9月, 2008 | FictionJunction

BLOG


2008年9月29日(月) 無事帰国

カナダから無事帰国致しました。
いやー楽しかった。
カナダは本当に美しい国でした!
お天気にもなかなかに恵まれて、もう最高。
ナイアガラの滝にも、少なくとも飛沫には打たれて参りました。
まだ写真など取り込んでいないので、旅行記はまた何れ。
一週間以内には。
多分。
きっと。

しかし、たかだか一週間強の旅行だった訳ですが、
日本(東京)はその間に随分涼しくなり、
新内閣が発足して新大臣ズの顔ぶれが決まったのはいいけれど既にお一人辞めていたという、何だかこちらも随分涼しいニュースが流れていたり。

今回は奇跡的に忘れ物らしい忘れ物もなく
(細かいものはあったけれどそれはさておき)、
平穏無事な旅行だったわけですが、
あの麗しき国にあと一週間滞在したら、
逆に無くして帰ってくるものがあるだろうなと思いました。

それはウェスト。
(ただでさえ近年生存の危機にさらされている私のウェストが……)
カナダはさすがフランス系の地盤が強いせいか、
食べ物は美味しゅうございました。
美味しゅうござったのはよろしいのですが、量がハンパない。
ハンパないというレベルでも既に無い。
あの量の平均レベルは、米国を超えているのでは無いだろうか。
それも、美味しくて量がハンパないからますます始末に負えません。

今回は、実は我が母知子さんのお誕生日を祝っての家族カナダ旅行だった訳で、向こうで知子さん’sバースデイをお祝いする為、地元の方に紹介して頂いたオシャレ系フランス料理屋さんを予約して行ってみたのですが、そんなオシャレ店でさえ、一人分のお肉料理に、日本で「ジャンボステーキ」と呼べるサイズのお肉が四枚どーん。付け合わせの山盛り温野菜に加え、これ二個分はあるだろうと思われるポテトがだーん。あれ、一皿で日本での四人前を軽く超えています。
「あのお店は量は少なめですけれど」って聞いて行ったんですが……。

海外行って(特に欧米圏)困るのがこれですよね。
レストランに入ってメインを人数分注文しない訳には行かないし、あまり無碍に残すのも悪いなあと頑張るんだけど、どう頑張っても半分どころか1/3も無理。「ごめんね、美味しいんだけど多すぎて!」と言い訳してお店を出るハメになる訳ですが、それでも結果かなりのカロリーオーバーに。

そんな訳で、カナダにて身に付けて参りましたモノを、この一週間で捨て去る決意を固く固める梶浦なのでありました。
今日のお昼はお蕎麦だぜ。
カナダ美味料理も堪能して帰って来た訳ですが、
やっぱり蕎麦もいいねえ!
(何より食べきれるのがいいねえ!)
と蕎麦湯を飲み干してしみじみ思う私なのでありました。

今日はとりあえずそれだけの更新。

Comments (19)

2008年9月20日(土) 取り急ぎのお知らせ

なのです!

10月4日(土)テアトル新宿において、
1回目の上映(10:50〜)終了後に
梶浦由記による舞台挨拶及び、ティーチ・インを開催致します。
当日はオリジナルサウンドトラックの即売も予定しています。
(購入者特典あり)
是非ともご来場下さいませ。
 
詳細決まり次第「アキレスと亀」オフィシャルHP他、関連HPにて随時告知致します。

(詳細追記しておきます)

【『アキレスと亀』<音楽:梶浦由記>ミニトークショー&サイン会 開催概要】
■日程/10月4日(土)
■場所/テアトル新宿 
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-20 新宿テアトルビルB1

■進行/12:49頃 1回目上映終了後、梶浦登壇~トークショー
13:10頃  トークショー終了
ロビーに移動後、サウンドトラック購入のお客様向けに、
サイン会を開催いたします。

■登  壇  者/梶浦由記

要はちょっとした短い(上映と上映の間なので)
トークショー的な事があるという事なのでございます。
宜しければ是非お越し下さいませ!
梶浦「登壇」します。

そして私は明日(正確にはもう今日)
カナダへ出発なのにまだ仕事が終わる気配すらありません。
朝までに仕事終わらせて、それから荷造りして!
そんないつも通りの私。
それできっとカナダに付いたら、
足りないものだらけなのに靴下だけ30足とか、
きっとそんないつも通りの荷物。
皆様、こんな大人にはならないで下さいね。

