2008 | FictionJunction

BLOG


2008年12月28日(日) ありがとうございました!

Yuki Kajiura Live Vol3@横浜BLITZ
無事終了致しました。
ただ、ひたすらに幸せでした。

いらして下さった皆様!
そしてスタッフの方々、
バンドメンバーズのみんな
Kalafinaのみんな、
歌姫ズのみんな、
本当にありがとうございました!

皆様のお陰で、この上なく良い一年でした。
本当に、良い事しか無い素敵な一年でした。

いや、まだ2008年終わっていませんが。
終わっては困ります。
晦日までスタジオあるし(笑)
今年もまだまだ楽しく働くぜ!

昨日のライブでは色々お知らせもあり、まとめて書きたいと思いつつ、本日はまず御礼のみで。

幸せな一夜を、本当にありがとうございました!
またお目にかかれますことを!

……多分夏頃に!

Comments (20)

2008年12月26日(金) まだまだ今年は終わらない

さて。
さてさてさて!

そう、いつの間にかクリスマスもさーっと通り過ぎ、
本年も終わりに近づいております。

そんな中、
梶浦Live DVD、Kalafinaのニューシングルも無事発売となりました。
ご感想を下さった皆様、ありがとうございました!
よくってよコールも頂き、梶浦感激でございます!

そう、ご質問も幾つか頂きましたが、空の境界六章ED曲、「fairytale」には、原作六章の冒頭にある奈須きのこさんによる文章、そのフレーズを何行か使わせて頂いております。原作を初めて拝読した時からとても好きだった文章でした。fairytaleの歌詞は、原作本編も勿論ですが、書き始めはあの文章にインスパイアされた印象が強いです。

今までの章も原作から相当色々なイメージを頂いて歌詞を書いてきた訳ではありますが、今回は引用部分も何行かに渡っていて(勿論奈須さんのご了解を得て)、そういった意味で、今回の作詞は奈須さんとの共同とさせて頂いております。奈須さん、快くお許し下さり、改めて本当にありがとうございました!

そしてDVD。
こちらもご覧下さった皆様、ご感想下さった皆様、
本当にありがとうございます。

そう、DVDには50分にも渡る、梶浦&歌姫ズのインタビューも収録されておりまして、本編以外にもインタビューに関するご感想も多く頂き、面白かったです。
頂いた中にはこんな一文も御座いました。
「よくってよ!WAKANAちゃん、鮫はもうよくってよ!!」

そう。
いよいよ明日はライブです。
皆の衆、さらんなんまらみーやーの準備はいいか!?
(なんのこっちゃ、という方はこちらをご参照下さい)

そんな、鮫好きな歌姫も、「ファイターですね」と言われた歌姫も、「アニキと呼ばれる訳が良く分かりました」と複数のご感想を頂いた歌姫も、「フェア
リーだけど体育会系!」と言われた歌姫も、そして私が連呼したせいですっかり「エロイ」が枕詞になってしまったフロントバンドメンバーズも、そしてFront Actを勤めるKalafinaも!

皆揃っ
て皆様のお越しをお待ちしております。

明日、お会いしましょう!

Comments (11)

2008年12月21日(日) 色々なお知らせ

さて。
さてさてさて。
えーと!

更新が久しぶりすぎて、
何から書いて良いか正直分かりません……ごめんねごめんね。

空の境界六章も公開になりましたね!
お近くで上映がある方、是非ご覧下さいませ。
とは言っても今回は梶浦、ちょっと時間が無くて試写を初めて見逃してしまい、まだ完全に絵が入ったものを見ていないのです。口惜しや。早く見たいなあ。いつ見られるかなあ。

勿論音楽を作っている段階で、まだ完成していない映像ヴァージョンは(セリフ完コピ出来るほど)見ているのですが。
その六章にて、今回特にお気に入りのセリフがございます。
とある女性キャラクターが言う、
「良くってよ!○○さん、良くってよ!」
というセリフなのですが。
これが見事に梶浦のツボを突き、今マイブームです。

Kalafinaの歌録をしながら、
「よくってよ!わかなちゃん、よくってよ!」
とか。
エンジニアの小岩さんがいつもながらのナイスMixをしてくれると
「よくってよ!小岩さん、よくってよ!」
そんな具合に活用中です。
よくってよ!

さてさてさて。
後はお知らせを箇条書き的に!

■ 会場限定グッズ販売のお知らせ!

『12月27日(土)横浜BLITZにて行われるライブ会場にて限定グッズ販売を行います。
前回同様Tシャツのみの販売になります。
今回は先着400枚に出演者全員の個別サイン入り色紙が付きます。
(☆Tシャツ1枚につきサイン1枚付き。アーチストは選べません)
販売は15:00より会場前にて行います。
是非ともこの機会をお見逃し無く!』

Tシャツデザイン変わっています。
ちょっと画像小さくてみにくいかもしれませんが、
DVDの表紙仕様デザイン。かなり可愛いっす!

1227kajiurat

サイズは今回レディースMがあります。
レディースM<男子S<M<Lというサイズです。
女子で普通に(?)着たい人はレディースM、
梶浦はキーボード弾くので座った時に背中ちら見えは嫌なので
多分男子Sになるかな? 男子M,Lはかなり大きめです。
そんな感じのサイズ。(手元に無いので、詳しい数字など分からなくてごめんなさい)

そう、今回もみんなで色紙にサインも致しました。
Tシャツに付いてくるのは、今度は一人一人バラバラサインです。
ちなみにフロントバンドメンバーズのサインも、少数混ざっています。
結構レアでございます。

■ お知らせその2

BIGLOBE Musicさんで、Kalafina特集が!
http://music.biglobe.ne.jp/special/0812/kalafina/index.html

■ お知らせその3

Kalafinaが、一月から
TVアニメーション「黒執事」のEDを歌う事になりました。

タイトルは「Lacrimosa」。
結構激しい曲かな。涙というよりは怒りの日という曲調かも……。
「黒執事」の原作を拝読して、
一発ドン!とその場で生まれて来た曲です。
「黒執事」、独特な世界観、テンポ感に溢れた素敵な作品なのですが、ある意味梶浦の作品へのファーストインプレッションまんまな、直感的な曲かもしれません。

そんなお知らせのみの更新ですが!
書き忘れた事ないかしら……大丈夫かしら。

そう。
いつのまにかもう21日なんですね……。
光陰矢のごとしと申しますか、早いよ!早すぎるよ!

先だ先だと思っていた、
Kalafinaのニューシングル「fairytale」の発売も、
梶浦LiveDVDの発売も間近でございます。
クリスマスイブ。

そして27日はライブ!
リハは順調です。
相変わらずフロントバンドメンバーズのグルーブはナイスすぎます。
エロすぎます。
つい数日前に、作曲家が歌姫ズに大量の追加譜面を渡したりして、
みんな笑顔が引きつっていたりした場面もありましたが、
順調だと言ったら順調なのです。(言い張ってみる)
みんなごめん!宜しく!

そしてリハと平行して色々なレコーディングが錯綜していたりして、
昨日リハをしていたと思ったら今日は貝田さんをお呼びして、
コーラス録りまくり貝田さんまみれなレコーディングもしていたりして、
何だかみんな「えーと今日は何だっけ!」と混乱気味ではありますが
順調だと言ったら順調なのです。(言い張ったもん勝ち)

とにもかくにも。
ライブ。
楽しみです。
嬉しいです。
わくわく。
どきどき。
さすがにもう曲は全て決まっています(笑)。
1曲目はあの曲だよ!
とか、
前回のように梶浦語予習バージョンとか
出してみたいのですが、あまりネタバレするのもあれなので
とりあえず皆様に
「よくってよ!」
と言って頂けるライブをお届け出来るよう、頑張ります!
明日もリハ。
嬉し楽しく行って参ります。

Comments (18)

2008年11月20日(木) そしてFictionJunctionアルバムのお知らせ

昨日に引き続き、お知らせ更新にございます。

来る2009/02/25、(ちょっと先ですけれど)
FictionJunctionのアルバムが発売される事になりました。
タイトルは、
「Everlasting Songs」
内容はと申しますと、今までFictionJunction名義の曲は、YUUKAは例外として様々なサントラ等に散らばって収録されていたりした訳ですが、
そのFictionJuncrtion名義の曲を収録し、

さらには今まで梶浦が書かせて頂き、
色々な方に歌って頂いた日本語曲。
その中でも割とワタクシやスタッフが気に入っております系の曲の中から抜粋し、
セルフカバーとして現FictionJunction参加歌姫ズのみんなに歌って貰っちゃおう。
そんなコンセプトの一枚です。
あ、新曲も収録されますよ。
どんな新曲かはまだ秘密であります。

……まだ書いてないんだろうって?
そんな事はない! そんな事はないぞ!(本当だぞ!)
はい、今回はちゃんと本当に収録されます。
以前のライブの際の新曲予告のようないい加減な事は致しません……。
(あの時は本当にごめんなさい……)

そう。
現在の梶浦ライブで活躍している歌姫ズを中心とした、ライブも伴った活動。これはまだまだ続けて行きたいなーと、予定は未定ながらも梶浦個人で勝手に思っている訳ですが、このアルバムはその第一弾という事になるのかなあ。
とりあえず、せっかく今までFictionJunctionとして歌って貰って来た曲を
一枚のアルバムに収録し、
そして手始めはセルフカバー的な所から行ってみようかな、と言う。
あくまで梶浦の中では、ですが、今までのまとめと言うよりは、
今後のFictionJunction、今後のライブ活動、の為の一枚でもあります。
歌姫ズの歌はまずここから聞けるよ、という一枚。
また、彼女たちを中心としたFictionJunctionの活動も
がしがし続けて行きたいと思っております!

