Warning: Declaration of Walker_pageNavi::walk($elements, $max_depth) should be compatible with Walker::walk($elements, $max_depth, ...$args) in /home/fjunction/fictionjunction.com/public_html/FJWP/wp-content/plugins/wp-sitemanager/modules/site-structure.php on line 0
 3月, 2005 | FictionJunction

BLOG


2005年3月27日(日) お休み中

母さん、私のあの電子辞書、どうしたでせうね?
ええ、いつものように仕事中の修羅にまぎれて
ぽちっと通販のボタンで大人買いしちゃったあの電子辞書ですよ……。

そんな訳でせっかく衝動買いした電子辞書も活用出来ぬまま行って帰って来たNYではございますが、これが帰宅しても未だに見つかりません。一体何処へ行方不明になっているのか。何かと間違えて捨ててしまったのか。やはり私の部屋には「必要な物が必要な時に限って落ち込んでしまう四次元空間」が存在するのか。まだ購入してから1~2度しか起動していないというのに。

そんな事はどうでもよいのですが、帰国してから既に数日。日記も書かずに何をしていたかと申しますと、お休みを取っていました。お休みを取って何をしていたかと申しますと、前から企画していてやっと実現した、友人を招いての 「Lord of the Ring三部作ディレクターズカットDVDぶっ通しで全部見ようぜ@梶浦宅二泊三日」 ですよ。

指輪物語映画版は、第一部をテレビ放映の時に半分ほど(スタジオ作業中の合間に見たため)、第二部を三分の一ほど(確か同じく)、第三部は未見、という半端な観賞状況だったのですが、今回改めてぶっ通して見て、いやー、面白い面白いとは聞いてはいましたがあそこまで楽しめるとは。「いけーやっつけろー!」と叫ぶべき所では叫び、「レゴラスかっこいい~!」「アラゴルン素敵~!」 とあまりにも素直に反応しつつ、感動するべき所では即されるままに涙し、全く飽きる間もなく心地よく気持ちを高ぶらせたまま最後まで観賞出来た長い作品でありました。久しぶりに原作を読み返したくなったなあ。一度読み返しに入ってしまうとまた終わるまでやめられなくなりそうで、本を手にとってよいものか……。

また老いた魔法使いのガンダルフ。これが魔法使いのくせに魔法など使おうともせず、杖と剣の二刀流で思いっきり肉弾戦。先頭に立って敵の大軍隊に突っ込む突っ込む。もー何ですかあのカッコよさは。一等賞。細かな感想を書き始めるとあまりに長くなりそうなのでこの辺りにしておきますが、始めからディレクターズカットで見られて良かったなあとは思います。「劇場版では無かったシーン」も多くあったようですが、あのシーン無ければ訳分からないんじゃ?? と思った所もしばしば。

早々と本編を見終わった後も、おまけDVDでメイキングなどをぐずぐずと観賞しつつ。音響のメイキング談話で、「音響のMixには前から買ってあったスタジオを使っていたんだけどね」で溜息をつき、「片道四十五分かかってスタッフにも負担になるため、近くに新たにスタジオを作ることにしたんだ」で絶句。それがまた実に豪奢なスタジオでさー。まあメイキングを見ても、何というかあまりにも気持ちよく素敵にスケールが違いますね。音楽のメイキング話なども無茶苦茶面白く、今までDVDを買って見てもおまけDVDはトレーに入れることも無く無視して来たんですが、これからは見てみようかなあとも。

……どうでもいい話なんですが、我が家のDVDプレイヤー、トレーを空けると画面に「トレイが開いています」と出るんですが。これを見るたびに「トイレが開いています」と読んでしまうのは私だけなんでしょうか……すみません。本当にどうでもいい話で。

そんなこんな、久しぶりのお休みの開放感も相まってか。本当に楽しい二泊三日でございました。明日からは旅行の片づけや(帰って来た途端に二泊三日ツアーに突入したためまだトランクがそのまま)、放っておいた資料の整理など身辺整理もしつつ、ぼちぼちお仕事開始……へのリハビリをしようかなと、ちょっと再起動時間長めな三月末ではございます。もうすぐ新年度なんですね。花粉症をお持ちでない皆様は、花見などもお楽しみになれる良いシーズン。新学期、新入学や入社を迎える皆様はおめでとうございます。今年度もお互い楽しく頑張れますように願いつつ。(でもまだ再起動中の梶浦がお届け致しました)

Comments (0)

2005年3月22日(火) 結構不便です

梶浦@NYです。
お仕事は予定通り順調に終わったり進んだりしているのですが、
今回のミステイク。
モバイル用の小パソコン、最近調子悪かったので一度クリーンインストールしたんですが、それをすっかり忘れて持参した為、入っているはずと信じていたローミング用接続ソフトも、メールやネットの設定もすべて白紙。メールサーバーなんだっけと悩む以前に自分のIDも定かではないこの状況ではなんともはや。今日やっとLAN環境がある場所に来てこうしてネットだけは徘徊できているんですが、結局メールは帰国するまで見られないと思われます。急ぎのメール下さっている方、もしいらしたらご容赦下さいませ……。

