11月, 2007 | FictionJunction

BLOG


2007年11月26日(月) 「Kalafina」始めました

全7章にて映画化中の「空の境界」
そのBGMを梶浦担当させて頂いているんですが、
その7作ED曲全てを「kalafina」(カラフィナ)というプロジェクト名で作っています。

[Kalafina公式]

新人さんやそうじゃない人や、女性ヴォーカルさん達を集めて生意気にもオーディションなんて事もやらせて頂きました。
素敵な声を聞かせて下さった皆様、ありがとう。
そんなヴォーカルさん達に、色々歌って頂こうと思っております。

映画第一章、「俯瞰風景」のEDテーマは「Oblivious」。
上記公式にて視聴出来ます。
(でもMacは無理みたいなんだよ。ごめんなさい……)
シングルとしては、第一章〜三章ED三曲まとめた形で
「Oblivious」のタイトルで2008/01/23に発売になります。

映画一章目「俯瞰風景」は新宿テアトルレイトショーにて12/01上映開始です。
東京近郊在住の方、是非見にいらしてね。
映像も無茶苦茶綺麗ですごい。見入ってしまいますが、
ED(BGMもだけど)の5.1Mixが結構良いのでございますよ。
こればっかりはCDではお届けできないのが残念でございますが、
映画館でならたっぷりご堪能頂けます。

全七作。
BGMと共に、この章にはどんな曲、空気、歌詞が合うかな……。
と頭をひねりながら曲を作って行くのもまた楽し。
そんな頭の中のアイデアを、美しい声の歌姫達と形にして行く、
Kalafina着々と現在進行形です。
どうぞ宜しくお願い致します!

あっ!
オーストラリアからは無事帰って参りました(遅!)。
向こうでの話は後日改めて。

Comments (15)

2007年11月16日(金) オーストラリア

いつも仕事中、Macでメモ帳的なものを開いて思いついた事をメモするようにしています。歌詞案だったり後で付け加えたい音だったり、その他にも「あっあの人にメールしなきゃ!」だったり、まあテンポラリーな「to doメモ」的なモノで、時々急ぐあまりに意味不明な言葉も書かれていたりする訳ですが。

意識朦朧と仕事をしていた昨日、メモの最後に書かれていた言葉が

「えびぬる」

正直これはお姉さん分からない。
海老塗る?
一体梶浦は何がしたかったのでしょうか。誰か教えて。

さて、そんな梶浦は、いきなりですがオーストラリアへ旅立ちます。
今日。これから荷造りして、成田へダッシュ大作戦です。
相変わらずとんぼ帰りなので、観光する暇は皆無、
多分コアラにもカンガルーにも会えずに帰ってきますが、
でもファーストオーストラリアなので楽しみです。
パソコン持って行きませんので、メールなど受け取れません。
その間連絡途絶えますが、お知り合いの皆様宜しくです。
まあ、「え、もう?」というタイミングで帰って参りますので
あまり問題ないとは思われますが……。

では行ってきますー。

Comments (13)

2007年11月10日(土) ひたすら燃えた

ちょっと見て下さいよ。
今日コンビニで見つけて即買いしたこれ。
バスソルトです。

Bathsolt

早速今日から一つずつ使おうと思います。
明日には仕事が出来る梶浦に、
明後日には仕事が早い梶浦に、
明明後日にはやる気バリバリな梶浦になっている予定です。
待て三日後!

さて。
プログお休みの間。
梶浦がモーレツにハマっていたものがあります。
これです。

天元突破グレンラガン!

前々からアニメに詳しい知人に「面白いから是非見ろ」と言われておりまして、ある日曜の朝ふと見てしまった。それからは日曜の朝が楽しみで仕方のない体に。ともかく熱いの。燃えるの。一話ごとに、「どうしよう熱いぜ!もーたまらん!」という燃え死に名シーンが必ず各所に存在する、ともかく魅せるドラマな作品でした。
この熱さは、子供よりオトナの方が楽しめる気がする。いいよいいよー。俺を誰だと思っていやがる!
今度仕事の時に使ってみようかな。
「時間無いけど間に合いますか?」
「俺を誰だと思っていやがる!」
仕事の遅いアンタだから心配なんだよ。
と言われるだけだと思うのでやめておきます。
いやでも本当に楽しませて頂いた作品でした。終わっちゃって寂しいよー。

普段自分が何らかの形で関わった作品は必ず録画して見てはいるのですが、やはり100%純粋な気持ちでは楽しめないんですよね。面白い!と思って見てはいても、どこかに贔屓目も愛着も入ってしまいますし。