今回のアルバムの参加歌姫ズは、
YUUKA, KAORI, KEIKO, WAKANA, ASUKA, YURIKO KAIDA
の皆様です。
みんな本当に素敵な歌姫さん達です。
発売はまだ先ではありますが、
皆様にお楽しみ頂ける事を祈っております。

しかしまた怒濤の年末になりそうです。
ライブもあるしね!楽しみでございます!
もうここ最近、トイレ行ってる時間以外はずっと音楽やってる感じです。
食事もMacの前。
たまにベッドに入ると必ず何かのフレーズ思いついたり、
仕事の夢見たりして飛び起きます。
かなり楽しいです。
私ってば本当に幸せです。

でもちょっと眠い……(笑)
そんなお知らせ更新でした。
お知らせのみですみません。

Comments (26)

2008年11月19日(水) Kalafina新曲、そしてライブDVDについてのお知らせ

ご無沙汰しております、梶浦です。
相変わらずブログの更新率がもうどうなの、という感じですが、
ここ暫くはもうお知らせのみ更新ばかりになってしまいそうな勢いです……。
すみません……。

そんな中、
既にご存じの方も多いとは思いますが、
Kalafinaの3rdシングルの発売が決定致しました。
2008/12/24 クリスマスイブ。
タイトルは「fairytale」、空の境界六章の主題歌になります。
しっとり、ちょっと不思議な感じのバラードでしょうか。
明るい曲か、暗い曲かと聞かれれば、
暗いです。(きっぱり)
そんな曲です。(どんなだ……)
着メロを作ろうとしたら
サビが一番地味でみんな困っちゃった。
そんな曲です。(……)

c/wは、今回は空の境界関連の曲ではなく、
新曲になります。
こちらのタイトルは「serenato」。
何と申しますか、
どこがserenatoなのか小一時間説明してみろ!
という、タイトルと曲調のギャップが
まず国籍からして違いすぎるだろう。
と突っ込み所満載な感じの曲ですが、まあ気にしない。

相変わらず、コーラスのトラックが、
他のオケのトラック数の3倍〜5倍を占めている。
二曲ともそんな曲です。
そういえばどのくらい使っているのかなあ、と試しにfairytaleで数えてみたら
コーラスでとりあえず60トラック超えでした。
でもまあ、多い方だと思いますがそこまで特別でもないかも。
普段から、特にKalafinaの曲は30〜50は当たり前かもしれません。
エンジニアの某Kさんに、
「たまにはコーラストラック一つもない曲作ってみろ!とか思いません?」
と聞いてみたら、
「いえ、もう慣れたんで別に……」
と言われました。
つまりはそんな曲です。
空の境界の六章の公開日も迫って参りました。
作品と共に、お楽しみ頂けると幸いです!

そう、
12/24と言えば。
以前お知らせした、Yuki Kajiura Live vol3のDVD。
発売日が一緒なのでございますよ。
こちらも、もうほとんど形になっておりますよ。
07/31当日のライブ、front act部分は収録されませんが、
本編の曲は全て収録されます。

そしてこちらには、新たに収録した、
私と歌姫ズ四名のインタビューなるものも収録されております。
某月某日某スタジオにてみんな一緒に収録したのですが、
一人が喋っているのを部屋の外のモニターで全員が聞いており、
そして盛大に突っ込み爆笑その他をかましまくっていた。
という何とも羞恥プレイな収録でした。
この収録もとても楽しかったです。

某歌姫が自分の好きなアレについて延々と語る、
そんなサービス映像(??)があるとか無いとか。
あるとか無いとかはまだ秘密です。

そんなお知らせモードのブログでございました。
また近い内に、またまた別のお知らせブログが書けるかと思います!

Comments (10)

2008年10月15日(水) ライブDVD発売、そしてLive #Vol3のお知らせ

さて。
やっとお知らせ出来る日がやって参りました。
皆様にご参加頂き、私もとても楽しませて頂きました今年のライブ。
その内、2008/07/31渋谷O-EASTで行われた『Yuki Kajiura LIVE Vol.#2』の
模様を収録したDVDの発売が決定致しました。
以下詳細でございます。

【タイトル】:Yuki Kajiura LIVE 2008.07.31
【発売日】: 2008年12月24日
【品番】:VTBL−2
【税込価格】:6,090円
【レーベル】:flyingDOG
【発売元】:JVCエンタテインメント株式会社
【販売元】:ビクターエンタテインメント株式会社

※尚、DVDはライブ本編のみで、Opening Actの映像は収録されません。

まだ正式でない映像は勿論私ももう見ておりますが、
見ているとライブの楽しさが蘇って来てたまりません。
ああ、またやりたいなやりたいな、
と、ことあるごとに呪いのように呟き続けた結果、
やることになりました!(呟いてみるものです)

今年はライブの年にしますと宣言しておりました通り、
もう一本やります。年末に。

2008/12/27(土) 開場17:00 開演18:00 at 横浜BLITZ
Yuki Kajiura LIVE Vol.#3 〜1st DVD発売スペシャルLIVE〜

詳しい情報は、(長くなりますので)
[公式] のライブページに載せましたので、
どうぞそちらをご覧下さいませ。
10/25先行発売開始、11/08一般発売となります。

時期的に年越しライブですね!
年末、おまけに土曜!
宜しければ是非遊びにいらして下さいませ!
今度はどんな曲をやろうかなと嬉しい楽しみに頭を悩ませております。
DVD発売記念ライブですので、
DVDに収録されている曲もやりつつ、
来年からのまた新たな発展(?)もお見せ出来るようなライブになるといいな。
つまり、どうしてもやりたい今までの曲もあるし、
どうしてもやりたい新しい曲も沢山あります。
ということでございます。
今回の予測としては、日本語の曲がちょっと増える予定です。
とだけ申し上げておきますです。

年末、年忘れライブと言うことで!
梶浦の密かな野望としては、この日までお仕事死ぬほど頑張って、
そしてがっつりと打ち上げて、
潰れるまで飲んで、
私も翌日から二日酔いと共に年末休みに雪崩れ込む!
そんな事になるといいないいな!

……まあ、無理だろうと思いつつ野望は高く持つべし。

そう。
今年はライブの年にする、と勝手に宣言してみた所で
ライブは一人では出来ません。
協力してくれるスタッフ、メンバーのお陰なのは勿論のこと、
思えば4/5、初のライブを「実験的に」O-WESTでやることになり、
どんなにドギマギしておりましたことか。
サントラ中心のライブなんて、皆様いらして下さるのかしら?
そんな心配を元に始まったライブが、今回無事第三回目を迎えることが出来るのも、会場にいらして下さって、あの場で私たちと時を分け合って下さった皆様のお陰です。本当に。
さあ、本番やるぞ、とメンバーで「おーっ!」とカツ入れして、ライブ会場に出て行く時、皆様が暖かい拍手で迎えて下さるあの瞬間、涙が出るほど嬉しいんですよ。

その感動は、なるべくいい音楽で、
会場の皆様が出来るだけ楽しんで下さるように、
精一杯頑張ってお返しするしかございません。
今回もリキ入れて頑張ります。
数日早いですが、ご一緒に年越しで盛り上がりましょう!

どうぞ遊びにいらして下さいませ!

Comments (28)

2008年10月8日(水) ありがとうございました+プチカナダ日記

更新が遅くなりましたが、
10/04、アキレスと亀のミニトークショー、サイン会にお越し下さった皆様、
ありがとうございました!

差し入れなども頂いてしまい恐縮でございます……。
「またライブやって下さい!」
とメッセージを沢山頂けたのが本当に嬉しゅうございました。
勿論やりますよ。うふふ……。

そう。
カナダ日記。
もう一週間とっくに過ぎてしまいましたが
何ですか
すみません……。
ちょっと改めてがっつり書く時間がない感じ(すみません……)

なので簡単カナダ日記その第一弾。

まず、カナダへ行っていきなりナイアガラへ赴いた訳ですが
まず驚いたのが、何と申しますかナイアガラの滝って大自然の中にあるイメージだったのね。山奥に分け入ったら滝があった! 的な状況を想像していたんですが、違う。
ツアーガイドの方のご説明、
「滝と言えば山奥にあるイメージかもしれませんが、ナイアガラの滝は断層のズレによって生じた滝なので、平地にいきなりどーんと滝があるんですよ」に納得。
なので滝の向こうが山ではなく地平線なんですよね。広い広い。
そしてナイアガラの滝周辺は思いっきり町でした。カジノなんかもある観光地。
しかしその分近距離まで近づけるので、これはこれでいいかもしれない?

そして笑ったのが、ホテル。
ツアー申し込む時に、「窓から滝の見える部屋」をお願いしてはあったんですよ。
ガイドに窓からどーんと滝が見える写真も載っていたんですが、
「まあはめ込みだろう。こんなに見える筈ないよね」とたかをくくって行った所、

Niagarah1

窓からの景色は笑っちゃうほどの絶景でした。
ナイアガラ観光へ行かれる際には、必ず「滝の見えるホテル」をご予約なされる事をお勧め致します。

などと写真を載せつつも、ナイアガラの滝はただ「ぽかん」とするしかない大きさで、あの迫力を写真に納めるのは素人な私には無理じゃな、と現地にいた時から諦め半分でした。なのでちゃんとしたナイアガラの写真などは、観光サイトなどへ行かれてご覧になって下さいね。

そしてホテルの窓からは、ナイアガラの向こうに登るご来光も拝んで来ました。

Niagarah2

Niagarah4

神々しかったですわ……。

でね、滝の炊煙がすごいので、朝日を浴びると対岸の風景がまるで雲の中の空中都市のように見えるのでございます。リアルラピュタだ! 

Niagarah3

なんともすごい景色をホテルから拝んでしまったことよ。素敵でした。

滝観光は、「霧の乙女号」という船にも乗って滝の真下までも行ってみた訳ですが、これがまた結構近くまで行ってくれるもので(日本じゃ絶対あんな事しないだろうな……)カッパは貸してくれるのですが、滝の水しぶきで周囲はほぼ台風中継なみの風と吹き荒れる水。とても写真など撮れたものではありませぬ。これまた大迫力体験ですので、超おすすめでございます。

そんな簡単カナダ日記第一弾。
続編があるかどうかは限りなく不明です。

しかしそんな中、昨日はRadiohead@国際フォーラムAホールへ行ってきたぜ。
いやー良かったです。
もう痺れるしかない、という出来でした。
そんな日々。
簡単ブログにてすみません。

Comments (14)

2008年9月29日(月) 無事帰国

カナダから無事帰国致しました。
いやー楽しかった。
カナダは本当に美しい国でした!
お天気にもなかなかに恵まれて、もう最高。
ナイアガラの滝にも、少なくとも飛沫には打たれて参りました。
まだ写真など取り込んでいないので、旅行記はまた何れ。
一週間以内には。
多分。
きっと。

しかし、たかだか一週間強の旅行だった訳ですが、
日本(東京)はその間に随分涼しくなり、
新内閣が発足して新大臣ズの顔ぶれが決まったのはいいけれど既にお一人辞めていたという、何だかこちらも随分涼しいニュースが流れていたり。

今回は奇跡的に忘れ物らしい忘れ物もなく
(細かいものはあったけれどそれはさておき)、
平穏無事な旅行だったわけですが、
あの麗しき国にあと一週間滞在したら、
逆に無くして帰ってくるものがあるだろうなと思いました。

それはウェスト。
(ただでさえ近年生存の危機にさらされている私のウェストが……)
カナダはさすがフランス系の地盤が強いせいか、
食べ物は美味しゅうございました。
美味しゅうござったのはよろしいのですが、量がハンパない。
ハンパないというレベルでも既に無い。
あの量の平均レベルは、米国を超えているのでは無いだろうか。
それも、美味しくて量がハンパないからますます始末に負えません。

今回は、実は我が母知子さんのお誕生日を祝っての家族カナダ旅行だった訳で、向こうで知子さん’sバースデイをお祝いする為、地元の方に紹介して頂いたオシャレ系フランス料理屋さんを予約して行ってみたのですが、そんなオシャレ店でさえ、一人分のお肉料理に、日本で「ジャンボステーキ」と呼べるサイズのお肉が四枚どーん。付け合わせの山盛り温野菜に加え、これ二個分はあるだろうと思われるポテトがだーん。あれ、一皿で日本での四人前を軽く超えています。
「あのお店は量は少なめですけれど」って聞いて行ったんですが……。

海外行って(特に欧米圏)困るのがこれですよね。
レストランに入ってメインを人数分注文しない訳には行かないし、あまり無碍に残すのも悪いなあと頑張るんだけど、どう頑張っても半分どころか1/3も無理。「ごめんね、美味しいんだけど多すぎて!」と言い訳してお店を出るハメになる訳ですが、それでも結果かなりのカロリーオーバーに。

そんな訳で、カナダにて身に付けて参りましたモノを、この一週間で捨て去る決意を固く固める梶浦なのでありました。
今日のお昼はお蕎麦だぜ。
カナダ美味料理も堪能して帰って来た訳ですが、
やっぱり蕎麦もいいねえ!
(何より食べきれるのがいいねえ!)
と蕎麦湯を飲み干してしみじみ思う私なのでありました。

今日はとりあえずそれだけの更新。

Comments (19)

2008年9月20日(土) 取り急ぎのお知らせ

なのです!

