで落としぶたのように表面を覆うようにすると、野菜が飛び出る事もなく少なめの液で漬けられますよ。野菜を食べきった甘酢液は、野菜にもよりますが二度目までは液を足すなどしてそのまま使えます。

ただ甘酢漬けの難点は、実はお砂糖の使用量がかなり多い事なんですよね……。お酢も取れて健康的ではありましょうが、その分糖分もしっかり取ってしまうという。残った甘酢液をドレッシングにする場合はとこの所要注意でございます。

ほとんど自分のためのレシピメモでした。最近こんなんばっかですみません。

ここの所、少しスタジオ気味な日々です。
スタジオな日はほぼ確実にデリな夕食になるので、家で食べる時はこういうシンプルなものが食べたくなっちゃうんですよね。

「ゲルギエフの指輪、もし行けなかったら私が替わりに行ってあげるので何の心配もせずにチケットを取りなさい、取りなさいったら取りなさい(一部脚色)」とメールをくれた知子さん(母)、ありがとう。親の愛が身にしみちゃうよホント。

そんな今日の日記。

Comments (0)

2005年7月15日(金) ミュージカルとか

最近我が家を訪れて下さる方々は、皆様「ところで物干しは何処?」とわくわくした顔で訪ねて下さいます。(先日ハズミで勝ったぶらさがり健康器の事です。)ありがとう日記を読んでくれて。でももう寝室の奥深くにしまっちゃったもんね。今ジーパンとTシャツがぶら下がってるもんね。邪魔なんだからさっさと処分すればいいのに、何だかせめて元を取るまでは……と思ってしまう私は貧乏性なんでしょうか。でも元を取るって、あと暫くジーパンかけとして活用する、という事なのか……。何れにせよ寿命はあと僅かでしょう。ごめんね、物干しよ。お前はもう死んでいる……。(まだ北斗が抜けない)

ミュージカル、プロデューザーズ見て来ました。前NY行った時にチケット取れずに諦めた記憶が二度ほどあり、念願かなったと言うところ。面白かった! しかしあんなに下ネタ+悪ノリ満載のミュージカルだとは知らなかったよ……。あまりきまじめな方にはお勧め出来ませんね。でも王道に素晴らしく盛り上がる音楽といい怒濤の連発ギャグ(死語?)といい、演出も中だるみする間もなく、役者さんの一部とオケの一部に若干の?はあったものの満足です。最後のオチが案外あっけなかったのは、まあ後味が悪いよりはいいかな。ともかく死ぬほど笑いました。あんなに笑わせてくれたミュージカルは初めてかも。

QUEENのミュージカル見ようかどうか迷っていたんですが、この調子だとつい見に行ってしまいそう……。チケット取っちゃおうかな~。行ったらもう歌いまくりに決まってますよ。で、お隣におもっきり迷惑かけて来ようかな~。
ABBAのミュージカル見た時も一人大カラオケ大会になってしまいました。でもお隣の人も歌いまくっていたからOKさ。
一度見るとまた次が見たくなっちゃうもんですよね。映画にせよ、舞台にせよ。
ここ最近見たミュージカルでは、やはり昨年……かな? のキャンディードが最高峰でした。昨年をここ最近と言ってよいとすればですが……。

歌いまくりと言えばDURANDURANの来日。行きたかった。行ってこれまた最初っから最後まで踊りまくり歌いまくりのお姉さんになって隣の人に迷惑かけたかった。でもその日、もうお仕事決定しちゃってて無理。残念です。

80年代繋がりで。
先日、というか昨日、ふとテレビを付けたらやっていた噂の「電車男」ドラマ。見る気は無かったのに、丁度盛りあがり?の場面で折しも音楽はELOのTwilight! それはズルイです……思わず感動しちゃったよ(笑)。ついでにそのあとELOガンガン聴いちゃったよ。やっぱりイイ曲だ~~。TIMEは好きなアルバムです。

最近他に聴きに行った音楽といえば、某交響楽団の定期公演、モーツァルトとマーラー。モーツァルトは死ぬほどつまらなかったです(笑)。マーラーはそこそこ面白かった。でも生には生ならではの魅力があるとは言え、聴いていてイライラしちゃうようなら家でCD聴いてる方がいいですよねぇ……。