そう言った意味で、純粋にただただ楽しみで録画して最後まで見続けたアニメーションは「蟲師」以来かなあ。あれも本当に素晴らしかったですが、蟲師はそもそも原作が大好きで、原作への愛情から見始めたというのもあり、またあれは原作の性質上綺麗に一話完結だったので、「来週が待ちきれないー!」という感覚は無かったし。

グレンラガンは、昼12時を「朝」と呼ぶ私が、日曜だけは必ず早起きしてリアルで最後まで見続けた作品でした。だって続きが待ちきれなかったんだもん。まさにこれを「ハマる」と言うのであろう。途中から見始めたのが残念だったのですが、最初の方も気になって録画していた友人に見せて貰っちゃった。ごめんね、DVDちゃんと入手するから!
とにもかくにもオトナな君に、人生クールぶったってつまらない、熱く生きたもん勝ちだと思っている私と似た貴方には特に絶賛お勧めですよ。機会があれば是非ご覧下さい。

ちなみに暫くの間「グレンガラン」だと思い込んでいたというのは秘密です。
そんな秋の「燃え」報告でした。
アニキィィィィィィ!

DVD紹介ついでに、梶浦が好きなアニメーション系映像作品を他にも幾つか。

 或る旅人の日記

Tabibito
或る旅人の日記(amazon)

風景、世界観が本当に綺麗。ひたすら癒されます。
以下のサイトでほとんど全話公開されていますので、是非見てね。

[或る旅人の日記]

DVDには上サイトで未公開の話も収録されていますよ。

 

 ユーリ・ノルシュテイン作品集

いつかノルシュテインにプロモとか作って貰えたらなー。まあ、あり得ない夢ですが……。

 

 イジィ・トルンカ作品集 Vol.5

トルンカの作品もとても好きですが、どれか一つと言われたらやはり「真夏の夜の夢」かなあ。映像がより洗練されて来る後期作品の方が好きみたい。

 

 シュヴァンクマイエルの不思議な世界

……なんかアマゾンに無いみたいなのでこちらにリンクを。

[シュヴァンクマイエルの不思議な世界]

シュヴァンクマイエルの映像センスには本当にぶったまげる。「対話の可能性」で惚れました。ただ基本結構グロいので、そこが味でもある訳ですが、あまりにグロいものはちょっと苦手。気持ち悪い系の映像が苦手な方にはお勧め出来ないです。でもこのぶっとんだ映像感覚は一度味わってみる価値はあると思いますよ。

 

 ベルヴィル・ランデヴー

ちょっと不気味だけど愛しい登場人物達、イカした音楽、いいよいいよー。TVのCMで何気に見てDVDを即買いした作品でした。海のシーンは圧巻で、飲まれたなあ。

 

 岸辺のふたり

 

 ハッピーエンドの不幸なお話 その他の短篇

「ハッピーエンドの不幸なお話」が大好き。
白黒のリズム感溢れる映像も素晴らしいですが、音の使い方も秀逸で、その「音」が消えたあとの周囲の寂しさが何の説明もなくてもリアルに伝わって来る。
他も割と佳作揃い。「小さな寄り道」もいい。

 ムーミン パペット・アニメーション

ムーミン、原作本は私の一生モノの愛読書ですが、このパペットアニメも秀逸。これも見つけた途端即買いしたDVDボックスです。岸田今日子さんが全てのキャラクターに声をあてられているのですが、そのもの寂しさもたまりません。色々アニメ化されたムーミンの中で、最も原作に近い雰囲気を漂わせているのがこれじゃないかな。

思いつくまま適当に挙げていたら結構な量になってしまいました……。
忘れているものもありそうなのでまたいずれ。

Comments (7)

2007年11月9日(金) おしらせなど

こんばんは。梶浦由記です。
コンビニから帰り、ゲットしたブツを整理しながら
「冷蔵庫行き……」と呟いていたら、
背後にいた知人が
「明治屋小雪?」

ききまちがいも色々ですね。

先日スタジオでルパン三世の話題で(何故か)盛り上がっておりました。
あの有名な「ルパンザサード!」という歌を、
エンジニアのAさんはずっと「ルパンルパ〜ン♪」だと思っていたそうな。
そして同じくBさんは、「ルパンがさぁー♪」だと思っていたそうです。
これから物語が始まるから、「ルパンがさぁ。」
だからルパンが何なんだよ!と突っ込みたくなる寸止めな歌詞ですよね。