10月4日(土)テアトル新宿において、
1回目の上映(10:50〜)終了後に
梶浦由記による舞台挨拶及び、ティーチ・インを開催致します。
当日はオリジナルサウンドトラックの即売も予定しています。
(購入者特典あり)
是非ともご来場下さいませ。
 
詳細決まり次第「アキレスと亀」オフィシャルHP他、関連HPにて随時告知致します。

(詳細追記しておきます)

【『アキレスと亀』<音楽:梶浦由記>ミニトークショー&サイン会 開催概要】
■日程/10月4日(土)
■場所/テアトル新宿 
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-20 新宿テアトルビルB1

■進行/12:49頃 1回目上映終了後、梶浦登壇~トークショー
13:10頃  トークショー終了
ロビーに移動後、サウンドトラック購入のお客様向けに、
サイン会を開催いたします。

■登  壇  者/梶浦由記

要はちょっとした短い(上映と上映の間なので)
トークショー的な事があるという事なのでございます。
宜しければ是非お越し下さいませ!
梶浦「登壇」します。

そして私は明日(正確にはもう今日)
カナダへ出発なのにまだ仕事が終わる気配すらありません。
朝までに仕事終わらせて、それから荷造りして!
そんないつも通りの私。
それできっとカナダに付いたら、
足りないものだらけなのに靴下だけ30足とか、
きっとそんないつも通りの荷物。
皆様、こんな大人にはならないで下さいね。

そう。
取り急ぎのお知らせをもっと早く更新しようと思っていたんですが。
気づいたら11時回っていました。
放映は地方によっても異なりますが、東京では本日(正確には昨日)、
梶浦、「たけしの誰でもピカソ」にちょこっとゲスト出演
……させて頂いたんです。
お知らせ遅!
放映終わってる!
決してわざとではありません。本当です。本当なんです。
ごめんなさい……。

それから書くべきことは何かあったかしら!
明日から一週間強、日本離れます。
パソコン持って行かないのでメールもwebもチェック出来ませぬ。
そんな訳で行ってきます。
多分行ってきます。
朝までに仕事が終わって、台風様が私の飛行機を止めなければ!
慌ただしい更新すみませぬ!

Comments (16)

2008年9月14日(日) いつのまにか九月……

さて……。
何から書きましょうか。
はい。
ブログ強化半月間とかのたまわっていたくせに
この惨状は何かと。
はい。
申し訳御座いません……(平身低頭)

前回のブログのまま長らく放置していたので
まるでずーっと飲んだくれていたように思われてしまいそうですが、
あれからすぐお仕事モードに入り、
いつものようにあーでもないこーでもないとブツブツ独り言を言ったり、いきなり立ち上がって歌い出したり、「違うー!ダメだー!」と癇癪を起こして作りかけのファイル全クリアして翌日やたら後悔したり、そんな日々を送っていたらあっという間に何だか東京は涼しくなっておりました……言い訳にならないけど。ごめんね。

そして八月は比較的綺麗に保たれていた私の部屋も、いつも通り荒野な感じに。
おかしいなあ。
いや、これが通常なのか……。

そんな中、色々お知らせも滞っておりましたが、
北野武監督映画「アキレスと亀」のオリジナルサウンドトラックが
上映に先立って9/10、無事発売になりました。
ご感想下さった皆様、ありがとうございます!

映画本編も、9/20から公開になります。
ここで映画のご紹介をしたいのですが、何をどう書いてもネタバレになってしまいそうなのが悩み所。

笑いあり、涙あり、な物語ではあるのですが、
笑う所泣くところが、きっと人によって全然違う。
私が痛くて胸をかきむしりたくなった場面が、
他の人には笑う場面なのかもしれません。
まがりなりにも「アーティスト」を自称している人には、
きっと結構残酷な映画です。

悲しい、可笑しい、と簡単に説明出来ない様々な感情が、でも感情表現としては相当クールに、豊かな色彩と共に奏でられる、どこかしら寓話的な映画。
そんな感じでしょうか。
素敵な作品なんですよ。是非ご覧下さいませ。

そして。
昨日9/13日は、
北斗の拳のケンシロウとユリア「結魂式」(ケッコンシキ)に参加して参りました。
本当に豪華なゲストが満載で、とても楽しいイベントでした。出来れば客席で全部見たかったのですが、自分も出演する都合で、楽屋のテレビ越しにしか見られなかったのがとても残念。

音楽だけではなく、三代目魚武濱田成夫さんの詩の朗読や(本当に素晴らしかったです)マッスルミュージカルのメンバーさん達の出演もあり、これもまた純粋にカッコ良くて、今度絶対見に行こうと思った。

私はと言えば、そんな豪華メンバーさん達に混ざり、いつもの梶浦バンドと、歌姫三名(かおりちゃんはSound Horisonさんの本番中だったので)で、北斗の曲を2曲、ライブで披露もさせて頂きました。

そしてそして、クリスタルキングのムッシュさんがライブで歌を披露されたのですが、「愛をとりもどせ!! 」ではピアノで参加もさせて頂きました。ちょっと緊張したよ〜(笑)。

0913

写真も撮らせて頂いてしまいました!
ムッシュさんの歌は圧巻の一言でした。

音楽だけではない、様々なパフォーマンスが入り乱れたイベントだっただけに、
「心を動かす」という事について
考えさせられる事が多かった一日でもありました。

そんな最近。
まだちょっとお仕事は残っているのですが
それを無事クリアしたら(クリア出来る事を祈りつつ)
九月末の一週間、
梶浦はカナダへと旅立って参ります。
ナイアガラの滝に打たれ、心機一転出来るのでしょうか?
(心機一転する前にあの世へ旅立ってしまいそうですが)
しかし相変わらずガイドブックも何も見ず、ツアールートーも同行者に任せっきりなのでまだ何処へ行くかも知らない旅立ちなのであった!

Comments (16)

2008年8月10日(日) 夏の朝日は眩しいね

皆様こんばんは、梶浦です。
ブログ更新強化期間などと宣言しつつ、ちょっと時間がなくて数日間更新が滞ってしまいました。すみませぬ。

何故時間がなかったかと申しますと、
それは飲んでいたからです。(きっぱり)

お誕生日以前の飲みはあくまでお仕事後の飲みでしたので、飲むと言っても食事メインで一杯か二杯、というとてもライトな形だった訳ですが、この週末はお休みにしようと勝手に決めていたのもあり、私は張り切った。

張り切った結果、3日連続それぞれ違う面子と朝日を拝む結果になった訳です。さすが飲み貯めウィークです。だからブログ書く暇なかったの(……)。飲んでいない時間はほぼ寝ていた為、え、何オリンピックって始まってるの? という浮世離れした奴になってしまってもいます。

特に飲み強化週間最終日の昨日〜本日は、昨日18時から我が家で飲み始め、朝日を光速越えして解散したのがつい先ほど、あやうく明日になろうかという時刻だったという、かなりフルマラソンな会に。

というのも明け方、そろそろ寝ようか、でも何だか眠気突き抜けちゃったね、的モードの時に、メンバーの一人、非常に多趣味でアニメにも詳しいMr.Mが持ってきてくれたお勧めアニメのDVDを見始めちゃったのがいけなかったの。

「超時空世紀オーガス02」というアニメーションだったのですが、さすがアニメ奉行(?)Mr.Mのお勧め、面白いねえと言い合いつつ途中で辞められず最後まで見る。全六話だったのでそこまで時間をかけずに見終えたのですが、それで皆が興に乗ってしまい、今度は同じくMr.M持参の「アルジェント・ソーマ」という作品を見始める。

こちらは全26話だったので、さすがに全話は無理だろうと「始めの一話くらい見てみようか」的ノリで視聴開始したのですが、これがまた面白くて途中で辞められず、そのままぶっつづけで最後まで見てしまう。
それは解散が夜中にもなる筈です。

そう、人様からお勧め頂くアニメ、と言えばかつて、少し苦い記憶がございました。
昔からの知り合いで、やはりアニメ好きな某女子が、だいたいあんたはアニメの仕事をやっているくせに知らなさすぎる。色々お勧めあるから貸して上げるよとおっしゃる。丁度時間のある時期だったので、「じゃあ、人が一人も死なない、ほのぼのな、心温まるようなもので短めなものがあったら何か貸してよ」とお願いしてみました。

「任せて!」
と請け負ってくれた彼女が送ってくれたのが、
「最終兵器彼女」
という作品でした。
これが何と申しますかですね、ネタバレは避けますが(ネタバレしたい気持ちで満載ですが)、もう、私がお願いした内容とまさに真逆な感じでですね……。途中まで見ておかしいなとは思ったさ。でも確かに面白い作品でしたので、一旦見始めてしまえばもう辞められない。ハメられたと気づいた時には既に遅く、見終わった後で即電話して、確かに面白かったよ、でもひどいよ、あんまりだよ、と大人げなく泣きついたさ。
ごめんごめんと笑われて、今度は「かみちゅ」という作品を貸して貰いました。それは本当にほのぼの系で可愛かったんでいいんだけどさ。でもそれから人の「お勧め」には注意するようになったの……。
でも今回は当たりでした。Mr.M、ありがとう!

そう。
今週の飲み強化週間、企画した後から気づいたのです。(本当だよ)
この時期に「飲もうよ!」と誘うという事は、「誕生日プレゼント頂戴♪」とオネダリするに等しい所行であったという事に。
みんなごめんなさい。でも色々本当に素敵なプレゼント頂いてしまいました。
ありがとう!

