2003 | FictionJunction

BLOG


2003年12月31日(水) 本年はありがとうございました

あと数時間で、2003年も無事終わろうとしております……。

本年、梶浦由記の音楽を聴いて下さった皆様。
お声をかけて下さった皆様、音楽のご感想をお寄せ下さった皆様、
改めて、誠にありがとうございました。

来年はまず「コゼットの肖像」というOVA作品の音楽、
それからあと幾つか動き始めているものもあり、
また皆様に梶浦の音楽を聴いて頂く機会がございますよう、
作品共々可愛がって頂けますよう……祈っております。

今年もまた振り向けば荒れ果てた部屋。この部屋で新年を迎えるのか……。
まあ、死ぬわけじゃないし。いいやいいや。ふっ……と遠い目になる一瞬ではございます。

暖かい部屋の中、何事もなく年を過ごせる幸せを噛みしめながら。

たまにはこんなリンクも。
ユニセフ [http://www.unicef.or.jp/]イラン地震緊急募金活動、始まってます。

Comments (0)

2003年12月28日(日) ガンダムSEED FESTIVAL

に、昨日27日、出演して参りました。
Fiction Junction featuring vocal YUUKAで「暁の車」を演奏し、
また田中理恵さんの歌われた「水の証」の後ろでピアノを弾いて参りました。
本当に沢山のガンダムSEEDファンの皆様の前で、
「Fiction Junction featuring vocal YUUKA」初の二人揃っての演奏をご披露する事が出来て、本当に嬉しく思っております。田中理恵さんの歌声もピュアでとても綺麗で、後ろでピアノを弾きながらほれぼれと聞き惚れておりました。

参加されたアーティストの皆様、声優の皆様、どのパフォーマンスも素晴らしく、参加させて頂いた私もとても楽しい一日でございました。ご声援頂いた皆様、また掲示板にてメッセージを下さった皆様、ありがとうございます! 嬉しく拝読させて頂いております。
私にとってもそうでありましたように、皆様にとっても素敵な一日となりました事を祈っております。

27日、フェスティバル打ち上げに参加させて頂いたあと、知人との忘年会に途中参加。「今日は都内からのタクシー帰宅にならないようにしよう……」と思っていたのですが、参加したのが既に11時過ぎだったので……。ま、タクシー帰宅にはならずにすみました。
朝に、なったから……。

帰宅途中、冬の朝の済んだ空気のせいか富士山がとても近くに見えて。朝焼けに染まったピンクの富士は一瞬言葉を失うほど美しかった。我が街は東京郊外ですが、それでも富士山の見えるポイントは年々少なくなりつつあります。

さて、いよいよ今年も残すところあと数日。
皆様にとって2003はどんな歳でしたか?
来る2004、お互いに、充実した一年を過ごしたいものですよね。
梶浦の年末年始はひたすら家に籠もって曲作りでございます。こうして楽しくお仕事出来る年末、そして年明け、本当に幸福な事だなあと噛みしめながら。

どうぞ良い年の瀬をお過ごし下さいますよう。

Comments (0)

2003年12月25日(木) お買い物とか

急ぎのお買い物最中at渋谷。
「かじちゃん?」と話しかけられて振り向いたらちーちゃんこと石川知亜紀嬢が……。
クリスマスにこんな偶然の出会いって。嬉しくなって話し込んでしまいました。
今年は、やりたいこと満載のSee-Sawのアルバムが出せた上に、これまたやりたい事満載のソロも二人とも出せたりして、思えば本当に充実した一年でした。これも応援して下さった皆様のお陰です。改めて本当にありがとうございました!……年末のご挨拶にはちょっと早いですが。
来年もただただ、お互いに楽しく音楽が出来る一年になりますように。

何を急いで買っていたかといえば、27日のイベントに出る時に着る服だったりします。何とも豪華なメンバーに混ぜて出演させて頂く形で、私も楽しみにしていたりします。
いらして下さる皆様、お楽しみ頂けるよう願っております。

ついでに鞄も購入。たすきがけ出来てそこそこの容量がある鞄を探していたんですが、案外見つからないもので。最近の鞄は本当に華奢なものが多くてね……それはそれで好きなんですが、大きいもので物欲をそそるものがなかなか見つからない。少しサイズが大きくなると実用本位のものばかりで。
今日通りすがりに見かけた鞄は、一目惚れ度で言えば70点位だったんですが、まあ使えそうなので買ってしまいました。買い物する機会も貴重だし。

帰りがけに喫茶店でカキモノをしていたんですが、隣の席に座ったオジサマ、飲んだ帰りなのか、ぱんぱんにふくらんだお財布を机の上に放りっぱなしで爆睡。危ないなあと思ったり、日本は何だかんだまだ平和なのだなあと思ったり。

宮部みゆきさんの「あやし」を読んでいたら、ムラムラと宮部さんの時代物熱に取り付かれる。この方の時代物は本当に好きでございます。なので本屋で一気買い。もう2~3度読んでいるんですが、その度に古本屋に出してしまってまた買う、を繰り返している。今度はキープしようと思います……。

どうでもいいんですがワタクシ、自分の日本語も褒められたものではありませんが、それでもどうにも好かん言い回しというのがございます。「ちげーよ」というのがその最たるもので、道ばたを歩いていて耳に入っていても振り向いて「違うと言え!」と申し述べたくなってしまいます。……言いませんけれどね。自分に向けて言われようものなら、「ちょっとそこへ直れ」と説教キメたくなってしまいます……しませんけれどね。どんな言葉を使おうとその方の自由ですから。単に私がいやーん、と思うだけで。

好きじゃないのに最近自分でも無意識に使ってしまっている言葉もございます。筆頭が「すごい」。テレビなど見ていて「すごい綺麗」などと言っている方がいるとどうも耳にひっかかって仕方がないのですが、いつの間にか自分でも使っていていかんなあと。気を付けよう。来年の抱負その1でしょうか。

そんなこんなの日記でございました。
遅ればせながらメリークリスマス!
クリスマスメッセージ、素敵なプレゼント、下さった皆様、本当に嬉しかったです。どうもありがとうございました! 

Comments (0)

2003年12月19日(金) 冬は蟹だよね

北海道から蟹を送って貰いました。
美味しいモノをありがとう!

そんな訳で今日は蟹鍋でした。
うにうにと活きている所を無慈悲に切り刻み、ぐつぐつ煮える鍋へ。
世界残酷物語。でも美味しい。人の業はかくも深いものにございます(?)。
蟹鍋はうどんがまたたまりませんなあ。

今日もそれだけの日記だったりして。

Comments (0)

2003年12月16日(火) 冬は鍋だよね

毎日寒いですね。

そんな訳で今日はあんこう鍋を食しました。美味しかったー♪
それだけの日記だったりして。

Comments (0)

2003年12月14日(日) 金沢

金沢行ってきました。
仕事ではなくプライベートな旅行で。一泊だけですが。おまけに二徹明けで、昨日の朝はスタジオからギリギリ直行羽田、移動時間は勿論、旅館付いてからも寝っぱなし。「ずーっと寝てたね」と同行者に言われ……何だか最近同じような日記を書いた気が。

ともあれ楽しゅうございました。一泊ではありましたが温泉も堪能し懐石も頂き、目にも舌にも美味しいお菓子やら海産物やらも買って参りましたし。(おまけによく寝たし)。充実度高い二日間でございました。いやー温泉いいですね。一度行くとまたすぐに行きたくなりますね。

そんなこんなの短い旅日記。蟹はやはり美味しかった。

Comments (0)

2003年12月9日(火) 毒舌とか

最近の「毒舌ブーム」とやらがどうも気にくわない私です。

ユーモア、ジョークの中でも、「悪意あるユーモア」はより高度なもんだと思うんだよね。個人的に「毒舌」ってのは、思わず人を「ニヤリ」とさせる陰のユーモアが含まれているものと認識していて、毒舌かます対象への知識+言葉のセンスのある人間、要は「オツムの良い」人間にしか「吐く」事の出来ない高越技術だと思っているんですが。誰もが笑える軽い冗談の範囲ならいいですが、そこにあからさまな悪意を含むユーモアの場合、本来悪意の対象となって面白い思いをする人間がいる筈もない……そこにユーモアのセンスをたっぷりと振りかける事によって、悪意を向けられた本人でさえ思わず「ニヤリ」と苦笑させられてしまう、「毒舌」かくあって欲しいと思うんだけれど、昨今の自称「毒舌」って、単なる陰口、罵詈雑言の域を出ないものが多すぎる気がしちゃって。