そういえばミュージカルプロデューサーズでは、ジークフリートの誓いがなんたら、という場面ではちゃんと(ワーグナーの)ジークフリートのテーマがかかっていました。思わずニヤリ。
ワーグナーと言えばゲルギエフの指輪……(オペラ)。
来年初頭来日ですが、チケット取っても4本全て行ける可能性はかなり低そうで、さすがにそんな無茶なチケ取りは出来ないよ……。という事でたまに指を銜えながらサイトを覗いています。どなたか行かれたら是非ご感想を……。

最近のお気に入りレシピ。

白瓜の昆布漬け。
材料:白瓜、しょうが一かけ、昆布4~50cmほど、塩。(天然塩など美味い塩使用がおすすめ)
白瓜をタワシやスポンジでこすって表面の毛を落とす。(薄毛があるタイプなら)
縦半分に割ってスプーンで種を掻き出す。
小さじ1~1半ほどの塩を表面にまんべんなくすり込む。内側にも外側にも。
昆布(薄い方が扱いやすい)を適量水で戻しておく。
昆布一切れと、生姜の薄切りを中に挟むようにして、瓜をもとの形に戻すように合わせる。
瓜の表面をぐるぐると隙間無く昆布で巻く。上からラップで巻いて冷蔵庫へ。
以上終了。4~5時間で食べられます。
白瓜も色々ですが、要はそんなに大きくない、皮が薄くて生食出来そうな瓜ならなんでも。はぐら瓜とかでも。

美味いです! もう毎日こればかり。でもあまり日持ちしないので、数日食べたかったら少し塩をきつめに。残った昆布と生姜は、そのまま一緒にも食べられますが、結構量があるので私は細かく刻んでおつゆにしてしまいます。塩がきいているのでそれだけで夏向きのおつゆになっちゃいますよ。

そんな、今日もあまりにとりとめのない日記でした。

Comments (0)

2005年7月11日(月) ご感想ありがとうございます!

機動戦士ガンダムSEED DESTINYのED曲、See-Sawの「君は僕に似ている」へのご感想を掲示板、メールで下さった皆様、ありがとうございます。物語が終焉を迎える第4期のEDとしてSee-Sawの曲を聞いて頂けるというのは本当に光栄な事ですね。このアニメーション作品がクライマックスを迎える、その流れを、物語のアウトロダクションであるEDとして一緒に支えて行ける曲であればいいなあ、と願いながら二人で色々考えつつ作った曲です。まあ私達の思いはどうあれ、この曲が作品をご覧になっていらっしゃる皆様にもそう感じて頂けることが何より大事で……そういった存在に成り得る曲であることをただ祈っております。
あとは私達も楽しみに物語の行方を見守りたいと思っております……。

ああ、随分長く日記を書いていなかったのだなあ、と改めて気が付いたり。
ツバサ・クロニクルサウンドトラック1へのご感想を下さった皆様も、ありがとうございます!
どの作品もそうですが、私も作品そのものを……特にこの作品は原作がありますので、原作世界も、楽しみながら作った音楽の数々です。どうぞ作品共々、可愛がって(?)頂けますよう……。

その一方、最近は「作品」の為ではない音楽を自分で作って遊んでいたりもしました。……いつどんな形で出る、と決まっている曲ではありませんが(笑)。念のため。
作品のために曲を作るのは、作品から頂くイメージの上で遊ばせて頂いている、という感覚でとても楽しいものでございますが、たまに何も考えず自由に曲作りをするとやはり新たな発見があってこれまたとても楽しいです。「ああ、やっぱりこういう曲が好きなんだなあ」と思ってみたり、「やや、実はこんな事もやりたかったのか」という発見もあったり。

「やりたいこと」の寿命は実はとても短いんですよね。今日やりたい事は明日には消えてしまう事が多い。「いつかやりたい」のいつか、は九割以上の確率で来ない。やりたい、という欲はとても大切だと思うので、ちゃんと今日のうちにせめて形にしておこう……と思いながらナマケモノの私は思うだけである事も多く……(だめじゃん)。

とりあえず現在やりたい事のプランの一つが。
知人が「24」をセット購入したと言うので彼女といつもの面子をDVDと共に招いての「24」一気見大会。二泊三日で見られるのだろうか……。「寝た者は置き去り」な体力勝負の試聴会になるのでしょうか。
それから同じく「スターウォーズ」一気見大会。その後映画館で最新作へ。まあ、映画かかってる間に実現出来るのか微妙すぎますが……結局DVD全巻揃ってからの実現になったりして。それも悪くない感じですが。
さあ果たして実現なるか!? やはり九割以上の確率で無理なのか?