ちなみにアニメ奉行Mr.Mから頂いたプレゼントがこれ。

Gundam

これがウワサのガンプラというやつですか!?
正直、私プラモデルって作ったこと無いんですが大丈夫でしょうか。
でもどうやらこれは、Mr.M曰く「ぱっちんぱっちんとはめていけば誰にでも出来るよ!」という素人にも優しいアイテムらしいので、ぼちぼち作ってみようと思います。ちょっと楽しそうでワクワクです。でもこういったプラモデルって、本当に一つ一つの部品が細かいんですね。びっくりしちゃった。(部品無くさないようにしなきゃ……)

Mr.Mからはピエール・エルメの「イスパハン」というちょー美味しいスイーツの差し入れも頂いたりしたのですよ。色々貸して貰ったり頂いたり、お骨折り頂いたMr.Mに皆から感謝の意を伝えたら、
「本日は皆それぞれのブログで俺の事を褒め称えるように」
とのお達しがありましたので褒め称えてみました。

Mr.M、そして色々美味なる差し入れ、素敵なプレゼントを下さった皆、今週のお誘いに付き合ってくれた皆様、お誘い下さった皆様、本当にありがとう!

さて夏休みもこれで終わり。
明日からはがっつりお仕事モードで頑張ります。
そんな今日のブログでした。
でもさすがに眠いので、本日はこれから爆睡します……。

Comments (17)

2008年8月6日(水) thanks for your birthday greetings!

皆様こんばんは、梶浦です。
そう、本日8/6は私のお誕生日でございました。
沢山のお誕生日おめでとうメッセージを頂き、光栄です。本当にありがとうございます!
ライブの際にお誕生日メッセージを下さった皆様も、改めて、本当にありがとうございます。

and today, I have received such a wonderful birthday present.
[http://canta-per-me.net/birthday2008/] I really really want to say thank you to Kerahna, to everyone, for your birthday greetings.   Now I have just read all of your beautiful messages……What a wonderful birthday night it was!  thank you soooo…. much!
(and Emily! thanks for your birthday message!!…I miss you too…..)

幾つになっても、お誕生日を祝って頂けるというのは本当に嬉しいことでございます……。

そう、本日は家族と共に、以前から行ってみたかったヌーベルシノワなレストランを予約して、豪華なバースデイディナーを堪能……する筈でした。

なのになのに、午後一になって何故かいきなりの胃痛。
それも相当な激痛。まさに七転八倒。
何でよりにもよって今日……それも、以前知人に聞いていたノロの症状に何だか似ている。まさかまさか。まて、まだ私の飲み強化週間は前半だぞ! 明日からの私の素敵週間を一体どうしてくれる! 神様の意地悪〜〜。

やはり最近のアルコール人生が原因なのでしょうか。
最近あまり飲んでいなかった所に、「とりあえず今年後半に向けて飲み貯めしておくか」と浅ましい根性を発揮した、これは罰なのでしょうか神様!
と涙にくれていたのですが、夜になって症状はあっけなく治まりました。
明日からはまた飲んでもいいと言うことですね神様。ありがとうございます。

家族とのお誕生日パーティーはあっけなく流れてしまいましたが、
でもそれでも皆様から頂いたメッセージのお陰で幸せな一日を過ごす事が出来ました。

そんな素敵バースデイ。
皆様に、心からの感謝をこめて。

Comments (32)

2008年8月5日(火) 夏だけはビール好きになる私

最近とても健康的な生活を送っております。
ライブ前、リハが続く時期になると、夜はリハ疲れで早めに寝てしまう為、自然早起きになってしまうんですよね。朝7ニュース余裕で見られます。その生活時間帯を今尚引きずっている感じ。

暫くは早起きして仕事前に掃除洗濯をこなし、午前9時から仕事、朝も昼も普通に食べて夜は早めに仕事ストップ、なんて梶浦としては相当異常な生活を送ってみようかと。(夏向きの曲が増えるかもしれません。)

何故ならば、現在ブログ強化半月間であると共に、
スーパー飲み強化週間でもあるからです。
早く仕事を始め、早く終わり、飲む。
飲むために働く。
人としてあるべき姿であるように感じます。

今日も今日とて知人とナイジェリア料理を食べに行き、ビア系カクテルをイエーと飲んで、夏もやっぱりいいねえ! と気勢を上げた後(と言うか飲みの中抜けで)、ぶらりと空の境界の四章を見て来たりしました。実はテアトル新宿、仕事場から徒歩圏内でとっても近いんですの。それでも二章、三章は(試写は見たけれど)映画館では見られなかったので、四章こそは、と。五章も出来れば劇場に見に行きたいなあと思っております。

ナイジェリア料理はとても美味しかったです。
タロイモの練ったものとか、バナナの練ったものにシチューをかけて、とか、
「ねちゃべと系大好き」(……)な梶浦にはたまりません。

そう、実はライブ(7/31)当日、O-EASTへ至る坂道でずるべったんと思い切りよく転び、肘や膝に青アザを幾つかこしらえていたんですよね。ライブを終えるまでは(正確には打ち上げを終えるまでは)全く気づかなかったのですが、終わって見るとなんだか体のあちこちが痛い……。そんなアザも次第に消えつつあり、ライブ後ゆっくり休んだこともあり、(おそらく毎日アルコール系液体を補填している事もあり)何だかとっても元気。

そんな訳で、まだまだ週末まで続く強化週間。
飲み体制はバッチリです。
もうどっからでもかかって来い!俺の螺旋力を見せてやるぜ!
螺旋(せかい)の果てまで!
そんな勢いです。
いや、勿論お仕事もね!本当に!

そんな健康的な生活です。素敵。

Comments (16)

2008年8月4日(月) ブログ強化半月間

昨日のブログを更新してからもsalsa novaが頭の中を去らず
「つくてーつくてーつくてー、どーみぬすでうす!」
と舞い踊っておりましたら、妹から
「それはサルサじゃない。作曲家のくせにセンスなさすぎ」
という厳しい突っ込みを入れられてしまった梶浦です。

そんなハードボイルド(?)な妹ですが、私がライブを終えて実家に帰った際には
「サランナンマーラミーヤーイーランナマイヤ♪」
と振り付きで踊りながら迎えてくれたりする。
そんなお茶目さんでもあります。

でもたまに
「あ、今頭の中がいきなりプチコゼット曲になっちゃった。縁起悪ぅ!」
なんて失礼な事をかましてもくれます。
縁起悪そうだけど。確かに。

そういえば以前、まだ実家で仕事をしていた頃には、大音量で作曲作業をしていると、通りすがりの妹が部屋を覗き込んで
「いい曲じゃん」(にやり)
なんて励ましてくれたものでした。
そんな励ましは嬉しいのですが、
そういう事が続いた後に部屋の外を素通りされると、
「まて、今日はコメント無し? あまりイイ曲じゃアリマセンデシタカ!?」
と、貴方の一言を待っているの的に臆病な作曲家が誕生してしまうという、そんな弊害もございました。

まあ、何と申しましても私のアマチュア時代からの曲を、未発表な曲なども含めてほぼ全て把握し、ライブなどもほぼ全て皆勤。普段から梶浦由記ファン第一号を自称してくれている彼女。何か目出度い事があると必ず盛大に祝ってくれ、今回のライブ終了後にも「ライブ成功おめでとう!」とメッセージ入りのホールケーキを買ってきてくれました。CDを出す度に「いいねいいね」と褒めてくれる家族思いの彼女。今までどれほど励まされて来たか解りません。

アマチュアオケのパーカッショニストをやっているので、とあるサントラの某曲では、隣で寝ていた妹をいきなり叩き起こし、
「ねえ、ちょっとスネア叩いて」
と、当時家に置いてあった兄のドラムセットのスネアを叩かせ、思いっきりウチワーな感じで部屋録した事も。

いつも応援ありがとうマイシスター!

そう。
ここの所あまりブログを更新していなかったので、
8月前半はブログ強化半月間を(半月だけですか……)目指したく思っております。
でもネタが無いんだよね、と呟いたら妹に
「ネタは作るものだ!」と一喝されましたので(我が妹ながら、なんて男前……)
本日は彼女をネタにしてみました。
如何でしょうかマイシスター。
そんな、本日は思いっきり身内ネタブログでございました。

Comments (11)

2008年8月3日(日) オフっておりました

Dream

ドリポな梶浦人形、頂いてしまいました。ありがとう!!!
衣装の再現がすごいのは勿論のこと、
ちゃんと口元にホクロまであるんだよ!

ライブの際に皆様から頂いたお手紙、アンケート、
今更ですが全て拝読致しました。
色々貴重なメッセージ、ご感想、ご意見、
素敵な寄せ書きを下さった皆様も、
心のこもった差し入れを下さった皆様も、
ありがとうございます……。
そしてメール、コメントでメッセージお寄せ下さった皆様も。
改めて、本当にありがとうございました。

もう3日が過ぎたんですね……。

この3日どう過ごしていたかと申しますと。
実家へ戻って、ひたすらに
のべーーーーーっ
ぼーーーーーーっ
ぐてーーーーーっ
だらーーーーーっ
とナメクジ化し、
マッサージに行ったり
久しぶりに機材以外の買い物にも行って
洋服やら鞄やら買ってみたり
家族とイタメシ食べに行ったり
差し入れに頂いた入浴剤で1日3回もお風呂に入ってみたり
お気に入りの短編小説集を引っ張り出してランダムに読んでみたり
最近のベストお気に入りなCDを通しで聞いてトリップしたり
(それでちょっと寝落ちしたり)
本日3日夜にはAKIKO YANO & MARC RIBOT@Blue Noteへ行き
白ワインを飲みながら
やっぱり音楽っていいよね、
な一晩を堪能したり
早い話、
人間これ以上オフれないだろう、
というほどオフった3日間を過ごしておりました。
夏の暑さがますますオフ感を盛り上げてくれた感じです。
明日から無事社会復帰出来るかどうか不安なほどですが
でも頑張ろう。きっと頑張ろう。

そうそう。
色々アンケートでご感想を頂いた中で。
その中にあったこれ。
(せっかく書いて頂いたのにネタにしちゃってすみませんすみません!)

☆今日のコンサートで印象に残った曲を教えて下さい

『salsa nova』

……サルサ新星!?

すごそうな曲なのです。
何だかものすごく想像力をかき立てられます。
サルサなリズムで激しくdominus deus!
そんな想像力をパワーに、明日からも頑張るぜ!

Comments (14)

2008年8月1日(金) ありがとうございました!