知り合いの方が日記で「毒舌と失言を勘違いしている人が多すぎる」に近いニュアンスの事を書かれていたんですが、さもありなん。罵詈雑言を考えなく口にする、もしくは書き連ねる事を「毒舌」なんて呼ばれると、違った意味で苦笑しちゃいませんか。それは舌に毒があるんじゃなくて、単に軽いだけでしょう……舌と頭が。

最近読んでいる本:スティーヴン・ミルハウザー著作数冊。
昔読んだ「エドウィン・マルハウス」が好きで、でも店頭に並ぶタイプの作家でもないので何となくそれ以来になっていたんですが、先日手にしたアンソロジー「夜の姉妹団」にこの人の短編が入っておりまして。読んだ勢いで買える本全て揃えて読んでいます。とは言ってもそう大した冊数でもないですが。ハマってます。
感想についてはそのうち、相変わらず放置しっぱなしの「bookshelf」に追加……出来るといいなあ。

Comments (0)

2003年12月8日(月) 色々日記

師走某日(金曜日)、打ち合わせ帰りJR車内(PM23時)。
私が座っていたシート前のオジサマ、天下無敵の酔っぱらい状態で意味不明言語を呟きつつあちらへフラリ。こちらへヨロリ。バン、と私の頭すれすれに窓に手を付いたかと思えば、膝の上に倒れ込んで来るわ、足は思いっきり踏まれるわ、やっと横の方へ移動して下さった時には正直ほっと致しました。

次に目の前に立ったのは白いコートにミニスカートのうら若きオネエサマ。安心して雑誌などを読んでいますと、彼女いきなり崩れ落ちて私の足に容赦ない膝蹴り+鞄チョップ。「す、すみません……」気分でも悪いのかしらと心配して見上げると、つり革に捕まってあちらへフラリ、こちらへヨロリ。ブルータスお前もか……。今度は後ろに立っていたお兄様に頭突きかまして「す、すみません……」。

一分後、車両隅に立っていたお兄さんが座っていたおばさまに向けて傘を倒す。「す、すみません……」。また雑誌に目を戻すと、今度は私の横、座席の横棒越しに立っていたお兄さんが、私の頭に座らんばかりの勢いで何度も何度も体を倒していらっしゃいます。

……一億総酔っぱらい。いやあ、師走ですねえ。

メール、掲示板のお返事を日記にて。

一月発売の林原めぐみさんのアルバムに、一曲書かせて頂きました。タイトルとか、書いてしまっていいのかしら……? また確認して新たにお知らせさせて頂きます。

「See-Sawの歌詞をホームページにアップしていいですか?」とご質問下さった方。すみません、お気持ちは嬉しいのですが、歌詞のアップはご遠慮下さいね。他の方法で……貴方の曲に関するご感想などで、ご紹介頂けましたら幸いです。どうぞ宜しくお願い致します。

「掲示板、メール、呼びタメOKですか☆?」とご質問下さった方。……呼びタメって何だろうと思わず検索しちゃった……。名前の(お互いに)呼び捨て、って事ですよね? 申し訳ないですが、公式という場所でもございますので一応お互いに、参加して下さる皆様との会話も含め、「さん」付けでお願いします。

先週末の友達ライブ、Macトラブルに追われて結局行けなかった……すまぬ友よ! 
にゅーマックへの移行、すんなり行く筈だったんですが、細かい所で躓いた……。ひとまず無事動くようになり、新しく入れたプラグイン、他幾つかのソフトなどもいい感じ……なんですがデータのコンバートが上手く行かない(涙)。とりあえず今のお仕事を済ませてからもう一度トライ。と言いつつ仕事に追われてあまり触らぬままヴァージョンアップを繰り返すソフトの多いこと。結局「つまみが沢山あって画面の切り替えも深くなく、考えず適当にいじれば使えます!」的外部音源の稼働率が、我が家はとても高いです……。音源はデジタルになりパソコンはデュアルになっても私の頭はいつまでもシングルタスクのアナログなのでしょうか。

そんなこんなの師走。

Comments (0)

2003年12月3日(水) 師走頭の色々

12/1のEmilyさん登場番組は、11時からのドラマではなくその15分後のデジタル放送関連番組のトップでした……情報間違いすみません。皆様ご覧になれましたでしょうか。黒服合唱団のメンバー、始めにソロを取った小柄な女性がEmilyです。相変わらず美しい声でした。「声に聞き覚えがあったのでこの方かな? と思いました」とメールを下さった方、正解です。

掲示板の表示不具合のメールを下さった方もありがとうございました! その後マイナー修正してみましたが、ちゃんとご覧になれますでしょうか? 色々教えて頂いて本当に助かりました。ありがとうございます。

日記のスクリプト変えてみました。置き場所も変わっております。
トップページにあった「×月の一言」の部分に最新日記を表示出来るようにしたいなあ……と前々から思っていたのですけれど。本当はとても使い勝手の良い「たむたむニッキチョウ」のトップ項目を表示出来るようになればそれが一番、と色々試してみたのですけれど……私の技術では貼り付けはまだしも切り出し改造が無理でした。なのでこのたびスクリプトを変えて実現。上手く表示されてますでしょうか?

それにしても昨今はskin方式を取り入れてくれているスクリプトが多くて、レイアウト変更が本当に楽。ハラハラcgiの動作確認をしながらちまちまレイアウト変えてた昔が夢のようでございます。自分でcgi書き換えちゃうと、あまり知識も無いものですから……ヴァ-ジョンアップの度に泣きを見ていたのですが。無料スクリプト提供して下さる皆様、ありがとうございます。
今回使用させて頂いたスクリプトは、[CGI PLANT] さんの「切って出し日記」。

掲示板、日記のスクリプトを立て続けに変えたのですが、新しいスクリプトを色々探す手間がかけられず……両者とも、お友達サイトさんが利用しているのを「これ良さそう」とリンクを辿り頂いてしまいました。Hさん、Kさん、ありがとう。すみません~(何となく)。

最近風邪っぴきです。久しぶりにひどいヤツを一発。数日前は殆ど意識無く寝ておりました。今日一日ベッドで過ごして、やっと少し復活したかなあ。そこまで仕事が立て込んでいる時期でなくて良かったです。というよりこの隙間だからこそ風邪を引いたのでございましょう。「今済ませとけ!」とばかりに。どうも周りでも流行っている模様。皆様もご注意下さいませ。とは言ってもいかに注意しても引くときは引いてしまうんですよね。

実は先日お友達のお家で久しぶりに泊まり飲み会があったのですけれど。きりたんぽ鍋が美味しかった♪のは良いのですが、11月の寝不足溜め込んだ状態で訪問した為、滞在時間の8割寝て過ごしてしまいました……「本当にず~~っと寝てたね」と皆に感心された飲み会。一体何のために行ったのか。リラックスだけは出来た気がしますが、今思えば既にあの時から発熱していたに違いない。風邪移してたらごめんなさい参加者の皆様……。

明後日お仕事用のにゅーMacを入手予定。まだ買って二年だったんですが、既にCPUの限界を迎え、この所瀕死でした。旧Macどうしようかな。ソフトシンセ専用機にしようかな……と思いつつ、それにしてもスペックがちょっと貧弱かなあ……本当にこの世界の世代交代はめざましいものがございますね。

今週末は、See-Sawがアマチュアだった頃に一緒だったメンバー数名が今趣味でやっているバンドのライブがあるんです。その時までに風邪治して行きたいものです。
そんなこんなの日記。今夜はベッドで歌詞書きなどをしつつお休みモード。

Comments (0)