そう。
取り急ぎのお知らせをもっと早く更新しようと思っていたんですが。
気づいたら11時回っていました。
放映は地方によっても異なりますが、東京では本日(正確には昨日)、
梶浦、「たけしの誰でもピカソ」にちょこっとゲスト出演
……させて頂いたんです。
お知らせ遅!
放映終わってる!
決してわざとではありません。本当です。本当なんです。
ごめんなさい……。

それから書くべきことは何かあったかしら!
明日から一週間強、日本離れます。
パソコン持って行かないのでメールもwebもチェック出来ませぬ。
そんな訳で行ってきます。
多分行ってきます。
朝までに仕事が終わって、台風様が私の飛行機を止めなければ!
慌ただしい更新すみませぬ!

Comments (16)

2008年9月14日(日) いつのまにか九月……

さて……。
何から書きましょうか。
はい。
ブログ強化半月間とかのたまわっていたくせに
この惨状は何かと。
はい。
申し訳御座いません……(平身低頭)

前回のブログのまま長らく放置していたので
まるでずーっと飲んだくれていたように思われてしまいそうですが、
あれからすぐお仕事モードに入り、
いつものようにあーでもないこーでもないとブツブツ独り言を言ったり、いきなり立ち上がって歌い出したり、「違うー!ダメだー!」と癇癪を起こして作りかけのファイル全クリアして翌日やたら後悔したり、そんな日々を送っていたらあっという間に何だか東京は涼しくなっておりました……言い訳にならないけど。ごめんね。

そして八月は比較的綺麗に保たれていた私の部屋も、いつも通り荒野な感じに。
おかしいなあ。
いや、これが通常なのか……。

そんな中、色々お知らせも滞っておりましたが、
北野武監督映画「アキレスと亀」のオリジナルサウンドトラックが
上映に先立って9/10、無事発売になりました。
ご感想下さった皆様、ありがとうございます!

映画本編も、9/20から公開になります。
ここで映画のご紹介をしたいのですが、何をどう書いてもネタバレになってしまいそうなのが悩み所。

笑いあり、涙あり、な物語ではあるのですが、
笑う所泣くところが、きっと人によって全然違う。
私が痛くて胸をかきむしりたくなった場面が、
他の人には笑う場面なのかもしれません。
まがりなりにも「アーティスト」を自称している人には、
きっと結構残酷な映画です。

悲しい、可笑しい、と簡単に説明出来ない様々な感情が、でも感情表現としては相当クールに、豊かな色彩と共に奏でられる、どこかしら寓話的な映画。
そんな感じでしょうか。
素敵な作品なんですよ。是非ご覧下さいませ。

そして。
昨日9/13日は、
北斗の拳のケンシロウとユリア「結魂式」(ケッコンシキ)に参加して参りました。
本当に豪華なゲストが満載で、とても楽しいイベントでした。出来れば客席で全部見たかったのですが、自分も出演する都合で、楽屋のテレビ越しにしか見られなかったのがとても残念。

音楽だけではなく、三代目魚武濱田成夫さんの詩の朗読や(本当に素晴らしかったです)マッスルミュージカルのメンバーさん達の出演もあり、これもまた純粋にカッコ良くて、今度絶対見に行こうと思った。

私はと言えば、そんな豪華メンバーさん達に混ざり、いつもの梶浦バンドと、歌姫三名(かおりちゃんはSound Horisonさんの本番中だったので)で、北斗の曲を2曲、ライブで披露もさせて頂きました。

そしてそして、クリスタルキングのムッシュさんがライブで歌を披露されたのですが、「愛をとりもどせ!! 」ではピアノで参加もさせて頂きました。ちょっと緊張したよ〜(笑)。

0913

写真も撮らせて頂いてしまいました!
ムッシュさんの歌は圧巻の一言でした。

音楽だけではない、様々なパフォーマンスが入り乱れたイベントだっただけに、
「心を動かす」という事について
考えさせられる事が多かった一日でもありました。

そんな最近。
まだちょっとお仕事は残っているのですが
それを無事クリアしたら(クリア出来る事を祈りつつ)
九月末の一週間、
梶浦はカナダへと旅立って参ります。
ナイアガラの滝に打たれ、心機一転出来るのでしょうか?
(心機一転する前にあの世へ旅立ってしまいそうですが)
しかし相変わらずガイドブックも何も見ず、ツアールートーも同行者に任せっきりなのでまだ何処へ行くかも知らない旅立ちなのであった!

Comments (16)