ここ数日取り憑かれている歌があります。

たーらこーたーらこー、たっぷーりーたーらこ
たーらこーたらーこたっぷりたーらこーがやーってくーるー……。

某CMの歌なんですが強烈すぎます。延々たーらこーたーらこ……。
いつも、作曲活動中に歌に取り憑かれる事は少ないのですが、何故か作詞活動中にはその頻度が高いようです。いっそタイトル「たらこ」にしちゃうぞ?

あまり忘れられないので言葉を換えて歌ってみました。
ターバコーターバコーたっぷりターバコー
ターバコータバーコーたっぷり……
かなり体に悪そうです。

最近知人に借りたりして読んでいた漫画。「デスノート」と「北斗の拳」。両者とも面白すぎて大変です。「ボツ曲よ、俺の中で生きろ……」とか遠い目をして口ずさむ日々です。

そんな、相変わらずとりとめもない日記でございました。

Comments (0)

2005年6月16日(木) 最近やっちゃったもの

深夜の通販ボタン「ぽちっ」突発買いで無駄に部屋を狭くし続けて来た私ですが。
史上最大の失態と申しますか、ブツが家に届いた途端「やっちゃった……」と思ったのはさすがに初めてです。

ぶら下がり健康器……。
だって気持ちよさそうに見えたんだもん。丁度お仕事修羅場で超寝不足なタイミングで(そんな時に通販サイトを彷徨うなと)、肩も腰もガチガチになっていて、ああ、今これにぶらーんってぶら下がったらどれほど気持ちが良いだろうかと。座って使うハーフトールタイプだったからあまり大きく見えなかったし、折りたたみ式で場所を取りませんと書いてあったし!

でも実際届いてみたら、でかいです。
おまけに「ネジを全て外せば折りたためます」ってそれ、折りたたみ式じゃないって! 詐欺だ~~。

そんな訳で、届いたその日その時から物干し化。今Tシャツとジーパンがぶら下がってます。
もう何度も足の小指をがちっとぶつけました。
会う人毎に「いらない?」と聞いても冷笑と共に「いらない!」という答えが返ってくるだけです。
一体何故こんなものを買ったのか。最近自分で自分が分からないですほんと。

すみません、何もぶら下がり健康期そのものに思うところがある訳じゃないですよ? ちゃんと使う方にとっては素晴らしい器具だと思います。ただ室内物干しとしてはちょっと大きすぎるというだけで。

最近読んでいる本
河岸亡日抄/堀江敏幸
堀江さんの作品はまだ数冊しか読んでいないですが、ともかくこの人の書く日本語が好き。「日本語で書かれた小説」を読むことの嬉しさに静かに浸れます。いつもよりページをめくる速度もゆっくりになります。

最近のお気に入りレシピ
にんじんと干しぶどうの煮物。
にんじん一本は少し厚めの輪切り。レーズンをばらばらかけてひたひたの水で煮る。水気が無くなり、にんじんが柔らかくなったら少しだけバターを落とす。それだけ。参考にしたレシピには砂糖も加えると書いてあったんですが必要ないです。美味しいにんじんで作りましょう。干しぶどうは油を使っていないものを。もし油気があったら一度お湯に浸して油を落とす。

最近受け取ったイヤなスパムメール。
内容はよくある出会い系サイト勧誘で、特に目新しい事もないんですが。
タイトルが、「やり直し!」
やめてよ本気で焦るから!(怒)

それから。
いつもお世話になっているヴァイオリンの今野さんが、サイトを作られたそうなのでご紹介。
■ http://www.konkin.jp
カッコいいサイトです!  今野さんっぽい。
うちのサイトは……いいんです手作り感覚で今後も行きます。だってFlashとか分からないんだもん(そういう理由ですか)。