2003年11月26日(水) 色々お知らせ

帰国致しました。

最近のニュース。
まず、12/3に、石川知亜紀ソロアルバムinner gardenが発売になります。See-sawのヴォーカルとしての彼女とはまた違った、彼女独自の音が繰り広げられるアルバム。個人的に石川千亜紀ファンでもある私にとっても嬉しい発売でございます。皆様も是非御一聴下さいませ。
それから千葉紗子ちゃん。梶浦がプロデュースした三曲入りシングル「winter story」が本日発売になりました。どの曲もクリスマス一色な一枚になっています。ちょっとしっとり? 彼女の素敵な歌声、宜しければ是非お聴き下さいませ。

もう一つ。
NYで、EMILY(hackやFICTIONで歌って貰ったEmily Bindigarさん)と会って来たんだけれど……今回一緒にお仕事はしなかったですけれども。今度日本のテレビに出るのよ、と彼女が言ってました。海岸で朝日を浴びながら歌う、という撮影だったのだそうだけれど、放映は12/1夜11時から、1チャンネルで、との事。番組表調べてみると、百年の恋?ドラマの1シーンなのかしら?
とりあえずこの時間、宜しければご覧になってみて下さいませ。EMILYさんの歌声が聴ける筈。

それからそれから。ニュースとしてはちょっと遅いんですが、梶浦大ファンの最高のギタリストさん、西川進さんもソロプロジェクト「Goat Star」名義でアルバム出してます。Vocalist木村隼人さんをフューチャーしたミニアルバム「Fairy’s dust」は既に10月末発売になっておりますが、いやー笑ともかくカッコ&センスイイギターサウンドでさ。もちろん歌も。UKギターサウンド好きな人は是非是非どうぞ。ホントイイです。

FJcom関連のニュースですが、しばらく閉じておりました掲示板を再開致しました。
色々考える所もございましたが、せっかくwebサイト運営を細々ながらも続けているのですし。双方向に皆様のお声を頂ける場所がやはり欲しいなあ、と。
皆様からのメッセージお待ちしております。どうぞ宜しくお願い致します。

Comments (0)

2003年11月19日(水) 色々

NYにいます。
いつものごとく「行ってきます」だけの日記でも書こうと思いつつその余裕も無く到着してしまいました。
XenosagaIIのレコーディング……というより仕上げに近いですか。歌録り+Mixです。

この秋は他にもちょっと色々お仕事してました。
梶浦プロデュース千葉紗子ちゃんのシングル「WinterStory」が26日、発売になります。思い切りクリスマスなシングルでございます。同じく千葉紗子ちゃんの歌う「さよならソリティア」という曲が、12月から放映のアニメーション「クロノクルセイド」のEDになっております。
それからもう一つ、サントラを含むまずはテーマ曲などから作り始めている作品がございます。また作品の詳細など決まりましたらお知らせ致しますね。

最近のニュースと言えば、そうそう。高橋尚子さん見ちゃった。
東京女子国際マラソンが、丁度作業中のスタジオすぐ脇を通ったため、「もうすぐ通過!」という時間にミーハーにもわざわざ見に行ったのでございます。コースを眺めながら今か今かと先頭集団通過を待つ気分……「ヘリがそばまで来てるからもうすぐに違いない!」などと喋りながら。あんなに楽しみに人を待ったのは久しぶりかもしれない(笑)。ドキドキするものでございますね。

私たちが待ち構えていた場所は心臓破り坂の途中で、スタジオでテレビ見ていた時は一位にいた高橋さんが目の前を通過した時にはぎりぎり二位……追い抜かれてしまった直後だったため、「ぎゃ~高橋さん頑張って~」なんて騒いでいる私+スタッフの姿がTVニュースや翌日のスポーツ新聞にしっかり写りまくっていて、仲間内で笑われてしまいましたことよ。尤も後ろのほうから覗き込んでいただけなので、そこにいると知らなければ見つけられないレベルで「写って」いて、その「ウォーリー君を探せ」ぶりがまた可笑しかったり。

高橋さん、残念でしたね。でもずっと続けていればこういうことだってあるよね。また自分のペースで、出来れば楽しく、彼女が走り続けていければいいなあと、一オーディエンスとしては願うばかりです。彼女の走りっぷりは明るくて元気をもらえるからとても好き。

今回のNYの忘れ物は本。本ですよ。一冊も本を持たずに日本を出ちゃうなんて……いつもだって結局あまり読む時間が無く、あまり読書進まず持ってかえることが多いのですが、読める「活字」が手元に何もないというのがこんなにストレス溜まるものだったなんて。

こちらにはモバイル用winノートを持ってきているんですが、最近立ち上げる機会が無く、というかウィルス騒ぎでなんとなく避けていて立ち上げたのが二ヶ月ぶりでございました。ネット繋いですぐにまずウィルス駆除ファイルの更新に、windowsパッチのダウンロードに……。高いローミング接続でなぜこんな事を。日本ですませてくればいいのに私ったら。

滞在してるホテルは5月に来た時と同じ場所、同じ部屋。五月に来た時と何も変わらない部屋。でも窓から見える向かいの家の蔦が赤く染まっておりました

割とこじんまりとしたホテルで、でも部屋は広くスタジオからも近く、部屋に電子レンジや小さなキッチンがあるのがとても気に入っております。唯一の不満はと言えば、ネット接続が未だに「ピーピーガーガー」な所かしら。

とりあえず今日の日記はそんな所で。明日は歌録りです。またレポートでも。

Comments (0)

2003年10月15日(水) 強盗だそうです

夕刻、ふと付けたテレビ。
お茶を飲みながらぼんやり音だけ聞いていましたら、郵便局強盗のニュースが。物騒な今日この頃ねえ、と画面を振り返ると、そこにはどこかで見た風景が。そう、コンビニへのお散歩コース。我が家の近所も近所、徒歩三分圏内にあるヘビーユース郵便局が本日強盗に入られた模様です。犯人は無事逮捕と報道されており一安心ではありますが、こんな東京の片田舎の小さな郵便局が狙われるとは。片田舎、小さいからこそターゲットになってしまったのかもしれませんが、しみじみ物騒な事でございます。被害も怪我人も出ずに事態が収拾したようで、不幸中の幸いではありますが。

ハナちゃんご帰宅おめでとう!のメール下さった皆様、ありがとうございます。
ハナちゃんは何事も無かったかのようにいつもの場所に収まり、餌ももりもり食べて元気です。何事もない日々の幸せの縮図。

寒くなって来た昨今、お部屋に暖かい飲み物はかかせません。最近、1リットル入りのステンレス保温ポットを買って愛用中。最近の定番はですねえ……体にいいからと聞いてつい買っちまった(でも単独ではちと飲めなかった)ゴーヤ茶とショウガ茶のブレンドという、我ながらすざまじいシロモノでございます。両者を1パックずつポットに放り込んで、一日飲んでます。決して美味しいとは言えませんが飲んでいるとクセになるという味わいと申せましょうか。オツと言えばいえない事はないかもしれないけれど言えないかもしれないというこのお茶。あまりオススメしませんがご興味があればどうぞ試してご覧になって下さい。

Comments (0)

2003年10月14日(火) 帰って来ました

ハナちゃん帰って来ました!