それにしても、NYに来たら花粉症からは開放されるに違いない! となぜか勝手に思い込んでいた私ではございますが、こちらにも杉の木はある模様です。もしくは他の植物による症状なのかは分かりませんが、とりあえず花粉症続行中でプチ悲しい感じです。まあ日本に於いての惨状には遠く及ばないのが救いではありますが、何れにせよ薬を十分持参しなかったため、恐る恐るその辺りのドラッグストアで「鼻のアレルギーの薬」買ってみました。一応眠くならない、という但し書きのあるものを買ってみつつ、二三日目がさめなかったらどうしよう位の覚悟はして服用したのですが、これが案外いい感じ。症状は治まっていますし眠くなりすぎるということも無い……少なくとも気絶するほどではありませんし。

そんなこんな走り書きではありますが。

Comments (0)

2005年3月15日(火) 天敵到来

最近のこと

某月某日
朝起きてふとテレビをつけてみる。何だかワイドショーがやってました。
「さて、次に登場する恐怖のダメ夫とは!」
自分の曲が流れてました。
………うーん。

これまた某月某日、と言うか昨日ですが。
梶浦人生最大の修羅場だったと思われる本年1~3月の佳境を一旦抜け、ともかくこの中日一日は掃除洗濯だ!!と洗濯機三回回しをしつつ買い物に出たんですが。
出ました。
花粉症が。
今年の花粉はひどいぞ~と言われつつ、一昨日まではその予感さえ感じずに過ごせていたのでございます。毎年ひどく悩まされ続けて来たにもかかわらず、です。これは何故だろう。去年から玄米とか良く食べていたから、ひょっとして体質改善?  ラッキー! とたかをくくっていたのが間違いで、仕事の山を越えた途端にがーっと症状が出てくるなんて、体は何と正直なのか。いや、どちらかと言えば忙しい最中出なかったのが奇跡なのだと思うべきなのかもしれませんけれど。

そんなこんなで慌てて市販のお薬を飲んだのですが。
眠い。
それもただならぬ眠さで、もう正常な状態でいることそのものが不可能。立っていても寝る、椅子に座ろうものなら一秒持たずに寝る、寝るというかあれはもう気絶に近いです。

昨日は妹が家に来ていたのですが、座椅子に座りながら私があまりにも不可解な寝言? うわごと? をずっと呟き続けるので相当不気味だったそうです。中でも「おねーちゃん、今日はもう仕事諦めて寝ちゃった方がいいんじゃ……」と話しかけた途端私がすっくと立ち上がり、「すみません、もう一度コーラス前まで聴かせて下さい」 と無茶苦茶真剣な声で言い放ったのには何だか泣けたと言っていました。(本人全く覚えていない)

「おねえちゃん……とりあえずスタジオ終わったんでしょ? ね、とりあえず今日は寝なよ…」
とベッドに入ったのも実はあまりよく覚えていない。お陰様で昨日は良く眠れはしたのですが、あの薬はもう飲めまい。良く効いたには効いたんだけれど、花粉症に悩むか気絶するかなんてそんな究極の選択やってられっか! ということで「眠くならない」と書いてあるにゅーお薬を本日買って参りました。それでも充分すぎるほど眠くなりますが……。

有り難いことにこの週末から一週間ほど日本脱出です。その間はこの花粉症からも逃れられるのでしょうか。もーともかく外出るのがいやなので、せめて日本脱出前に髪を切りたいと思っていたのも無理そうだなあ。

眠いと言えばお仕事にいそしんでいた三月初頭、家のMacの前で何度か寝落ちしていたのですが、そんな最中夢を見ました。夢の中でお仕事しならが「眠いよう~辛いよう~」と思っているという夢。起きた瞬間、あんなに損をしたキモチになる夢ってないですね?  どうせ眠さに悩むのならその間起きて仕事してりゃー少しでも進んだものを。

そんな私の今年度(今年ではなく今年度)の目標は「ヌルく生きる」です。
なんと申しますか、自分のやりたい、だけで突っ走ってあまりに周りにご迷惑かける状況も昨年度何度かありましたし、これはもう今年はもうあまり頑張らないぞ。ヌルく行っちゃうぞ、とかなり贅沢な感じではあるんですが、そんなことを決意してみたり。

そんなこんな、今頂き物のアマリリスが本当に美しく咲いています。純白の花です。
お花はいいですね~なごむ~~。

そんな、かなり久しぶりの日記でした。

Comments (0)