Yuki Kajiura LIVE VOL#2、皆様のお陰で無事終了致しました。
本当はもっと早く御礼ブログを認めたかったのですが
つい今し方まで打ち上げておりましたので仕方がありませぬ。
外は白々と言うより既にきっぱり朝です。

三時間に及ぶスタンディングライブにお付き合い下さった皆様、
本当にありがとうございました。
皆様のお陰で
楽しかったです。その一言です。

沢山の素敵な笑顔を、拍手を、歓声を、歌声を、
本当にありがとうございました。
O-EASTはね、案外皆様のお顔が良く見えるんですよ。
後ろの方まで。
皆様が本当に楽しそうなお顔で聞いて下さっていて
何だか胸が熱くなりました。
音楽を作って、それだけでも楽しいのに、
その作った音楽をこんなに楽しそうに聞いて頂けて
私は幸福者です。

フロントバンドメンバーズのみんな、
歌姫ズのみんな、
Kalafinaのみんな、
ゲストとしてご参加下さった伊東さん
マニピュレートして下さった大平さん
今日は本当にお疲れ様でした、
私の音楽をこんなに素敵に奏でて頂けて嬉しいです!
ありがとう!
そして支えて下さったスタッフの皆様も、本当にありがとうございました!
やっぱり私は幸福者です。
前世で積んだ徳は相当のものだったのかもしれません。
その徳を今世で全て使い切っている勢いです。すまぬのう、来世の私よ。

人生という短い時間を駆け抜ける私たちはまさにsprinterという感じですが、
その短い時間の中の一夜、
哭いて叫んで消えて行くまでの狭間に
昨夜、皆様とお会いできた事を
心から嬉しく、そして光栄に思っております。

だんだんグダグダなブログになって来ましたが、酔っぱらいだから気にしない。

しかしまだ書きたい事は満載なのですが
さすがにもうダメなのです。ベッドが私をこーりんぐなのです。

そう、今日の打ち上げでね、
歌姫ズとメンバーのみんなから
一足早いお誕生日プレゼントを頂いてしまったのです。
素敵な髪留めと、それから寄せ書き。
寄せ書きですよ。
ダメなの、こういうの弱いの。
うるっと来るといかんので打ち上げの席では敢えて読まなかったのですが、
これからじっくりベッドの中で読んでしまおうと思っています。
うるっと来ちゃうかもしれませんが、酔っぱらいだから気にしない。

皆様、昨夜は本当にありがとうございました!
そしておやすみなさい!

Comments (32)

2008年7月30日(水) 明日、お待ちしております

本日最後のリハを終え
(あ、そういえば今回リハの写真を一切撮っておりませんでした……)
歌姫ズの衣装もみんな激可愛いし、
フロントバンドメンバーズのグルーブはイカしてるし、
あとは明日、いらして下さる皆様を万全の体制でお迎えする所存にございます。

何だかリハの途中、私が曲順を忘れて一瞬の空白があったけど気にしない!
明日はちゃんと覚えていますから大丈夫。
本当に大丈夫。
きっと大丈夫。

Kalafinaのニューシングル、
「sprinter/ARIA」のご感想をお寄せ下さった皆様も、
ありがとうございます!
明日、Kalafinaも皆様にお会いするのを楽しみに、力入ってます!

さて。
ここで明日の為のネタとして
呪文を一つ投下致しましょう。
ここは敢えてカタカナ表記で。

サランナンマーラミィヤーイーランナマイヤヤンナンマラマ
サラミィヤ ヤンナンマーラーマヤンナマンナヤラマラマ(×4)

サランナンマーラミィヤーイーランナマィヤヤンナンマラマ
サラミィヤ ヤンナンマーラマ サライーヤ ヤンナンマーラマ
サランナンマーラミィヤーイーランナマィヤヤンナンマーラマ
サラミィヤ ヤンナンマーラマ サライーヤ ヤンナンマーラマ

さて一体これは何の呪文でしょう。
明日いらして下さる皆様には、
ステージ上で歌姫ズ四名+一名が、
このお題目を延々と唱え続ける
そんなアナザーワールドをご体験頂けるかと思います。
初めていらして下さる皆様には
一体どんなライブだよと思われるかもしれませんが、
正真正銘そんなライブなのです。
さあ、貴方も一緒に口ずさんで
梶浦語の世界へ旅立ってみませんか?

思えば歌詞カードも含め、梶浦語を何らかの形で公に表記したのはこれが初めてですね。前回のライブの際、案外多くのリクエストを頂きましたので、ちょっと書いてみました。カタカナ表記って結構マヌケだけど気にしない。
明日までに覚えられるものなら覚えてご覧になって!

微妙に明日やる曲のネタバレになっていますがそれも気にしない。
もうどうせライブでは外せない曲になっていますしね。

 

そう。
そんな呪文を口ずさみつつ
明日は皆様のお越しをお待ち申し上げております!

ステージ上の私達も存分に楽しむつもりでございますが、
皆様にも夏の一夜、私達の音楽をお楽しみ頂けることを
願ってやみません。

明日、皆様とお会いできるのを心より楽しみにしております!

Comments (12)

2008年7月29日(火) お知らせ更新です

07/31ライブ当日、販売物についてのお知らせでございます。

『当日、17:00より会場入り口階前にて
CDおよび本公演オリジナルグッズ「FictionJunction
Tシャツ」を販売致します。
合計¥3,000以上お買い上げの先着300名様にメンバーのサイン入り色紙をプレゼント致します。
 
また、9月20日公開の映画「アキレスと亀」の前売り劇場券とゲストの伊東恵里さんのCDも販売致します。(*こちらは上記サイン色紙は付きません)

そんな訳でリハの合間に、歌姫ズと共に
「Live vol2」仕様のサインを寄ってたかって書き書き致しておりました。
某歌姫のサインにハートが付いていて何だか可愛かったので、
自分のサインも三枚だけY.KajiuraのYの字をハートにしてみました(笑)。
このハートな梶浦サインがアタリなのかハズレなのかは微妙な所かもしれないと思いつつ。

さて、明日はいよいよKalafinaの2ndシングル、「sprinter/ARIA」の発売日でございます。7/31ライブにも登場する歌姫四人の競演、宜しければ是非お聞き頂ければと思います!
短めの更新ですが、本日はこれにて。

Comments (5)

2008年7月28日(月) 夏バテするのは人だけではない

この連日の暑さでバテている方も大勢いらっしゃる事でございましょう。
我が家でも夏バテさんが出ました。
私ではなく。
我が家のMac君ズの一台が。

作業用ディスクがお亡くなりになった記憶もまだ新しい数日前、
今度は本体がいきなり立ち上がらなくなり、
「立て、立つんだジョーーーぉぉぉ!」と叫ぶも虚しく
そのまま二度と立つことなく、あっけなくお逝きになりました。
さようなら、我が愛機よ。

ハードディスクのトラブルなどには過去何度か見舞われましたが、
仕事のデータだけは恐ろしくマメにバックアップを取っている事もあって、今までそう焦る状態には陥った事はありませんでした。しかし本体が綺麗サッパリいきなりお逝きになったという経験は今回が初めて。さすがに少しばかり焦り、
そして同時に、「私ってなんてツイているんだろう」とも思った。

丁度ライブのデータも全て準備し終わり、渡さなければならない方には渡し、バックアップも取り終えた翌日。今日からはリハで、ギリギリまでデータをいじっていた前のライブよりもまだ余裕があり、「二日ばかりこっちのMacが動かなくてもまあ、そうは困らない」という、おそらく今年初の二日であっただろうその朝。
Mac君がお逝きになったのが、よりによってこのタイミングであった事に、少し感謝さえ致しました。(ごめんよMacくん)
私、前世ですごく徳を積んだ人だったのかもしれません。

とは言っても、困らないのは「二日ばかり」が限度で、そこはいつも色々Mac周りの面倒を見て頂いているスーパーお助けマンKさんに急遽お願いし、一応取ってあった一台前のMacに中身全てを移し替えて頂き、ハードディスクは全て無事であったので丁度二日で環境はほぼ復旧(Kさんありがとうございます!)。事なきを得たのであります。

Macがお逝きになった原因は、電源部にあった訳でございますが、
その大本の原因は何というか、あれです。
早い話、
ホコリ。
そう、夏バテなどではないのです。
ホコリバテ。
前世では徳を積んだかもしれませんが、
今世ではホコリを積んでいる。
そんな私の来世はちょっと可愛そうな事になるかもしれません。
いつか怯えながら
二人の未来を映しちゃう感じ。
良く分かりませんよね。すみません。
実は死ぬほど眠いのです。

リハも着々と進行中です。
相変わらずプラチナフロントバンド陣はもーしびれるぜの一言ですし、
歌姫ズの美声にはピアノを弾きつつ聞き惚れるばかりです。
……私も頑張るから!

でも死ぬほど眠いのです。
人間が夏バテ(もしくはホコリバテ)しない為に
本日はもう休む事と致します。
おやすみなさい……。

Comments (6)

2008年7月23日(水) 七月色々

皆様こんにちは。
CD収納のために天井までのつっぱり棚を使用しているんですが、
その棚を一段増やしたいなあと思い、確かどこぞに残しておいた筈の未使用棚を探してみた。捨てていたらどうしようと心配しつつだったんですがあっさり見つかる。
やれやれと棚を設置しようとした所、棚板を止める部品が見つかりません。

捨てる筈はない。
ないんだが梶浦の事であります。
何かのハズミであっさり捨ててしまった事も充分考えられる。
どこにあるかなー、
と若干投げやりな気分で捜索してみた所、
押し入れ的棚の奥に何やら不審なダンボールが。

空けてみたら、「部品」がごっそり出て来ました。
何かの家具についてきたに違いない六角レンチ各種だの、ネジ類だの、何に使用すべきか解らないスタンド各種だの、その他用途は解らないがとりあえず何らかの「部品」らしいものも含めてダンボールたっぷり一杯。おそらく過去に買った家具、電化製品、楽器の部品類が4〜5年分(もっと?)、がっちりストックされていたと思われる。さて、この部品ズの中の、一体どれが今も必要なもので、どれが既に家にないブツの部品なのだかさっぱり。

問題の棚板を止める部品は見つかりました。見つかったのはいいんだけれど、この部品ズを今後解析して整理する事を考えると、何だかますます投げやりな気分になってみた七月です。

そんな七月。
皆様にお詫びせねばならない事がございます。
そう、ますます近くなって来たライブat0731。
以前のブログで、「ライブ用の新曲作ります!」と梶浦宣言しておりました。

……各種事情で、新曲披露なくなりました。
この「事情」の内60%程度は、梶浦曲書く時間取れませんでした、もとい、書けませんでした的な、それが事情と呼べるか! という事情です。
申し訳ありません。超有言不実行、本当にごめんなさい。

今日の朝、ああ、ブログになんて書いてお詫びしようかな、と頭を悩ませつつバスに乗っていたところ、
「ありもしない事を言ってお金を巻き上げる、振り込め詐欺には充分注意しましょう」というアナウンスが聞こえ、そう、ありもしない新曲を宣言する作曲家には充分注意しましょう的にどっぷり落ち込んでいた私でございます。
本当に申し訳ありません。大反省!! 次のライブでは、必ずや新曲披露してお耳にかける所存にございます……。ごめんなさい!!!!!