本当に今野さんにはあの作品でもこの作品でもお世話になりまくっていて、最近では「今回の作品では今野さんのカッコイイヴァイオリンソロが聴けなかったので物足りなかったです」と苦情を頂くほどです。梶浦も今野さんの欲深い感じのプレイが大好きで1ファンです……欲深いって表現もどうかと思いますが、梶浦的には目一杯褒め言葉なんですが……すみません。だって音楽なんて全て欲じゃん! 欲のない音楽なんて聴いても作ってもつまらないだけじゃん! viva欲深音楽! という強引な結論で終わらせる今日の日記。

そういえばどうでもいい話ですが、先日渡米する際どこを捜しても見つからなかった電子辞書がやっと見つかりましたよ。どこにあったと思います? 洗面所の棚ですよ? そりゃいくら捜しても見つからない筈です。しかし一体なんでそんな所に……。結局「欲しいときに欲しいブツが行方不明になる」現象は、部屋に四次元ポケットがある訳では全くなく、単に所有者の管理に問題があるというだけの話ですね。当然ですが……。

Comments (0)

2005年6月14日(火) お休みでした

6月頭は何だか降ってわいたように暇でした。素敵です。
なのでこの隙を塗って梅シロップや蜂蜜漬けや、茗荷や生姜の甘酢漬けや、梶浦のアルコール漬けなども作っていました。来週はらっきょうや果実酒の材料なども届く。漬けまくるシーズンなのです。わくわく。

久しぶりに友人と再会したり、TAHITI80のライブではしゃいで来たり。
洗えるもの全部洗濯するぞデーとか、いらない洋服整理するぞデーとか、家中を徹底的に片付けるぞデーは途中で挫折気味ではありましたが、お部屋に飾るお花も今週はちょっとゴージャス?に芍薬などを買ってきました。お花の中で一二を争う好きな花です。美しい……。

今週からちょっと気を引き締めお仕事モードです。
休日っていいよね、という短い日記でした。

Comments (0)

2005年5月20日(金) キャベツとお知らせ

最近の大いなる悩み。それはキャベツ。

春キャベツの美味しい時期です。もうどーやったって美味しい。生でばくばく食べても、煮ても焼いても蒸しても炒めても。そんな訳でいつも野菜を買っている所から、毎週美味しい春キャベツが届きます。まるまる一個。

しかし、毎日自炊する訳でもない一人暮らし、一週間に一個のキャベツって案外キツい。案外と言うか結構キツい。毎週野菜は水曜日に届くのですが、キャベツ半分とかそういった親切な選択肢は無い。注文してしまえばまるまる一個どかんと届きます。all or nothing。喰うか喰わざるか。でも春キャベツってこの季節にしか食べられない。そりゃ当然喰うでしょ。

で、週末あたりからじんわり焦ってくる訳なんです。水曜までにこのキャベツ食べちゃわないと! どーするどーする!?

そんな私の最近の、「とりあえず量が勝負だキャベツ大作戦」 超簡単(重要)レシピ。

キャベツスープ。美味いです。これとパンもしくはご飯だけで充分行けます。
材料:キャペツ半分、ネギ二本ほど、ベーコン適宜、ピザ用チーズ。他調味料。

キャベツはざく切り。ネギは4~5センチほどに切る。ベーコンを炒めてから水をざーっと注ぐ。キャベツとネギ、ブーケガルニ(無ければローリエだけでも)とコンソメを入れてぐつぐつと煮る。それだけ……火が通ってキャベツが柔らかくなったら塩胡椒。チーズは器によそってからばらばらと振りかけます。多めが美味しい。

ベーコンは結構味を左右するので、化学調味料臭いものだと不味くなる。なるべく美味いものを。それからチーズ。冷蔵庫臭いようなチーズ入れちゃうとこれも不味くなるので無ければ入れなくても可です。

キャベツの重ね蒸し。これも美味しいです。
材料:キャベツ7~8枚? 豚バラ肉適宜、同じくピザ用チーズ。
キャベツはさっと塩ゆで。バラ肉は塩胡椒して小麦粉をまぶす。キャベツ、肉、チーズ、と何度か重ねて器に入れる。最後にキャベツ。上からローリエ入りコンソメをかける。蒸す。終了。蒸すのが面倒だったら電子レンジでも。

そんなレシピメモでした。

さて。一つお知らせがございます。

時期は8月頃になりますが、久しぶりにSee-Sawのシングルが発売になります。
タイトルは、「君は僕に似ている」。
この曲は、TVアニメーション作品、機動戦士ガンダムSEED DESTINY の7月からのエンディングテーマになります。