今日朝のうちに警察に連絡しようと思っていた所、
それを待たずして朝一番に警察署からのお電話。
12日の内にもう保護されていたのですって……。

首輪に連絡先きちんと書いておいたのですが、案外首輪って見ないものなんですね。首輪にぶら下げていた監察札から、今日になって我が家の連絡先の調べがついたらしく、(連休中でお休みの部署もあったそうで)お電話が来たのでした。

今日中に引き取って欲しいとの事で慌ててペットタクシーの手配やら、引き取りの時間の打ち合わせやら、おおわらわでやっと夕刻になってハナちゃんはお家に戻って参りました。

しかし、未だに私にも家族にも全くなつこうとしないハナちゃん。……なついているのかもしれませんが、少なくともそれを態度で示そうとはしてくれないハナちゃん。迎えに行って「これ本当に貴方の家の犬?」と言われてしまったらどうしようと不安でございましたが、そこはID社会の有り難さと申しましょうか、監察札の番号とこちらの身分証明でなんなく引き取る事が出来たのでございました。

昔の物語の中にあるような裁判シーンございますよね。キマリより人情、的な。ずらっと人を並べて「どれがお前の本当の飼い主なのだ?」と犬に選ばせるようなやり方でしたら、きっとハナちゃんを連れ帰る事は出来なかったに違いない……。

迎えに行っても予想通り尻尾の一つも振ってくれない(涙)ハナちゃんとご対面して、そんな事を考えてしまった私でございました。

でも本当に帰ってきてくれて良かった。家に帰ってきたらハナちゃんはたーっと自分のスペースへ走っていって、満足げな……と見ようと思えば見えないこともない……表情で座り込みました。やはり少しは「帰ってこられて嬉しい」と思っていてくれるのかなあ。とにもかくにも、お帰り♪

Comments (0)

2003年10月13日(月) ハナちゃんが……

皆様お元気でしょうか。今日はちょっとヘタれ気味な梶浦です。

と申しますのも、我が家の飼い犬ハナちゃんが逃げてしまったんです……。
昨日の事でございました。お散歩途中の知子さん(母)の手を、引き綱がふとすり抜け、ハナちゃんはまっしぐらにとっとと走って行ってしまったそうな。

河原やいつもの散歩コースを、声を限りに呼びつつ彷徨ってもどこにも見つからず。
以前飼っていた犬も何度か逃亡した事があったのですが、しばらく待てば必ず自分で戻って来たんですよね。でもハナちゃんはやはり最近飼い始めたばかりだから……まだ我が家に馴染んでいなかったのでございましょう。玄関を開けっ放しにして餌を置いておいても、未だ帰ってくる様子はございません。

首輪も付けたままですし、連絡先も明記してあるし、どなたかが捕まえてくれればご連絡頂けると信じてはいるんですが……連休が明けたらしかるべき場所にも連絡して、あとはじっと待つしかありません。

毎朝毎晩、二階から居間に降りるとハナちゃんのゴキゲン伺いをするのがすっかり日課になっていた今日この頃。どんなに無愛想でも、いないと寂しくてなりませぬ。外で物音や犬の鳴き声がすれば(ハナちゃんはほとんど吠えなかったけど……)ハナちゃんじゃないかと出てみる。家の中で気配があればドキりとドアを開けてみる。すっかり意気消沈気味な梶浦家でございます。ハナちゃん、早く帰ってきてくれますように……。

Comments (0)

2003年10月7日(火) 臨時閉鎖致しました

掲示板、臨時閉鎖させて頂きました。
色々偉そうな事も書いた手前、このまま続行の体制で……と思っていたのですが、何より管理人である梶浦が昨今、あまりwebチェック出来る環境にございませんので、管理仕切れない状況ではかえって申し訳ないと、管理人の身勝手を申し訳なく思いつつ閉鎖させて頂く事に致しました。

ここ数日、あまり家にいなかったのもありまして、色々管理人の対処が遅れ、皆様にいらないご心配をおかけしたと反省しております。色々お気遣い下さった皆様、ありがとうございました。厚くお詫びと、御礼を。
12月頃にはまた新たなスクリプトでも探して再開したいと思っておりますが、まだ予定は立っておりません。
短い日記ですが、今日はご報告モードで。

Comments (0)

2003年10月1日(水) 「掲示板」について

最近掲示板にお返事を書けなくなってしまった情けない管理人ではございますが、
いつも皆様暖かいメッセージを頂いてありがとうございます。
朝起きて(昼だが……)メール&掲示板チェックをするのが日課な私でございます。
頂いたメッセージ、一つ一つ有り難く拝読しております。

そんな昨今。
掲示板について、板上でも、またメールでも色々ご意見を頂く事が増えて参りました。
常々色々考えつつも日記に書くのは抵抗があり……それは管理人自らが公にこういった事を書きますと、「気にして頂く必要の全くないごくごく良識的な方が一番気にしてしまい、率先して書き込みを控えられてしまう」という不文律と申しましょうか。そんな悲しい事態がネット内外を問わず、世には多く起こるからでございます……。ですが色々ご意見頂いた方々へのお返事の意味も含め、またここは私本人が「管理人」を名乗っている場所である以上、だんまりを決め込んでいるのもどうかと、敢えて書かせて頂こうかと思っております。

以下の文章は、このサイトの掲示板の固有の発言を指して書いたものではございません。私が「web上の掲示板」に関して最近思っていた事……このサイトの掲示板に限らず、を書いただけです。あまり愉快な文章でも無いことは承知しております。まずはそこを踏まえた上でお読み頂けますと幸いです。長文になりましたが、お許し下さい。

以前は、このサイトの掲示板には「注意書き」等は一切ございませんでした。
「当たり前のルール」とこちらが思っている事が自然に守られていた為、何を書く必要もなかったからでございます。それが一言、二言だんだんに増えて参りました。まだ足りないだろうか、と、正直申し上げて最近は思う事「も」ございます。
他のwebサイトをみても、掲示板に「注意書き」が増えている傾向があるようでございます。
一番大きな要素は「時代」でもあると思います。ネットへの参加がより一般的になり、若い方の参加も増え、ネットに不慣れな方には分からない事も多くあるでしょうし、また有り難くもこのサイトへ沢山の方が遊びにいらして下さるようになり、そういった状況で管理人がある程度のルールを明確にするのは義務でもありますので、当然の事ではございます。

掲示板では、なるべく自由に発言して頂きたいと思っております。「梶浦のサイトだから梶浦に関した話題しかダメ!」などと言いたくありませんし、多少の話の脱線や、面白い話題などどんどん振って頂けますと有り難いなあと思っております。沢山のご発言頂けますとそれはもう嬉しいですし! 些細な事でもお書き込み頂くのは大歓迎です。それは昔も今も変わっておりません。

ただ、ここは梶浦由記の公式サイトであり、「何でもあり」な掲示板にはしたくはありませんし、するつもりもありません。自由に書いて頂きたいとは思っておりますが、気を遣わずに書いて下さい、と申し上げたくはありません。精一杯気を遣ってお書き込み下さい、とお願いしたいです。こちらに書き込まれた文章は後まで残るものであり、他の多くの方の目に留まります。そういった不特定多数、全ての方に気を遣ってご発言頂きたいと思っております。もし「気を遣わずに」ご自由に発言したいのであれば、それはこの掲示板上ではなく、ご自分でサイトなり何なりを開設し、そちらでご発言下さい、とお願いしたいです。

私は礼を逸した態度は嫌いです。
そういった態度を取られるのも、また自分でどなたかにそういった態度を取ってしまうのも嫌でございます。
ですから「失礼な発言」とご自分で思われる事は書き込んで頂きたくないと思っております。何が失礼か、そうでないかは書き込んで下さる方ご自身のご判断する所におまかせするしかありませんが、掲示板の注意書きにも書きました通り、
「私(あるいは発言する相手)に面と向かって言えないような発言はご遠慮下さい」
これに尽きますでしょうか。
私に、あるいは発言される相手の方の顔を見て言えないようなご発言はご遠慮頂きたいと思っております。
私自身も、このサイトにいらして下さる皆様に対して礼を逸した態度は取りたくないと常日頃から心しております。私の発言の多くはこの日記になりますので、なるべく「気を遣って」書いているつもりではあります。失礼の段がありましたら、配慮が足りずに申し訳ありませんとお許しを請うしかございませんが……。

webというのは、不特定多数の、互いに相手を知らない方々が自由に触れあえる、素晴らしい可能性を秘めた場所でございます。web上の掲示板の多くがそういった要素を持っていると思います。お互いに、見も知らぬ他人です。私は皆様の、そして皆様は私の「お友達」ではありませんし、「お友達」になる気もございません。またこの掲示板上で会話をなさる多くの皆様も「お友達同士」ではありません。例えこの掲示板内外で何度か会話をされて「お知り合い」になった方同士の会話であっても、この掲示板の上に書き込まれるという事は、他の「お知り合い」でない方にも同じように話しかけているという事に他なりません。ですから、常に「身も知らぬ他人」に話しかける時の配慮が掲示板という場所においては——それがどこの掲示板であっても——必要であると、私は考えております。初めて顔を合わせる方と会話をする時には、それなりの礼儀というものがございますでしょうし、私も皆様に対してその礼儀を守りたいと思っております。そういう意味で、皆様と「お友達」になるつもりはないと申し上げております。また、書き込みを頂ける皆様にもその辺りをご一考頂いた上で、「ご自由に」お書き込み頂ければなあと思っております。