そんな反省を胸に。
ライブ歌リハはもう始まっております。
歌姫ズ、七月とDream Portを経て、
みんな成長と自信をたっぷり身につけて聞き惚れます。
バンドリハは、今回ライブ前に集中してがっつりと。近日中に始まります。

お暑い中、ライブへいらして下さる皆様。
新曲はございませんが、今までにもご披露した曲、そして今回ライブでは初お目見えな曲、それからゲストに伊東恵里さんをお迎えし、opening act にはKalafinaが出演し、たっぷりおもてなしする所存でございます。どうぞご容赦の上、お楽しみ頂けますよう……!

そんな昨今。
Macの作業用ディスクがふいにお逝きになったり、
お風呂で足を洗っていたら足を挫いたり、
#あり得ないと思うかもしれませんが、足を持ち上げて洗っていたら
 スポンジのヒモに足の指をひっかけて(以下略)という事件が起きた。
 皆様足を上げて洗う際には注意しましょう。
台所の奥地で見つけたぶどうジュースを飲んでいて気づいたら賞味期限2年ぶっちぎりだったり、ライブで某曲にイントロ付けてみたらイントロだけで何故か二分半超えしたり、(それは既に一曲だと思う)そのイントロにコーラスフルで付けて、「もう曲増えないから!」と宣言していた歌姫ズに譜面送りつけて多分ヒンシュクを買っていたり、(確かに曲数は増えていないが……)

そんな七月ですが梶浦は元気です。
今年の夏も各地猛暑になりそうです。皆様もどうぞご自愛下さいませ!

Comments (14)

2008年7月13日(日) ライブも近くなりました

また随分長い事ブログをご無沙汰してしまいました。
そう、気づけばライブももう間近に迫って参りましたよ。
暫くの間「作る人」になっていたのですが、
そろそろ「ライブな人」へ移行せねば……。

そう、先日まで作っていたのは空の境界五章のBGM。
さすがに本編が長いだけあり、音楽のボリュームも過去章最高です。
中に一曲、かなり長い曲もあり、(今まで作った中で最長でした…)
再生中にMacは止まりまくるわ、トラック数は膨大になり幾らスクロールしてもファイルの端までたどり着けないわ、さてここの鐘一発の音を調整したいと思っても、どこに入っているかなかなか見つけられないわの大騒ぎ。いざトラックダウンの際には、録音中にMacが止まらぬよう皆が固唾を飲んで見守っていた、そんな曲です。

五章の内容については色々書きたい事満載なのですが控えると致しまして、
でも相変わらず本当にクオリティーが高い作品でございます。
劇場でご覧になれる方は是非。
DVD待ちの方も、ちょっと先ですが、是非ご覧になって下さいね。

そう、五章の主題歌「sprinter」も、既にKalafina公式で試聴が始まっております。
巴少年の為の曲です。
五章を読んだ時に感動した事は色々あったのですが、
その一つが巴少年の「普通」さだったんですよね。
色々な能力を持っていたり、強い個性が光っていたり、良い意味で普通ではない登場人物が多くひしめく空の境界という作品の中で、こんな、人としての弱さも強さも「普通」な少年が章の主役を張ってしまうなんて、それも五章というとても大事な章で。
そこがまたこの章の大きな魅力だったとも思う訳です。

なので、五章の主題歌は、今までの主題歌と敢えて毛色を変えて作ってみました。
敢えて明るく。クセを強めに打ち出して来た今までの章の曲に比べ、言ってしまえば「普通」なサウンドに。
「普通」の中に潜む弱さ、強さ、哀しさや、哀しさの中に潜む力のようなもの。
そんなものを感じ取って頂ける歌になっているといいなあ……。
そんな願いを込めた「sprinter」でございます。
五章公開はまだちょっと先なので、気が早い語りではございますが(笑)。

さて、ライブ。
そう、今回ですね。
Tシャツを作ったんですよ!!!
初めての「物販」になりますでしょうか。
何だか嬉しい。
とっても素敵デザインで作って頂いたので、会場で是非ご覧になって下さいね。

ライブのチケットですが、お陰様でsold outとなりました。
ありがとうございます!
皆様の期待に応えられるようなライブにしたいと頑張っております。

……今回、opening actにKalafinaが出演するという事もあり、
スタンディングにしては長時間となる事が予想されます……いや、なります。
なので是非、スニーカーなど足が楽な靴を履いて来られる事をお勧め致します……。

そんな久々更新でした。

Comments (13)

2008年6月21日(土) お知らせ更新

お知らせモード更新でございます。

まず、6/18、Sound Horizon、Revoさんとのコラボシングル「Dream Port」無事発売になりました!ご感想、ご意見お寄せ下さった皆様、どうもありがとうございました。
ライブ、Dream Portが終わって早くも一月が経つのですね。早くもと言いつつ、何だか自分の中では随分前のことのようにも感じております……。
でも皆様のお陰で、改めて、本当に楽しい想い出しか無いライブです。
またあんな機会があるといいなあと思いつつ。
そんな楽しい想い出が全て詰まったこの一枚、皆様にも、楽しんでお聞き頂けることを、そして同梱DVDのライブ映像もお楽しみ頂けることを、祈っております。

そして、7/31には Yuki Kajiura Live vol2が待ちかまえております。
6/14に、正式に前売り開始致しました。
宜しければ是非いらして下さいね!
詳細は [FictionJunction.com] にてご覧下さい。

あと、最近のお仕事のご報告を一つ。
今秋、9/20より公開予定の映画、北野武監督作品、
[アキレスと亀]の音楽を担当させて頂きました。
公開はまだ少し先ですが、とても素敵な映画でございます。
宜しければ是非劇場に足をお運び下さいませ。

本当にお知らせばかり更新ではございますが、
色々書きたい事も貯まっているんですが!
本日はこれにて……

Comments (25)

2008年6月5日(木) Kalafinaのnewシングルのお知らせです

Kalafina2ndシングルのお知らせでございます。

「sprinter / ARIA」 (両A面シングル)

今夏公開予定の『劇場版・空の境界』第五章主題歌「sprinter」と、
現在好評公開中の第四章主題歌「ARIA」の両A面シングルになります。
それに加え「oblivious」のインストゥルメンタルが収録されます。

初回限定盤はKalafinaメンバー出演の「sprinter」ビデオクリップと、
『空の境界』アニメ映像を使用した「oblivious」ビデオクリップを収録したDVD付き。
「oblivious」ビデオクリップは
アニメ制作会社・ufotableさんの手による特別編集映像版です。

【初回生産限定盤CD+DVD】
■価格:1,575
■品番:SECL-669〜670
■発売日:2008年7月30日
■収録曲
M1 : sprinter
M2 : ARIA
M3 : oblivious-Instrumental-

■初回特典
1)DVD付き
<収録内容>
・「sprinter」ビデオクリップ
・「oblivuous」〜ufotable EDIT〜ビデオクリップ
2)「空の境界」イラスト・ワイドキャップステッカー
3)「空の境界」第四章・第五章キービジュアル・ポストカード封入

【通常盤CD】
■価格:1,223(税込)
■品番:SECL-671
■発売日:2008年7月30日
■収録曲
M1 : sprinter
M2 : ARIA
M3 : oblivious-Instrumental-

こんな具合です。
Kalafina公式のお知らせをコピペしただけだろとか言わないように!
ちょっと変えたから!

そう。
五章のED「sprinter」は、
本編お読みになった方にはモロバレでしょうが、
五章に登場する、巴少年の為の曲です。
まあ、sprinterってタイトルで、荒耶だったりアルバだったりの曲だったりしたらそれはそれで梶浦すごいと思うけど。(この辺り、未読の方には全く解らないネタで申し訳ありません)

正直、原作五章で梶浦泣きました。
恥ずかしい奴と言われても構いません。
あの日から、五章のEDは誰が何と言おうと雨が降ろうと槍が降ろうとコーヒーフロート、巴少年の曲にするのだと決めていたのでございます。

そんなニューシングル。
お手に取って頂ければ光栄です。

一つだけ予告させて頂けるとすれば、
そう、四章からKalafinaは豪華歌姫がせっかく四人揃った訳ですので。
「sprinter」は、絶対カラオケで一人では歌えない曲になっています(笑)。
四姫の声のせめぎあいを、どうぞ聞いてやって下さいませ。

7/31のライブには、Opening ACTとしてKalafinaが登場致します。
どの曲を演奏するかはまだ内緒でございますが、それは何と申しますか、せっかくシングル出るんだから、ねえ?
こちらでも、生のKalafina声をお聞き頂けると嬉しいです。

そんなお知らせでした。

どうでもいい話なんですが、
最近コンビニからカルピスの紙パックが消えたのは何故?
氷を浮かべたうっす〜〜いカルピスが、暑くなってくるととても嬉しいのに。
カルピスウォーター薄めて飲めばいいじゃん、と言われそうですが、違うんだ。何かが違うんだ。多分あの原液をとろっと注ぐのが好きなんです。
夏には復帰する事を祈っているよ。

Comments (22)

2008年6月1日(日) 入浴剤とか

サウンドトラックのお仕事をしていると、スケジュール的に
一日に四曲も五曲も書くことになる日もございます。
そんな時、曲と曲の合間のリフレッシュに一番手っ取り早く効くのがお風呂。
さぶんと貯めて、ざぶんと入って、五分で出て、さあ次!

そんな短いバスタイムをより効率的にしてくれるのが入浴剤。
どうせカラスの行水なので(笑)、効能よりは気分重視。
なので香りの良いものを取りそろえております。

中でもダントツのお気に入りがこれ。

Nkpure

nk pureの入浴剤。
本当に香りが良いのですよ。中でもユズは一番のお気に入り。
おすすめです!

今日もそんなバスタイム。

さてさて。
昨日から、実は
「See-Sawのメモリアルボックス的なものが出るんですって?情報をお願いします」
というお問い合わせを幾つもメールで頂いているんですが。

実は梶浦そんな話聞いたことさえありません。
なので、情報も何も、お答えする事が出来ないんです。ごめんなさいね。

今日もそんな短い更新なのでした。

Comments (8)

2008年6月1日(日) ライブメンバー

2008/07/31のライブメンバーを、
[FictionJunction.com]のライブ情報ページにも追加しました。

今回はこのメンバーで。

Vocal:YURIKO KAIDA/KAORI/KEIKO/WAKANA
Guest Vocal:伊東恵里
Opening ACT:Kalafina

Guitar:是永巧一
Bass:高橋“Jr”知治
Drums:佐藤強一
Violin:今野均
Manipulator:大平佳男

今回はゲストヴォーカルとして、梶浦の色々なサウンドトラックでリリカルな歌声を響かせて下さっている、伊東恵里さんにご参加頂きます。
あんな曲(未定)やこんな曲(未定)を歌って頂く予定です!(つまりまだ決めていないんだな……)

そして今回、Kalafinaがオープニングアクトとして、梶浦ステージとは別に登場します。
新メンバーも加えたKalafinaのステージもどうぞお楽しみに!

もっと書きたいこともあったんですが、ちょっと時間が無いので今回は簡単なお知らせのみ。
皆様のお越しをお待ちしております!