前作、機動戦士ガンダムSEEDのエンディングをSee-Sawで担当させて頂いてから、DESTINYでは有坂さんの歌われた曲を提供させて頂いたり、他にも挿入歌を書かせて頂いたり、色々想い出、思い入れ共に深いこの作品の、最終クールのエンディングを再びSee-Sawで歌わせて頂けるというのはとても感慨深いものがございます。
物語の行方と共に、See-Sawの歌もお楽しみ頂けますと幸いです。

そんな今日の日記。

Comments (0)

2005年5月12日(木) 温泉二日目

温泉日記二日目です。

本当は一日お部屋でぐたぐたしていようと思っていたのですが、お天気も悪くないので軽く散歩でもしようかと、お宿のパンフにあった観光名所な公園まで参りました。

しかし。
私はあくまで「軽いお散歩」がしたかったんです。なのに何ですかこの公園の体力勝負なアップダウンは。周りを見渡すと他の来訪者の皆様はちゃんとウォーキング対策な衣服を着ていらっしゃいました。かなり踵高めなブーツなんか履いて来てしまった私はもう途中からヒーヒーで、ぶらぶら歩きのつもりがしっかりトレーニングしちゃったぜ気分です。

公園の奥に足湯&フットマッサージがあったので、入ってみました。
本当は全身マッサージ狙っていたんですが、マッサージって初めての人ってちょっと怖いんだよなー相性もあるし。ということで今回は軽く足のみにしようかと。

しかし。
い、痛い……。
最近の「気持ちよくて寝ちゃう」レベルの軽いマッサージに慣れていた私の足には、渾身の力を込めた「あらゆる関節攻めてみせますえ」的マッサージはたいそうキツく、「ちょ、ちょっと痛いんですが……」と抗議はしてみたものの、「あーすぐ終わりますからねー」って子供の注射か! そんな感じに身悶えしながらの15分は終了しました。15分って短いから30分コースにしようかと思っていたんですが15分で良かった……。

でもこのマッサージ効果は高かったようです。疲れていた足が一気にリフレッシュ。肩こりも心なしか良くなったような。もっとも昨日から溶けるほど温泉つかりまくっていますので、その効果もあるでしょうけれど。

ぶらぶら歩きついでに草間彌生さんの作品を展示している小さな美術館も見てきました。草間さんについては詳しくなく、「水玉な人」という認識しかなかった(すみません)んですが、カボチャモチーフの作品群はとても素敵で、美術館の小ささも好きでとても楽しゅうございました。
帰りには素敵な喫茶店でぼーっとお茶と和菓子も頂いたり。お宿に帰ってからはお昼寝タイム。

そんなこんなで今日も今日とてお風呂に入りまくって素敵夕食にワインなんか飲んじゃってテレビとか見たりして、このなごみ加減は一体どういうことか、というようなナイスな休日でございました。明日帰宅、存分にリフレッシュ致しましたので、帰ったらお仕事がんばろー。Powerbookも買っちゃったしなー。

Comments (0)

2005年5月11日(水) 物欲そして休日

携帯が壊れまして。
壊れたというより壊した、というのが正しくはあるのですが、とりあえずディスプレイが真っ暗内蔵助になってしまい、仕方がないので新しいブツを買いに某Bカメラまで参りました。

携帯の機能はメールと電話くらいしか使わない(使えない)私ですので、機能比較などに時間を割くこともなく、これから夏だしなーとブルーのツートンなデザインをさくっと選び(冬になったらどうするのか?)無事機種変更。内部メモリを移すのに15分ほどかかりますと言われ、その間店内をぶらぶらと物色いたすことになりました。

で、あれですよ。携帯を受け取りに戻ってきた15分後、何故か手にApplePowerBookG4/12インチ♪を持っていた訳ですよ。

早い。早すぎる。さすがの私でも最短記録の大人買い。確かに現在使用していたWindowsのモバイル用パソがそろそろ限界を迎え、新しいのが欲しいなあと思ってはいた。結局Windowsの使用感があまり好きではなく(OSの画面デザインが何より好きではなく)、やっぱり次はPowerBookかなあ、でも重いよなあ、とちらほら考えてはいた。でもどうせならTiger版まで待てばいいのにとか突っ込み所は色々あるんですが、とりあえず何故にApple製品のカタチはあれほどに物欲を誘って止まないのか。見て、触ったら欲しくなっちゃったんだもん。とりあえず「今」持って帰りたくなっちゃったんだもん。理屈じゃないんだもんこみあげまくる物欲だもん。