また、「誰が見るか分からない」web掲示板の特質上、他のサイトさんにご迷惑がかかりかねないようなお書き込みも、出来れば避けて頂きたいと思っております。普く公開された場所である以上、他のサイトさん、あるいは他の個人の方をこの場所で話題にするという事は、「梶浦」についてこの場所で語られるより尚一層の、細心の注意が必要である事のように思われます。

どうせ書くのならと、かなり正直な所を書かせて頂きました。
ご不快に感じられた方も多い内容かとは思います。お許し下さいませ。
いつも掲示板上の皆様のご発言、本当に楽しく拝読しております。
自分でお返事が書けなくなった時点で、一度は閉じようかとも思った掲示板ではございます。ですがやはり皆様に色々直接お言葉をかけて頂ける嬉しさ、それが個人でwebサイトを開いている何よりの醍醐味と、なんとかこのまま運営して行ければと、切に願っております。
皆様と私で楽しめる場所に出来るよう、勝手ながら御協力をただお願いするのみでございます。
どうぞまたこのサイトに遊びにいらして頂けますよう。そしてまた梶浦にお声をかけてやって頂けますと何より光栄です。

Comments (0)

2003年9月23日(火) ちーちゃん情報

何だか日が開いてしまいましたが。
今日は何と言うこともある日記です。

10/4(土)から始まる、
『高橋留美子劇場 人魚の森』深夜0時55分~1時25分(テレビ東京)
のオープニングテーマで、See-Sawのちーちゃんこと石川知亜紀のソロ新曲がお聞き頂けます。
(ちーちゃんこの曲から名前表記変わってます。石川千亜紀から石川知亜紀へ。)
タイトルは「like an angel」。じんわり染みる美しい曲です。

See-Sawで一緒に活動するのも楽しいのですが、
こうして個々にソロ活動する時期というのも実はとても好きなのです。
「私はこれをやってるよ。ちーちゃんは何を聞かせてくれるのかなあ?」とわくわくするのが。
私は昔からSee-Sawとしても、また離れても石川嬢の1ファンやってますから。
彼女の紡ぐメロディー、言葉が大好き。私にとって最高の刺激であり甘露です。

この曲は12月に発売される、石川知亜紀ソロアルバムに収録されます。
詳細はまだ未定のようですが、聴くのが今から楽しみ。

Comments (0)

2003年9月11日(木) イベント終了とか色々

すっかり日記を書くのが遅れてしまいましたが、
8~9月のFICTION発売記念トークライブ、遊びにいらして下さった皆様、本当にありがとうございました。滅多に皆様と直接お目にかかる機会はないものですから、私にとってもとても貴重な、楽しい経験でございました。
最終日の9/6は、最後という安堵感もあってか、かなり話が脱線気味。こちらは一方的にかなり楽しかったのですが、実のある?話がナニも無かったようですみません……その前までに実のある話を果たしてしていたのかという疑問はさておいて……。

色々素敵なプレゼントも頂いてしまい恐縮です。お手紙もプレゼントも、一つ一つ大切に拝見致しました。嬉しく食べ+使わせて頂いております。でも何より嬉しかったのは、暑い日が多かった中、皆様がわざわざ『トークライブ』というイベントに足をお運び下さった事でしょうか。貴重な休日、一緒に遊んで下さいまして本当にありがとうございました。

9/6はイベント終了という事で、スタッフやミュージシャンの皆様と「FICTION」打ち上げ飲み。
そんなに飲むつもりなかったのに、思い起こせば一次会ですでにべろべろ×2程まで行っていたような。二次会で、いえ既に一次会の途中から、何喋ったかはっきり申し上げて何も覚えておりません。あることないこと喋っていたらどうしよう(汗)……すみません皆様……。
しかし帰りの電車(終電)無事乗り過ごし、帰宅にかなり時間がかかってしまった割には、翌日は二日酔いにもならずサワヤカでした。何故だろう何故かしら。やはり楽しい飲みだったからでございましょうか。いえ、「まだ飲めるぜ!」状態で二次会が無事お開きになったからでございましょうか(笑)。アレですよね。飲んでいる最中には「酔っている」となかなか自己認識出来ないものでございますよね。いえ、オトナなんだからそろそろ私。

さて色々最近の事。
家で使っていたMACKIEのモニター、LM-3204のメインの方がぶち壊れてしまってかなり難儀。これ何より省スペースでシンセを何台も立ち上げまくっておくのに非常に便利で、二台繋げてステレオ32ch状態で愛用しているんですが。しばらく探していたら中古の出物が見つかり、やっと買い換え出来ました。良かった……。中古とは言え長年酷使しまくった&ヤニで汚れ切った今までの物より数倍は美しい状態でございます。

最近面白かった本。
『13(Jusan)/古川日出男』読了。
いや面白かった。突っ込みたい所もあるっちゃありますが、そんなのは些細な事と思わせる攻めのパワーがすごい本でした。最近の本ってさー、「もうちょっと楽に生きようよ」とか「傷嘗めあいましょ」系が多くてかなり辟易気味な私だったりもします。まあそういうのもたまにはいいんだけれど、そういった内容は始めの3ページで終わりにして後はもうちょっと実のある?事を書いてくれんだろうか……と思ってしまう事もしばしば。私は「これでもか!」と攻めてくる本が好きなんですわ。作家さんに一本背負い決められて、「参った!」と諸手を上げてしまう本。これもそういった本でした。

『遠い山なみの光/カズオ・イシグロ』
素晴らしい。
「日の名残り」でいいなーと思い、カズオ・イシグロさんの本を数冊買い込んでいたんですが、最近やっとこれを読みました。
さらっと読める薄さの中に、生きるという事の重さと軽さがくっきりと刻まれた本。なんと言っても会話文が見事。こういう風に、ヒトとヒトはコミュニケーションを試み、そしてすれ違うんだよなあ、と。直接書こうとすれば数ページ使っても表現しきれないだろう感情を、たった二言三言の会話の行間に滲ませる事が出来る。それが、ヒトが口から発する「言葉」の重さなんだよなあと。だからこそ、敢えて「小説」の中で「会話文」を使うというその意味。
続けて読んだこの方の探偵モノは個人的にはかなり受け付けがたかった……のであまりオススメしませんが、これは。いい本読みました。

他はあまりヒットありませんでした。お気に入り本に当たるのは案外難しいものでございます。

そうそう、9/1に関西ローカルで放映された梶浦由記ドキュメンタリー、掲示板、メールでご感想下さった皆様、ありがとうございました。内容については本人恥ずかしいのでパスです(笑)。私にはやはり喋る、より音楽の方が向いているなあ、と少しおごった事も言ってみる。でも、スタッフの皆様本当に気持ちの良い方々ばかりで、とても楽しい経験でございました。真摯で素敵な番組を作って頂けたなあと心から嬉しく思っております。ご覧下さった皆様、ありがとうござました。地域的にご覧頂けなかった皆様も多い中、ここでコメントさせて頂きましたが、すみません。

Comments (0)

2003年9月2日(火) New Mac

OS X入りDualG4、思ったより早く本日来たのですが。
……OS X思い切り解りません(涙)。
初期設定ファイルの位置が解らなくてウロウロしてしまったり。
とりあえずネット環境だけは作ってみたものの、
暫くは時間かけてカスタマイズする暇も無さそうだし、
指銜えて画面見てるだけなのか……

そんな短い日記でした。

Comments (0)