ブログを放置していた間だのお知らせでございます……。
エル・カザドサウンドトラック第2弾が、09/21発売になりました。
それから、これから発売になるCLAMPさんのコミック、「ツバサ」の21、22,23巻初回版に、「ツバサTOKYO REVELATIONS」というアニメーションDVDが付いて参ります。豪華!
そちらのBGMと、牧野由衣さんが歌われるOP、「synchronicity」の作詞作曲編曲も担当させて頂きました。

それからそれから、ご報告が遅くなりましたが、8/8に発売になりましたえりさん(ツバサクロニクルのサントラその他でさんざんお世話になっております伊東恵里さんです)のアルバム、「LONELY WITH YOU」に一曲楽曲を書かせて頂きました。歌詞、アレンジはプロデュースをされている小椋佳さんが書いて下さいました。

明日11/10、13時台、ニッポン放送「小倉智昭ラジオサーキット」番組中でえりさんが生ライブをされるそうで、そこで梶浦が書かせて頂いた「LOVING YOU」も歌って下さるそうです。えりさんの素敵な歌声、お聞きになれる地域の方、是非ご堪能下さいませ!

12/01には、梶浦が音楽を担当させて頂いています「空の境界」アニメーション映画、七部作の第一章が新宿テアトルレイトショーにて公開になります。
奈須きのこさんの原作がまた素晴らしくて、梶浦すっかりハマってしまいました。映画の方もですが、原作も、未読の方は是非!!

それからこれも梶浦が音楽を担当させて頂いたNHKスペシャル「世界里山紀行」のDVDも11/22に発売になります。こちらも本当に素敵な番組ですので、よろしければ是非ご覧下さいませ。

ブログをオヤスミしていた間は、アバラを折ることも、とんでも買い物をする事もなく、比較的平和な日々でした。

あ、でも紅茶の缶の落下を防ごうとして左手を壁にたたきつけ、中指の爪をばきっと割り、素敵な血豆を作りました。暫くピアノを弾く時に中指使用を避けていたのですが、どうしてもついポロリとやってしまい、「うおがっっpずううえいいい」とのたうち回る日々でした。
結果的に紅茶をぶちまけていた方が被害が少なかったのは言うまでもない。
最近やっと血豆部分の爪も伸びきり、濃いマニキュアマストな生活ともおさらばです。めでたしめでたし。

そう、買ってまだ一ヶ月だったKORGのキーボードにカルピスぶちまけ事件もありました。
よりによってカルピスだぜベイベー。
普段はカルピスなんで飲まないのに。某コンビニのくじ引きで当たっちゃって貰っちゃって。なんでカルピスなんて当たるんだよ!と超絶逆恨みをしつつ、これはダメだ、絶対音が出なくなる。ドとレとミの音が出なくなる。とっても大事にしてたのにー♪壊れて出ない音があるー♪どーしよ、どーしよ♪と大いにパニクったのですが、奇跡的に音は出ています。
でも下の方の鍵盤が幾つか重いの……。
修理に出したいんだけど、、マスターに使っているのでなかなか出しにくく。
修理に出す時間が出来るまでじっと我慢の子です。

まあその他にも、何故か椅子の上に置いてあったメガネの上に座ってみたり、何故か家の鍵を家の中で紛失し外に出られなくなって家族に救出してもらったり、譜面を忘れてスタジオに行ったり、熱を出して二日ほど爆睡していたら死んだんじゃないかと思われて留守電が数十件貯まっていたり、まあ色々あるにはありましたがどれも些細な事です。
平穏な日々です。

11月に入ってようやく少し寒くなって来ましたね。(東京は)
皆様もお風邪など召さぬようご自愛下さいませ。

Comments (8)

2007年11月7日(水) ご無沙汰しました

前回のブログ更新から恐ろしいほど時が経ってしまいました。
この間ご心配下さった皆様、申し訳ございません……。
今後はもう少しマメに更新致しますのでお許し下さいませ……。

放置してあったサイトにも若干手を入れました。
リンク切れっぱなしだったbookshelfをとりあえずリンクから外しました。
それから、スパム天国になっていた掲示板を臨時に閉鎖。
メッセージ下さっていた皆様、申し訳ありません。ログは大切に保管してあります。
そのうち掲示板は他のスクリプトを探して再開したいと思っております。現在ちょっと時間がないのでもう少し先になりますが。

そんなプチお知らせで本日はリハビリ更新。
オシゴトのお知らせなど、近いうちにまた改めて。

Comments (7)