Comments (9)

2008年5月28日(水) Kalafina Note

空の境界、第四章。「伽藍の洞」、上映始まりました。
地域限定ではありますが、ご覧になれる方、宜しければ劇場まで足をお運び下さいませ。
[空の境界劇場版サイト]

公開初日、それも丁度9時前に、偶然テアトル新宿の前を通りかかったんですよ。通りの反対側ですけれど。実は良く通る場所だったり。
随分と人が集まって下さっていて、「楽しんでね!」と祈りをこめつつその場を後に致しました。

第四章のEDでは、Kalafinaの新曲、「ARIA」が流れております。
早速ご感想を下さった皆様、どうもありがとうございました!
今回は劇中のBGMにもARIAのアレンジバージョンを随分と取り入れており、(と言うべきなのか、劇中のサウンドがARIAに反映されたと言うべきなのか……)Wakanaが歌うARIAのコーラス部分がBGMでもがんがん流れております。

そう、それに伴い、先日、Kalafinaのサイトがリニューアルされました。
メンバー四人のプロフィールなども新たにアップされております。
やっと私の名前が出た〜、と、歌姫さん達は今頃喜んでいるかもしれません(笑)。
新曲、ARIAの一部もここで聞いて頂けます。
[Kalafina公式](開くと音が出ます、注意!)

そしてそして、Kalafina Note、なるブログも始まりました。
トップの右上から飛べます。
プロジェクトの名前もまだ決まらない内から、一緒にKalafinaを作って来てくれた某スタッフさんが、Kalafinaの色々を綴って下さっています。まだオープンしたてなのに更新回数多い!(このブログも見習わねばなりませぬ)更新お疲れ様です!

このブログの為、最近Kalafinaのレコーディングでは常にぱしゃぱしゃと映像が記録されている為、気が抜けないぜ。(抜いてるけど。相変わらずスッピンでスタジオ行ったりしてるけど。)

……まあ、デジカメなんでぱしゃぱしゃ音は出ないんですが、それはさておき。

シングル、obliviousではWakana、Keikoが中心でしたが、ARIA、そして五章のEDでは、HikaruとMayaが頑張ってくれています。勿論Wakana、Keikoも参加してます。そんなKalafinaのこれからを、Kalafina Noteでもどうぞ追いかけてやって下さいね。

そう、次のシングルはまだ先ですが、丁度今日からかな? ARIAの着メロはダウンロードして頂ける筈です。詳しくは [Kalafina公式] をご覧下さいませ。

そんな、Kalafinaなお知らせでした。

Comments (10)

2008年5月19日(月) 空の境界、第一章DVDが発売されます

5/21、梶浦がBGM、EDを担当させて頂いております、全七章の劇場版アニメーション映画「空の境界」、その第一章『俯瞰風景』のDVDが発売になります。

手前味噌になる事を承知で申し上げますが、
これ、面白いです。
原作がとても好きだったのもありますが、制作段階から関わっていても、実際完成版を試写で見たとき、ただ「すごい」と思った。
絵が凄いとか演出が、脚本が、声優さんの演技がまた素晴らしいとか、細かいことを上げればきりがないのですが、とりあえず文句なしでお勧め致します。

こちらのDVDの限定版には、第一章サウンドトラックCDも同梱されています。

このCDは、劇中BGMを曲順にずらっと収録したもの。短い効果音的な、Musicと呼んでいいのか分からない音も全て入っています。ある意味資料的な意味合いも強いかもしれませんね。空の境界のBGMは完全にシーン合わせで作っているので、数十秒の短いものも含めて、第一章は全18曲。

普段サウンドトラックを「CD」の形で別途発売する時は、曲の全てを1〜2枚のCDに収録し切れる筈もなく、数を絞ったリリースのされ方が多いですから、このように曲の全てをCDに収録して世に出すのは個人的には初めてかもしれません。今回は、あえて曲のタイトルも付けず、「作った時点のMナンバーそのままで、実際使われた順に」収録しています。たまに一つのナンバーが、M08a、M08b、のように分かれていたり、M12+13、のように二曲くっついていたり、こういった形になっているものは、たいてい(全てではないですが)作曲家が、本来打ち合わせでは一曲の筈だったものを二曲に分けたり、この二曲は繋がっていた方がいいだろう! とがっつり音楽を続けて付けてしまったり、そんな形で音の付け方が変化して行ったもの。その辺りの制作時点の葛藤(?)も垣間見て頂ける形かもしれません。

特に一章はM01に当たる「式のテーマ」メロディーが形を変えてあちらこちらに出現します。このメロディーは作品全体のメインテーマという扱いでもあるので、今後の章でも繰り返し出てくる音です。そんな曲もあったり。

空の境界のBGMは、「メロディーを出来るだけ増やさない」がコンセプト、入り組んだセリフも多いので、ともかくセリフ+絵の邪魔をしない。がっつりと音を出すのは一章にほんの数カ所、他の場面は音は引き算に注ぐ引き算で、毎章、こんなに音数の少ないサウンドトラックを作るのは初めてかも知れないなあ、という音作りです。そういった意味で、これを「全曲」という形でお届けするのはちょっと作曲家的にはドキドキでもあるのですが(笑)。でもこのDVDに付属というリリースの形は、一曲一曲がどうのと言うより作品全体を通した「音の空気感」をお伝えする、という意味でとても面白い形だなとも思っております。

そんな形で、DVDと共に、サウンドトラックCDをお届け致します。
惜しむらくは、「劇場」の音は本来5.1chでMixするもので、でもCDには5.1の音は収録出来ません。なのでどうしても、本来5.1で落とした音を2chにまとめた「ダウンミックス」という形の収録になってしまう。無論、大幅に音が変わる訳ではありませんが、でも出来れば、(その機会のお持ちになれる方は……限定で申し訳ありませんが)劇場で、もしくはDVD5.1環境などで、「本来の音」も併せてお楽しみ頂けると幸いです。

でもね、本当に面白いから。
サントラCDに興味の無い方は(笑)別に限定版じゃなくていいから是非見てね。
そして原作の方も強くお勧めしておきます!

そんな、思いっきり宣伝更新でした!

Comments (18)

2008年5月17日(土) 書き忘れ!

そうでした。ブログをヤンマニ長く書いたのに書き忘れました。

Dream Portでも、そして遅ればせながら4/5も、お手紙、差し入れなど下さった皆様、そしてアンケートで色々なご意見お寄せ下さった皆様も、本当にありがとうございました。

Dream Portでは、素敵な寄せ書きも頂いてしまいました。
イーゼルに飾れるパレット型寄せ書き、入れ物にも、チャームにまで素敵な仕掛けがあり、私もここまで細かく心を配って音楽を作らねば! と思いました。ご準備下さった方、お言葉をお寄せ下さった皆様、ありがとうございます! 宝物として、大切に取っておきますね。

音楽と人との関係性はある意味とても個人的なものだと思っております。
一人で音楽を聴いている時も、そしてみんなで一緒にライブを楽しむ時にも、その楽しい時間は共有出来ても、音楽そのものを受け取っているのはそれぞれの心の中の、実は本来誰とも分け合えない場所なのかもしれないな、とも。

だから、音楽を作っている喜びを本当の意味で実感出来るのは、実は全体で何枚売れた、とか言うマスな事よりも……いや、多くの人に聴いて頂けたら勿論それは大変に嬉しいですが(笑)、個人の方からの、「自分はこれが好きです!」というメッセージを頂けた時なんですよね。

自分が作ったものが、このメッセージを下さった貴方個人の、耳に確かに届いたのだ、という実感。それはもう、震えが来るほどの喜びでございます。
ライブやイベントで頂いたお手紙も、寄せ書きも、アンケートも、ブログに頂くコメントも、それぞれ違う貴方お一人お一人からのメッセージ、全て大切に拝読しております。お返事が書けず、頂くばかりで申し訳ありませんが、いつも素敵なお言葉をありがとうございます。

そして……差し入れて頂いた物の事を書くのはちょっとオネダリが入るようで今まで控えてはいたのですが(笑)。差し入れを下さった皆様もありがとうございます。小さなコダワリなんですが、差し入れて下さったものが身に付けられる、もしくは持ち運べるものだった場合、必ず一度はスタジオに持って行くようにしているんですよ。「ここで音楽作っているんだよ」的な(笑)。頂いた食べ物、飲み物は、時期もありますがなるべく音楽仲間と味わうようにしております。
なかなかお礼を申し上げる機会が無いのですが、
皆様のお心遣いには、また良い音楽でお答えするのが一番なんだ……!という気持ちを言い訳に、梶浦頑張ります。

そういえば、4/5(日本語封印ライブ)で頂いたアンケートには、こんなご意見が。
「日本語でおk」
……次は日本語解禁でお届けしますね(笑)。

……そうだ、もう一つ書き忘れました。
Dream PortでSound Horizonさんの「超重力」にて
ゲストジャンパー(?)として跳ばせて頂いた、その最終日。
せめて最終日くらいはもう少しレベルアップしたいと、せっかくYUUKIさんやKAORIちゃんや振り付けのうらん先生にまでリハで振り付けレッスンして頂いたのに。
何か本番すっかり忘れて、謎に満ちた感じで腕をじたばたさせただけに終わりました。
……せっかく教えて貰ったのに、結局レベルアップ果たせず、ごめんねごめんね……。

そんな追記でございました。

Comments (16)

2008年5月17日(土) ライブ色々

さて、改めて。
Dream Portにご参加下さった皆様、本当にありがとうございました。
あまり日を置かぬうちに公式覚え書き(?)を少々。
ご覧になっていない方には分かりづらい内容もあるかもしれません。申し訳ありません。

今回のライブでは、「コラボ」という事もあり、アンコールでお互いの曲をカヴァーし合う、という遊びをやってみたのですが、梶浦サイドで演らせて頂いたのが
「緋色の風車+α」
メインは緋色の風車に、終端の王と異世界の騎士、神々が愛した楽園を混ぜ混ぜした、Sound Horizonさんのシングル(ミニアルバム?)「少年は剣を・・・」収録の三曲Mixという事でお届けしたのですが、Revoさんの美味しいメロディーが詰まりすぎるほど詰まった一枚という事もあり、アレンジ作業は本当に楽しゅうございました。
ですが、二曲は分かったけど、「神々が愛した楽園」は良く分からなかった、というご意見も頂きました。
そうなの。二曲をメインに混ぜ混ぜして、さて神々……と思った所で既に7分半。これ以上長くしたら幾らアンコールとは言えほとんど犯罪だろうと思い、神々……はほんの数フレーズしか入れられなかったのです。三曲ミックスって詐欺だろうと思った方、ごめんねごめんね。