2003年8月31日(日) ありがとうございました

0日の三宮でのトークイベント、遊びにいらして下さった皆様、ありがとうございました。
お陰様でとても楽しい一日でした。
色々お声をかけて頂いたり、美味しい物や素敵なプレゼントを頂いてしまったり。
何だか私の方が皆様におもてなしして頂いた感じです。

掲示板でも沢山のメッセージ頂けて嬉しいです!
今度はトークではなく生ライブでお邪魔したいですね。
またお会いできますよう……。

神戸はもう何年ぶり……だったにも関わらず、とんぼ返りで遊ぶ時間は全く無かったのですが一つだけ。
「ミックスジュース」
飲んできました……。

関西方面の喫茶店には、ミルクベースの「ミックスジュース」があるのだとお知り合いの方に伺ってからずっと興味を持っていたのですが。果たしてどのようなものなのか。ネクターのような味わい?でもミルクベースって?
待ち時間、喫茶店に入ったらメニューのトップに燦然と
「ミックスジュース」
あるではありませんか。
念願叶って味わう事が出来ました。
もっとあまーいベタな味わいなのかと想像していたのですが、甘さもくどくなくとてもフレッシュ。桃とミカンの缶詰、バナナがベースなのだそうで、居合わせた関西出身のお二人の間で
「ミックスジュースに入れる桃缶は黄桃だ!」「いや白桃が正しい!」と論争が……。
関西にお住まいの皆様。お家でミックスジュースを作られる時、どちらを入れます?

その他苺やパイナップル、要は何の果物を入れても良し。という事で、飲み慣れた筈のフルーツジュースにミルクが入っているだけでいやに新鮮な味わい。今度我が家でも作って飲んでみようかと思います。

Comments (0)

2003年8月25日(月) アフレコ見学

アニメーションの「アフレコ」というものを生まれて初めて見学して参りました。
今までその現場に立ち会った事がなかったんですよね。
一度見てみたいなあ、と呟いておりましたら、じゃあどうぞ、とご招待して頂き、「機動戦士ガンダムSEED」声の収録現場へ。

いやもう、色々な意味でやはりプロはすごいなあ、を実感。面白かったですね~。こうやって作品が出来上がって行くのだな、というプロセスを拝見するのはとても楽しい。
その後スタッフやキャストの皆様との飲み会にも参加。興味深くも楽しい一日でございました。
皆様、お仕事中にお邪魔しましてすみませんでした&有り難うございました。

最近読んでいる本:『13(Jusan)/古川日出男』
アラビアの夜の種族でハマり、この方の本は二冊目。まだ読中ですが、面白い!
頁から溢れ出で怒濤のように頭に雪崩れ込んでくる「色彩」。まさに夢中で読んでます。

それから、梶浦由記のドキュメンタリー、と言うのでしょうか。
そんな番組が9月1日(月)、深夜25:40~26:10、
毎日放送さん、関西ローカルにて放送されます。
番組タイトルは……すみません、梶浦ちょっと恥ずかしくてここに書けません(笑)。
いえ、素敵なタイトルを付けて頂いたんですが。自分の口からはとても~。
関西方面にお住まいの方しかご覧頂けないのですが、宜しければ是非。

まだ編集したものは見ていないのですが、レコーディング風景なども入るのかな? 梶浦の自宅部屋での作業風景やインタビューなど、ぽろりとピアノも弾いています。
ピアノ、何の曲弾きましょうか、と訊いたら「是非暁の車でお願いします」とスタッフさんからリクエストが。
ちょっとびっくりはしたのですが、暁の車をぽろろんと弾いて参りました。
スタッフの皆様もとてもとても素敵な方ばかりで、毎回本当に楽しい収録でございました。
自分でも見るのが怖いような恥ずかしいようなではございますが、楽しみです。……でもやっぱりちょっと恥ずかしいかもしれません(笑)。

Comments (0)

2003年8月24日(日) 最近のこと

先週今週と行われましたFICTION発売イベントへ遊びにいらして下さった皆様、ありがとうございました。「トークライブ」という形で……あまり面白い話も出来ませんで申し訳ないと思いつつ……。でもお陰様でとても楽しゅうございました。お声をかけて下さった皆様、プレゼント、差し入れ、メッセージなど下さった皆様、恐縮です……ありがとうございます。大切に使わせて(食べさせて)頂きますね!

今週は、金曜日に矢野顕子さん@ブルーノート、本日はTHE STRIPES@赤坂プリンス、と楽しいイベント続きで良い週でございました。矢野顕子さんの素晴らしさはもうここで語るまでもございません。ひたすら堪能致しました。「ああ、音楽っていいなあ」と、矢野さんのステージを見るたびに心から思う。自己表現の可能性、音楽の自由、色々な事を考えさせられつつ、でもひたすら「音楽っていいなあ」。素敵なステージでした。丁度通路横に座っていたので、最後に舞台から戻る矢野さんに握手して貰っちゃったよ!きゃ~!(ミーハー)

THE STRIPESさんとは、事務所が偶然同じという所がきっかけで、もうずっと前からのお知り合いなのです。と申しますか私初めて舞台を見た時から個人的にファンなのです。以前もライブ用に曲を提供させて頂いた事が二度ほどありますが、頼まれたというよりは「曲書くから使って!」と押し売りしたに近い(笑)。

そうそう、TRIPESライブで「open your heart」のRemixが使われていたけれど? という掲示板の書き込みを頂きましたが、これは「Remixして使いたいんだけどいい?」「いいよいいよ好きにいじって!」と当然ワタクシ了承済みのRemixでございます。

もともとタップダンスはフレッドアステアにハマった頃から好きなのですが、あんまり黒黒したのは個人的には苦手なのよ。STRIPESさんの独特な、何とも音楽的なタップ、パフォーマンスはかなりツボ、と言うより無茶苦茶カッコ良くて、ライブ行く度に惚れます。

STRIPESさんはライブも精力的にやってますが、9月に公開される北野武監督映画「座頭市」にがっつん出演&振り付けもされてます。是非ご覧あれ。

最近新しいMac、G4Dualを購入手続きしたものの、「早くて一ヶ月待ち」(長くてどれほどになるのかは未定)と言われ、ひたすら待つ日々でございます。物欲ってその場で満たしたい。欲しいと思ったら今欲しい! 今この一分一秒に欲しい! 私としてはかなりしょぼくれています。ぶー。

そんなこんなの日記でした。
最近結構面白かった本。「白の闇/ジョゼ・サラマーゴ」
終盤ちょっと個人的には微妙な所もあり、「むーん」と感じはしたものの、面白かったですよ。

Comments (0)

2003年8月13日(水) 雑談日記

犬に洋服着せるなんてどうかしてるよ。窮屈で可愛そうだし、そもそも毛皮あるじゃん。いらないでしょ? ああいうのって飼い主バカ丸出しでちょっとねー。←1ヶ月前までの私。

ウィンドーショッピング中に犬用浴衣を発見。ハナちゃん(我が家に来たばかりの犬)が着た姿を想像しクラリ。思わず速効で財布を出しそうになる。←最近の私。

かくして人間の主義主張なんて簡単に変わるものだと実感しているこの頃ですが、皆様如何お過ごしでしょうか。
毎日ベタベタとしてついに来たぜ日本の夏!金鳥の夏!といった感じですね。(東京は)

先日、千葉紗子ちゃんとスタッフさん皆様と打ち上げで飲んで来ました。何の打ち上げって、紗子ちゃんのアルバム「melody」の打ち上げです。発売になったのは今年三月、作り終えたのはもっと前、ま、どんなに遅くとも、とりあえず打ち上げやらないよりはいいだろうと思いつつやはり遅いような。アルバム完成祝いにと購入してあったささやかなプレゼントが、もう半年部屋に置きっぱなしでした。やっと渡せて良かったです……。などと言いつつ、色々お喋りに花が咲き、とても楽しい一夜でした。

最近(だけでもない)飲みになると終電を微妙に逃し、逃しちゃったものはもう微妙だろうと絶妙だろうと怖いモノなしって案配でタクシー帰宅が多くていけません。大人なんだからそろそろ。