でも、思わずPowerbook買っちゃった理由はそれだけではないの。
私を誘ったのは PowerGuard V12。特に商品にリンクは張りませんが、Powerbook専用のメタルジャケット、メタリックなカバー、と表現するべきでしょうか。これをPowerbookに付けて使用している人がいて、それを見た途端に私は惚れた。ノートパソコンのカバーってこれと言うものがなく無難なものを使うのが常だったんですが、このPowerbookのデザインを損なうことがなくシンプルいかす形、しかもしっかりハード&フルカバー、冷却まで出来ちゃうってのは何事かと。欲しい。このカバーが欲しい。当然中にPowerbook入れて使いたい。そう最近思い続けていた。今回当然PowerGuardも買いましたとも。すみませんしっかり人まね小猿ですNさんごめんなさい! ああ早く来ないかな。早くまいpowerbookに装着したいな~。

まあつまりそんなこんなで。
今、マイPowerBookでこの日記を書いています。

そして今。
何故か温泉にいます。
今回の温泉紀行は自発的なものではなく、「仕事あるから時間無いし……」「でもたまにはゆっくりして来なさい!」とどちらかと言えば強制に近くありがたく拉致された感じ。でも実際来てみると、いやーやっぱり来て良かったな~、お山を見ながら露天風呂ですよ。お食事は素敵に美味しくてもうお腹いっぱい食べ過ぎです。それもゆっくりテレビ見ながら食べちゃったりして。一応バリバリ仕事やる気で色々持ってきたけど、こうなったら飲んじゃうぞ寝ちゃうぞマッサージだってしちゃうぞ。ごめん仕事やらないぞ(……)。つまりしっかり休日モードです。こんなにありがたい拉致がこの世にあってもいいものでしょうか。右を向けば開け放した窓から新緑の山々が美しい。夜も更けた今となっては控えめな夜景がまた奇麗。ああ自然ってなんて素晴らしい。自分のお仕事場もこんなだったらいいのになーと思う一瞬。

ここからの通信は新規購入&加入したAirEdgeです。これも、無線LANが結構普及してきた今、果たして必要だったのかと言われれば疑問は残りますが。だいたい普通に旅館なんで、当然電話回線でも通信出来るんですが。ですが、「携帯を繋がなきゃ通信出来ない」Macモバイル状況を昔々かなり不満に思っていたのね。カードスロット無いからね。で、USBにさくっと差せば通信出来ちゃうPHS機器が出た時かなり感動したのね。で、今更なんですがその白い姿形も結構好きで、必要だったと言うよりあの小さなブツを新しいノートに差してオープンカフェとかから通信してみたい! それだけの理由だったりするのね。飽きるまでは使おうかなーと。でも使用頻度は果てしなく低そうですが……。まあ何と申しますか、これも飽くなき物欲の成せる技とは申せましょう……。

今日の日記がこのように長いのは、物欲への言い訳なのか、それとも既にほろ酔いでお届けしているせいでございましょうか。

ちなみに先日の水漏れ後日談ですが。
水漏れは廊下洗面所風呂場寝室だけ(だけと言っていいのか)で済みはしたのですが、放っておけば廊下からの水が仕事場に流れ込んでそうな勢いであったため、梶浦は夜中から夜明けにかけて廊下で水を浴びながら、雑巾で水を拭き取っては絞り、絞っては捨て、を繰り返していた訳なんでございます。もう暖かくなっていたので油断していたんですが、その後しっかり風邪を引きました。それも久しぶりの九度越え発熱で、数日間は飲み物を台所に取りに行くのも辛い感じでした。そういえば4/9って、私引っ越して丁度一周年記念だったのでした……とんだ記念日でしたこと。幸いなことにあまり長引かず、一週間ほどですっかり良くなりましたけれど。