アレンジ作業をする中で、プチ遊びもしてみました。
歌詞が相当入り組んだ事になったので、こちら独自の歌詞カードも作って歌姫ズに配ったのですが、元々Revoさんの書かれるSound Horizonさんの歌詞のルビの振り方は本当に凝っていて、それをほーんのちょっとだけ真似してみたのです。
曲終わり、
「物語を口ずさむのは誰の唇」と歌う所を、
「物語を口ずさむのは《Revo》(かれ)の唇」
と、歌詞カードには書いておいたの。
サンホラさんの物語はRevoさんの唇から語られるものだよなあ、と思ったから。
歌う時には「かれ」と歌うので、当然聴く人には分からない、こちら側だけのこっそり遊びのつもりだったのですが、最終日、歌姫ズが「どうせなら今日は『Revo』って歌っちゃいましょうよ♪」と言い出したのがきっかけで、最終日だけ「Revoの唇」と歌わせて頂きました。
きっとお分かりにならなかった方も多かったとは思いますが(笑)。
そんなプチ遊び。

遊びと言えば。
Revoさんがカヴァーしてくれた梶浦曲。
何をお互いにカヴァーしましょうか、というお話になった時、Revoさんが
「nowhereとあんなに一緒だったのにをやらせて頂こうと思っています」
とおっしゃいました。
不思議な取り合わせだなあ、と思ったら、Revoさん、
「ヤンマニ一緒だったのに、という事で」(ニヤリ)
正直、腹がよじれて死ぬんじゃないかと思った。
いや、まてよ、私ここで笑っていいんだろうかと思いつつ爆笑した。
私はRevoさんをまだ分かっていなかったんだな、と思いました。
でも、タイトルはネタなのにアレンジ無茶苦茶かっこいいし(笑)。
そこがまたRevoさんだな、と思いました。

しかしお陰様で、Dream Port以来、私の周りで「ヤンマニ」がプチブームになっていますがどうしたら。
使用例:
「いやー昨日マッサージ行ったら、ヤンマニ痛かった肩がすっかり楽になってさ〜」
「ヤンマニ食べたがっていたのに、神戸牛残念だったねえ!」

おまけに、「ヤンマニ一緒だったのに」の中で、Sound Horizonさんのせっかくの国家で「Gloria〜♪ Yuki〜Kajiura〜♪」なんてリピートで歌って頂いちゃって、もう何と申しますかあまりに光栄なんですがその後出て行くのがちょっと恥ずかしかったよう(笑)。一緒に歌って下さった皆様、本当に恐縮&光栄です。ありがとうございました……!

その他、Dream Port公演中、梶浦プチやらかし事件もございました。
@横浜、笠原さんを紹介し忘れたり。
salva nosの曲終わりで、私が笠原さんをすかさず紹介し、笠原さん華麗に退場、の筈だったのですが、梶浦それをすっかり忘れ、横浜山下公園@白亜紀デートスポット、的な話をぐだぐだと繰り広げる。歌姫ズが必死に合図してくれて、やっとご紹介が叶いました。あのまま次曲行っちゃわないで本当に良かった。歌姫ズありがとう。

@横浜、ペダルを壊す事件もございました。
アンコールの緋色の風車で暴れすぎた為か、梶浦のピアノのペダル壊れる。
ペダルそのものの機能には異常が無かったからまだ良かったのですが、床に固定してあった底板が外れ、踏む度に前へ前へとペダルが逃げて行く……。しかし曲は幸い、あと砂塵の彼方へ…を残すのみ。とりあえず何事も無かったかのようにニコニコしながら、ペダルを踏み、踏む必要の無いタイミングで慌てて両足で前へぐいっと引き寄せる、を2〜3小節毎に繰り返しながら弾いた砂塵は、実は相当バトルでした。ご覧になっていて、「梶浦何じたばたしてるんだろう」とご不審に思われた方もいらしたかもしれません。すみませんペダルブレイカーだったんです。

その他、あれも書きたいこれも書きたい的な事は数限りなくあるのですが。
何せ今回大所帯でしたし、本当に皆様楽しいメンバーズだったので、公演そのものもですが、準備段階のリハ、移動、打ち上げ、それぞれ本当に楽しかったんですよね。
楽しい時間はあっという間に終わってしまいますが、でも残る物も数多い。Dream Portで、色々な方から沢山のエネルギーを頂きました。これを糧にこれからも頑張ろう!

そして。
7月には梶浦単独ライブを再び開催致します。
FictionJunction.com】の方にも、改めてライブ情報をアップ致しました。宜しければご覧下さいね。
Dream Portで皆様から頂いた色々を、
ここでも生かして行ければいいなと思っております。

7月ライブは、4/5から今まで積み重ねて来たライブの、とりあえず集大成的な形にしたいと思っております。ライブの年、一旦ここで千秋楽、的な。(その後もやりたいとは思っておりますけれどね)相変わらずサウンドトラック系中心になるとは思いますが、今度は日本語解禁でお送りしようと思っております。日本語挿入歌とか、ライブでやりたいなあと思っている曲もかなりありますし。セルフカヴァーとかも出来たらいいなあ、インストも今度は……とか色々思っておりますが、その辺はまだ未定の未定なので、まあ7月に出来なくてもそのうち。

本当はね、皆様に、ライブで聴いてみたい曲のアンケートとかも取らせて頂きたいなあと思っていたんですが、アンケートcgi準備する時間がねー!(言葉遣いが下品です)なので皆様、もし聴きたい曲おありでしたら、ご遠慮なくコメント欄にでも書いて頂けましたら光栄でございます。

ただ一つ、
7月ライブ用新曲を書こうと思っております。
今までは、「これまでに書いた曲を歌姫ズに歌って貰う為にアレンジした」曲をお届けしていたんですが、それだけではなく、初めから歌姫ズの為に書く、四人の歌声の魅力満載の、この日の為だけの新曲。
……ああ、言っちゃった……。
いや、今はまだ影も形もないんだけど。
ここで言っておけば梶浦書かざるを得なくなるだろうと思って(笑)。

折しもDream Portではそれを「コラボ」という形で実現する事が出来ましたが、でもずっとやりたいと思っていたんですよ。本当は四月から。(時間がなくて出来なかっただけで……)
ここで宣言してしまえば、今度は「時間がなかったから」という言い訳も出来ず、書かざるを得まい、私よ!
ライブの度に、歌姫ズ用の新曲を一つずつ増やして行く、とか出来たらいいな。
ただね、そんな新曲、作るのはいいのですが
アーティスト名:「ゴールデン歌姫ズ」
ではあんまりだと思うので何か考えよう。
FictionJunction 歌姫ズ?
それもどうなのか。梶浦よ。

何でしょうかこの長いブログ。
やはりまだ若干「ライブの熱醒めやらず」状態のようです。やはりライブは楽しいです。目の前にお客様がいらして、自分たちの奏でる音楽を聴いて下さる。ステージに登る度に、また次もやりたい、次はどうしよう? とやりたい事が膨らみ過ぎて困ります。アマチュアの頃は毎月のようにやっていたんですが、音楽をお仕事にしてから逆に随分ライブにはご無沙汰していたんだなあとつくづく。
願わくば7月のライブも、私達も、そしていらして下さる皆様も、音楽の楽しさを心と体一杯に味わえる、そんな一夜にしたいと夢見ております。

さて。
でもこれを書き終わったら、一旦ライブの事は忘れて、次のお仕事に取りかかろうと思います(笑)。今エネルギー満タンなので頑張れそう。
で、またこのお仕事から……次のお仕事からも、その次からも(……)エネルギーを頂いて、終わったらライブを頑張る。
梶浦は幸福者です。

今宵はこの辺りで!

Comments (7)

2008年5月16日(金) Dream Portの終幕、そしてライブのお知らせ

Dream Port 2008
全日程が終了致しました。
書きたい事は山ほどあるのですが、まず。
遊びにいらして下さった皆様。
本当にありがとうございました。心から。
皆様のお陰で私たちがどれほど幸福な時間を過ごす事が出来たか、
まさに筆舌に尽くし難いと言った感がございます。
楽しかったです!
あの場所で、同じ時間を、同じ音楽を分け合って下さって
ありがとうございました!

それから内輪にはなっちゃいますがメンバーの皆も本当にお疲れ様でした。
今回の梶浦ステージは、歌姫ズ、そしてフロントバンドメンバーの皆、一人でも欠けたら出来なかったものだと思っている。そういう意味ではステージ上にいたまさに全員が主役だったと思うの。ステージ上にはいなかったけれど、同じくメンバーの大平さん@マニュピュレーターもね!
特に渋谷で行った4/5ライブから、ライブを重ねる度に目覚ましい進歩を遂げる歌姫ズには、何と言うか私の方が、人の可能性といったものに感動を覚えるほどでございました。そして相変わらず素晴らしい歌声を聴かせてくれたYUUKAちゃん、笠原さん。みんな本当に頑張ってくれたし、自分の曲をこんな素敵な歌い手さんたちに歌って頂ける、私は世界一の幸せ者です。

そしてRevoさん、Sound Horizonさん。
今回ご一緒させて頂いて、何より楽しかったと同時に、まだまだライブ経験の浅かった私は、本当にたくさんの事を学ばせて頂きました。Revoさんやメンバーの皆さんの、ファンの方や、ライブ、音楽そのものに対する姿勢は本当に、同じステージ上にいても、心から素敵としか言いようが無く、今回のコラボを経てますますRevoさん、サンホラさんのファンになっちゃいました。
ニューアルバム絶対買う。ライブも絶対行く。
皆様、ライブ会場でお会いしたらその時は宜しくね。
もし次ライブでもやってくれたら、「超←重↓力↑ 」今度は客席で一緒に跳ねましょう!

そして最後にはなりますが、今回この大所帯を支えてくれたスタッフの皆様。
大変な事も数あったと思います。色々我が儘も申しました。
本当にお世話になりました!

そう。
本当はまだまだ書きたい事があるのです。
ライブ、隠された内輪話あれこれとか(笑)。
でも梶浦、今日は世界一のダメ人間なのです。
なんか昨日のライブが終わって、その前のお仕事も、前日の明け方、無事一段落ついていたというものあり、梶浦スイッチの全てがばっちんと音を立ててオフになっている状態のようなのです。

ステージ後の軽い打ち上げでも、たかがワイン二杯ほどで完全に終わった。
まさに、今日の私は「へんじがない、ただのしかばねのようだ」
な感じなのですよ。
現在このブログを認めるため、一時的にリレイズ稼働中。(HP1くらいで)
その1もそろそろ使い果たしそうなので、本日はこの辺りで。

ただ、一つお知らせはせねばなりますまい。
そうなのです。
次のライブのお知らせです。
今年はまさにライブの年。

Yuki Kajiura LIVE VOL#2
やります!
2008年7月31日(木)、場所はShibuya O-EASTです。
現在チケット先行予約受付中でもあります。
詳細は……またこのブログでも(明日あたり?)お知らせしたいと思いますが、とりあえず、詳しくは

[こちら]

をご覧下さい。

そんなこんな。
皆様いい夢を、本当にありがとうございました!
そして私は引き続き、本日は一日夢の中で過ごしたいと思います。
もう一度しかばねに戻って寝直します。おやすみなさい〜。

Comments (15)