この8月、お知り合いの方二人がほぼ同時期にイギリス・湖水地方に旅行をしていらして、全く別の方面のお知り合いなだけに不思議。いえ、無論偶然そういった事があるのは分かっているのですが、もしかして向こうですれ違ったりなさっていたら、と想像すると妙に楽しくなってしまいます。変でしょうか。

Dさん、奥様の旅行記楽しく拝読しております。ここでご紹介したくも思ったのですが、こっそり拝読しております。Tさん、旅行記楽しみにしております。……思いっきり私信で申し訳ありません。まあ日記なんて本来個人的なものなんだからいいかと。しかし個人的なモノに人様に当てたメッセージを書くというのは最大の矛盾だとも。

いいですねえ、湖水地方。行きたいなあ。人様の旅行記見ると思いきり誘われますね。秋頃またどこか行くかなあ。

お知り合いついでに、これまた知り合いの方が、今銀座松屋でこんな催しに参加してます。
本物を作る15人の職人
いい感じに涼しそうな企画でいいなあと。チヨガミックス、というテーマの作品を作っていらっしゃる方なんですけれど、この不思議感がとても好き。お近くを通りかかったら是非。

そんなこんな、話飛びまくりの雑談日記でございました。
早くリバーダンスのチケット取らねば……もう発売してるかな?

Comments (0)

2003年8月8日(金) ヘチマの筈が

毎年夏になると、我が家の外壁に知子さん(母)が葦簀(よしず)を立てかけます。直射日光を避け、夏を涼しく過ごすためにでございますね。

今年はそこに、知子さんがヘチマを這わせました。お友達から苗を貰ったとかで、ヘチマくん伸びる伸びる。あっと言う間に二階の屋根までも。葦簀にからんだ緑のヘチマの蔓が風にたなびく姿はなかなか風情がございまして、家族で喜んでおりました。「ヘチマは若い内なら食べられるそうだから、実ったら食べてみましょうね」と知子さん。

実りました。

君、ヘチマじゃないじゃん!

瓢箪でした……。
知子さんが、同じくヘチマの苗を分けて貰ったお仲間に「あれ、ヘチマじゃなかったわよね? うち瓢箪がなったわ」とメールしたら、「家のもヘチマじゃなかったわ。でもカボチャだったの……」とお返事が来たそうで。
素敵なお友達です。
ヘチマと信じての事だったのでしょうか。それとも冗談で、ヘチマと称して一つ一つ違う苗を配ったのでしょうか。

しかし「食べてみましょう」という野望が捨てられなかった知子さん。
「瓢箪だって瓜の仲間なのよ。食べて食べられない事はないと思うの」
とおっしゃり、収穫した瓢箪は無事今夜我が家の食卓に、味噌汁の具として上りました。

(味噌汁の写真ってのもあまり意味が……)
食べて食べられない事はないかもしれないけれど、でも本当に食べちゃっていいんでしょうかお母さん。と恐る恐る食してみました所、これが案外美味しい。灰汁抜きもしなかったのに癖もなく、味わいは冬瓜。薄味のあんかけや汁物にしたらかなり美味しいと思われます。

これで明日の朝まで一家三人無事でいましたら、この夏は瓢箪君が我が家の食卓を賑わせてくれる事となるのでございましょう。何せたわわに実っております。食べきれなかった分は乾かして水筒にでもしましょうか……。

(最近日記に写真が多いのは、ハナちゃんのお陰で眠っていたデジカメが常に充電状態になっているからでございます)

Comments (0)

2003年8月7日(木) プレゼント自慢

Birthday Fictionについて何か書こうかと思っていたのですが、ワタクシともかく喋り倒し、30分番組の予定をたっぷり15分over致し(……)、もうこれ以上何を喋る事があるのかというでもまだ幾らでも喋る事はあったなと思いつつもうこの辺りで止めておこうかと思います。とにもかくにも参加してくださった皆様、ありがとうございました!

でも誕生日を祝って頂けるというのは、本当に幾つになってもとても嬉しい事でございまして。そもそも8月の誕生日というのは子供時代にはかなり不利でございます。そう、夏休み。友人に誕生日プレゼントをあげても、こっちの誕生日は夏休み中なのですっかり忘れ去られ、何度シカトされて泣いた事か。
そんな訳で誕生日プレゼントというものには他人様平均の倍以上(推定)ヨロコビを感じてしまう私です。今回色々頂いたお誕生日プレゼント。自慢していいですか?いいですか?

ラジオ収録の時に千葉紗子ちゃんに頂いたティーカップ+ポットのセット。
自分一人のお部屋で飲むのに丁度いいサイズで、愛用しております。
 柄が可愛いでしょ~。

それから、いつもお世話になっている某レコード会社のお二人から頂いた、エスプレッソマシン!
 でろんぎだぜ!

我が家にコーヒーメーカーはありますが、エスプレッソマシンはありませんでした。カップにミルクを入れて、蒸気でぶしゅー、やるとあの泡立ちミルクが出来るのでございますよ! そこにエスプレッソを注ぐと、かなり美味しいカプチーノの出来上がり。「喫茶店で飲むもの」だったカプチーノが、我が家の飲みモノに。ちょっとした感動でございます。もう昨日から、朝から晩までぶしゅー!ぶしゅー!やりまくり。子供じゃないんだからと笑われる始末でございます。そんな訳で千葉ちゃんから頂いたカップでカプチーノを飲む日々。それ紅茶のカップでしょ……という突っ込みはアリですが無しです。

お花とか、シャンパンも頂きました。嬉しいなあ。我が家での私の誕生日パーティーはこれからなので、その歳にシャンパン美味しく頂こうと思っております。

そして「ハナちゃんにどうぞ」とわんこのオヤツも(笑)。
ハナちゃん大喜び。おやつにかぶりつくの図、を激写しようと思ったのですが、夢中になってがしがし食べているくせに、何故かデジカメを向けると素早くこっちを向いてポーズしてしまうハナちゃん。いつのまにそんな色気付いたんですか! 何度トライしてもダメで、激写失敗でした……。

左の下の方にあるのが頂いたおやつ。歯ブラシの形になってるの分かります?健康オヤツなのでございます。

超自慢モードの本日の日記でございましたが、昨日、一昨日、BirthdayFictionやこちらの掲示板、メールで頂いたメッセージ、一つ一つ、なにより素敵なプレゼントを頂いたと思っております。このようにして梶浦無事また一つ歳を重ねました。今年も楽しく音楽を作って行ける一年となりますように。改めて、皆様ありがとうございました。

Comments (0)

2003年8月6日(水) Birthday Fiction

ネット生番組、Birthday Fictionをご覧下さった皆様。メッセージをお寄せ下さった皆様。ありがとうございました!

掲示板、メールで、見て下さっている皆様とやり取りをしながら、の番組でしたので、なるべく沢山の方のメッセージにお答えしたいと思っていたのですが、ままならず……番組が始まってからはあまりリロードする余裕もなく、せっかくお寄せ頂いたご質問などに満足にお答え出来なかったのが心残りでございます。

Birthday Fiction掲示板は明日までという事で、先ほど帰宅してから全てのメッセージに改めてじっくり目を通させて頂きました。ご感想やご質問、沢山お寄せ頂けまして本当に嬉しく思っております。

FictionJunction掲示板でも、またメールでも、お誕生日メッセージ、FICTIONのご感想、皆様ありがとうございます。私の音楽を聴いて頂けて、こうして直接メッセージを頂けるのは本当に何よりも嬉しい事でございます。ただただ楽しいばかりで作ったアルバムでした。それがもし、聴いて下さる方にも楽しんで頂けるのでしたら……人間としてこれ以上幸福な事って滅多にあるものではございません。

以前メールしましたが、覚えてますか?(読んでないだろうなあ…)なんてメールも頂きましたが、今までこちらに頂いたメール、メッセージ、またMP3ファイルのアンケートも、全て大切に読ませて頂いておりますです。お返事が出来なくて、大変申し訳ないと思いつつ。

色々番組についてももう少し書こうと思っていたのですが、どうも柄にもなく少し緊張していたのか、今日はぱたんきゅーな感じです。また明日にでも。おやすみなさい……。
本当に楽しい誕生日を、皆様ありがとうございました!