そんなこんな、久しぶり加減を埋め合わせるような長日記、湯けむりの里?からお届け致しました。とりあえずもう一本ビール飲んじゃうぞー。

Comments (0)

2005年4月9日(土) 続編

雨の音を聞いて過ごした一夜が明けました……。
明け方には雨音も水の滴りも止まり、
お仕事部屋は何とか無事でした。良かったー。

でも水漏れ現場は壁紙ボコボコだったり
ドアが閉まらなくなっていたり。

これから現場に敷き詰める為に家中からかき集めたタオルやベッドカバーの洗濯だー。

Comments (0)

2005年4月8日(金) 現場から生中継

お仕事へ行って参りました。
帰ってきました。
テレビなど見ながら夕飯を食しておりました。
何だか建物のどこかでどーんという音がしたような気がしました。
何だろう? と思いつつ遠い音だったのであまり気にしませんでした。
ご飯を食べ終わりました。

雨が降って来ました。
何だか懐かしい雨音だなあ、と思いました。
屋根の上の雨音を室内で聞いている感じです。
でもヘンだな、と思いました。だってここはマンションの中途階です……。

廊下に出てみました。
家の中に雨が降っておりました………。天井から。ボタボタと。
うおおおお!

先ほど原因は上の階の洗濯機である事は判明したんですが。色々連絡の結果どうやら水元はもう止まったらしいのですが。廊下に置いてあった機材を避難させ、本棚の一番下にあったマニュアル類(ずぶ濡れ)も避難させ、一息は付いたのですが、でも我が家の雨はまだ止みません。天井の雨音もまだ止まりません。つまり天井裏にはまだ結構水が溜まっているものと思われます。

今の所被害は廊下と洗面所、浴室だけで、もうそこはずぶ濡れなのと水が結構な勢いで落ちてくる為立ち入ることは出来ませんが、居間と仕事場と寝室はまだ無事。でも仕事場にいても、居間でも、寝室でも、どこもかしこも真上から雨音がするんですよ……。一体いつ「ぽたり」と来るのか、何ともスリル満点な感じ。それともこのまま雨は止んでくれるのか。待て続編! (……)

水も滴る梶浦家から生中継でお届け致しました。
いやーめったに出来る経験じゃないかも。
とりあえずパソコン類を避難させるか、仕事続行するか迷っている所でございます。
このまま仕事場が被害を受けなければ、もしくは漏電して停電なんて事にならなければ、笑い話の範疇で済みそうなんですが……何ともはや。

とりあえずトイレに行くのに傘が必要。

続編1:
寝室にも雨が降り始めました……(涙)

Comments (0)

2005年4月1日(金) 春なんて

世の中に
たえて花粉のなかりせば
春の心はのどけからまし

とりあえず鼻と目を取り外してざぶざぶ洗わせろ。
とか。
マスクして「うーんすっきり!」なんて気持ちよさそうに伸びをしてるCM作ったお前、絶対花粉症じゃないだろ!
とか。
夏休みも正月休みも返上するから、3、4月雲隠れしていいですか。
とか。

そんな荒んだ毎日を送っていらっしゃる同士諸君、如何お過ごしでしょうか。如何もへったくれもない感じではございますが、とりあえず桜前線なんて早くどこかへ行ってしまえ。

再起動中、すなわち嬉し楽しいお休み状態であった筈の三月末、薬飲んで朦朧としていたのもあって、寝られるだけ寝て起きてもベッドの中でずるずると本を読み、気付けばまた寝入っていた(ループ)と言うような、これ以上人間がどうやったらだらだら出来るのか限界突破な数日を過ごした梶浦ではございました。休みの間に部屋を整理しようとか髪を切ろうとかそんな野望は何処へやら。だらだらな日々は何故これほど早く過ぎるのか。まさに光陰矢のごとし。

しかしそんな毎日の中。
私は「これは行ける!」と思った。
即ち、私はいくらでもこの毎日を続けて行ける、だらだら資質に充分恵まれている、と今更ながらに気付いた。
なろうと思えばいくらでもダメダメになれるのだと気付いてしまったが故に、4月からはキリキリ働こうと思います。花粉症がなんだ! がんばろー、おー!! (はっくしょん)

もっと色々書く事があったような気がするんですが、何だか思いつかず。
中途半端な日記ですがここまで。やっぱり頭がボケボケだー。

Comments (0)