Comments (0)

2003年8月5日(火) 花火大会とか

割とご近所で花火大会がある筈だった今日。家族+親戚で見に行こうと集まった所へ豪雨。結局翌日順延で見に行けなかったのですが、明日の夜は家にいない為諦める事に。残念です……。

と何気なくニュースを見ていたら、花火大会の準備をしていた花火師さん達が50名、増水した多摩川の中州に取り残されてしまっている様子。まだ雨は降り続いていますし、早く皆様救助されると良いのですが。

掲示板の方で、色々明日のプランニング?をして下さっている皆様、ありがとうございます。本来大家が何か仕切るべき所なんでしょうが、ご厚意に甘えてしまって申し訳なく。ログのバックアップなどは取ってありますので、どうぞご遠慮なく、というのも変ですが……まあ、あまり堅苦しいのもなんですし、皆様普段と同じように、お気楽にメッセージ頂けますと嬉しいです。

そう、明日の夜は「BirthdayFiction」なんてネット番組もやっております。
こちらにもメール、掲示板でご参加頂ける形になっておりますので、宜しければお立ち寄り下さいませ。掲示板は番組始まる一時間前から稼働ですが(番組中にお返事など書ければいいなあ……とも思っていますが、ちょっとどうなるかまだ未定です)、メールの方は確かもう承っております。詳しくはトップページからのリンクをご覧下さいませ。

先日、小学校~中学校時代の同窓会へ行って参りました。
何と申しますか、小学校、中学校時代の友人って、今更カッコ付けても既に本性はバレているというか。三つ子の魂百までと言うか。(?)いつ会っても気軽に喋れるのが不思議でございます。楽しかったなあ。

昨日お仕事の帰り。
大学生と思われる男性四名が、駅のホームのポスターを見て、「女の子が3~4人で映っているポスターって、必ずショートカットの娘が一人いるよな」から始まり、「女性はショートかロングか」について熱~く語らっておりました。実に聞き応えのある議論で、人の話を横からこっそり聞く醍醐味を満喫したと申しましょうか。何かこういう会話って、世代違ってもあまり変わらないなーとか。電車や駅での盗み聞き(……)って、かなり楽しいですよね。

飲み倒した先週が矢のように過ぎ去り、ただ今お仕事モードにココロもカラダも突入しております。飲み倒すも楽しいですが、お仕事し倒すのもまた楽し、です。
でも今日は早寝の予定……。

Comments (0)

2003年8月1日(金) ビーシャビーシャ

「ビーシャビーシャ」見てきました。
去年NYで見たものの日本公演。私が見た時のタイトルは「De La Guarda」だったんですが、その後何やら著作の関係で?名前が変わったようです。内容については昨年の6月の日記に書いてありますので、ご興味ありましたらそちらをご覧下さい。
オフィシャルも発見。http://www.tbs.co.jp/villavilla/

役者さんは若干違っていたかな。でもド迫力のパフォーマンスは相変わらずで満足でございました。場所は赤坂ACTシアター。ACTの最終出し物になるんですね。いつまでやってるんだろう。東京近郊にお住まいの方、是非ご覧あれ。見ておいて損は無いですよ。かなりお勧め。

でも、あの作品のテーマは「抑圧された(吊られた)人間の解放に向けてのあげき」だと私は勝手に思っているんですが。最も私が胸えぐられるシーンで、何故か観客からどっと笑いと拍手。パフォーマーの悲惨な叫び(と思われる)に「イェー!」とレスポンスを返し盛り上がるお客様。私の感覚がおかしいのか?そこ笑う所なのか??うーん……、本当に「パフォーマンス」の受け取り方は人それぞれなのだなと。

最近、前にもましてちょっと太………(以下略したい気分)。
誕生日放送に向けてせめて以前の体重に戻そうと決意した今週頭。なのにイタメシにしゃぶしゃぶに焼き肉と毎日食い倒し(+飲み倒し)ているのはどういう訳か。おまけに週末にも飲む予定が詰まってるのは何たることか。ダメです私ったら。ごめんねハナちゃん。と何故か犬に向かって謝ってみる今宵なのでした。

Comments (0)

2003年7月31日(木) 色々

最近のヒットメニュー:
おくらとモロヘイヤを別々にゆで、きざみ、削り節を振って混ぜる。
刻み海苔をかけて出来上がり。
醤油を垂らしてワサビを少し。
混ぜ合わせて、納豆の感覚で白いご飯と食します。
とても美味しゅう御座います。是非お試しあれ。

某ラジオ番組にゲストで呼んで頂き、「夏の五曲を選んで下さい」とのお達しが。
さて何にしようと思いCDを聴き始め、選曲はすぐ終わったにも関わらず懐かしいCDに色々ハマって気付けば朝に。とりあえずekova、garmarna、red hot chili peppers、tahiti80、Varttinaから一曲づつ選曲してみました。特にekovaは夏になると必ず聴いちゃうユニット。かなり好きです。レッチリはやっぱり夏だしね!と。アナハイム行く時にも、「初カリフォルニアだし!」と、彼等の「californication」を持って行ったミーハーです。trainとかも夏向きですかね。メロの軌跡(?)が結構好き。

しかし冬向き選曲なら100曲でもどんと来いな感じですが、夏向きの曲って案外普段聴いているものの中にございません。結局季節無視で単に好きな曲を選んだだけでは、という話はさておいて。

昔から名前を間違えられるのは慣れている私ではございますが、実は(というのも何だが)「由紀」ではなく「由記」なんです……トップページの名前を太字にしようか、昔から常に悩む所なのではございますが。有り難くもメールを下さる皆様、リンクを張って下さっている皆様、出来ましたらそこの所、どうぞ宜しくお願い致します……。まあ、色々なトコロからのリンク、様々な公式やショップのページなども含め、間違えられ率50%を越えているとも思われ、普通「由紀」ですしねえ。無理もないっちゃーないとも思いますし。そこまで気にしてる訳じゃないんですが。(何せ昔貰った某企業の内定書も『梶原由紀』だったしなあ。)

Fiction特設ページを何とか8/6に間に合わせたいと、ヒマを見てはちまちまな感じなのですが、少しは写真も載せたいと思いつつ、DVD映像から静止画を取り出すやり方が分からなくて挫折中。Mac付属のDVDプレイヤーで流し、pauseかけてスクリーンショットでパチリ、とかなり原始的な方法でトライしてみたんですが、画面真っ黒になってしまってダメでした(涙)。Macユーザーな方、映像音痴な私に何か良い方法があったら教えて頂けませんでしょうか……。

それから先日書いた「犬を妹の名前で呼ぶ我が母」にご反応頂いた皆様。ありがとうございました。案外良くある話なのですね。そんなものかなあ、と思っていたら、先日我が家を訪ねて来た甥っ子(五歳)と遊んでいたハナちゃんに「S君、ご飯だよ!」と見事甥っ子の名前で呼びかけた自分がいました。なるほど納得です。

今日のハナちゃん。
お散歩中@ゴキゲン

Comments (0)

2003年7月27日(日) EAT-MAN

漫画、「EAT-MAN」(吉富昭仁さん作)の連載が終了した、という情報を。
何でも雑誌の方では、今日が最終話の発売だったのだとか。

昔、アニメ第一作目の音楽を作らせて頂いてから、ずっとコミック作品の方の一ファンでした。
冒険屋のボルト・クランク、彼を取り巻く登場人物達、それを包み込む乾いた世界観がカッコ良くてねえ。終わってしまって残念なような、早く最終回を読みたいような、複雑な気分でございます。(単行本でしか追いかけていないので、どんな終わり方をしたのか知らないのですよ)

好きな作品が完結するのって、嬉しいのだけれど寂しい。好きな本を読み終わる時の一抹の寂しさ。まだこの世界に彷徨わせて……という。とりあえず最終話を読むのを楽しみにしておきます。

Comments (0)