10月, 2003 | FictionJunction

BLOG


2003年10月15日(水) 強盗だそうです

夕刻、ふと付けたテレビ。
お茶を飲みながらぼんやり音だけ聞いていましたら、郵便局強盗のニュースが。物騒な今日この頃ねえ、と画面を振り返ると、そこにはどこかで見た風景が。そう、コンビニへのお散歩コース。我が家の近所も近所、徒歩三分圏内にあるヘビーユース郵便局が本日強盗に入られた模様です。犯人は無事逮捕と報道されており一安心ではありますが、こんな東京の片田舎の小さな郵便局が狙われるとは。片田舎、小さいからこそターゲットになってしまったのかもしれませんが、しみじみ物騒な事でございます。被害も怪我人も出ずに事態が収拾したようで、不幸中の幸いではありますが。

ハナちゃんご帰宅おめでとう!のメール下さった皆様、ありがとうございます。
ハナちゃんは何事も無かったかのようにいつもの場所に収まり、餌ももりもり食べて元気です。何事もない日々の幸せの縮図。

寒くなって来た昨今、お部屋に暖かい飲み物はかかせません。最近、1リットル入りのステンレス保温ポットを買って愛用中。最近の定番はですねえ……体にいいからと聞いてつい買っちまった(でも単独ではちと飲めなかった)ゴーヤ茶とショウガ茶のブレンドという、我ながらすざまじいシロモノでございます。両者を1パックずつポットに放り込んで、一日飲んでます。決して美味しいとは言えませんが飲んでいるとクセになるという味わいと申せましょうか。オツと言えばいえない事はないかもしれないけれど言えないかもしれないというこのお茶。あまりオススメしませんがご興味があればどうぞ試してご覧になって下さい。

Comments (0)

2003年10月14日(火) 帰って来ました

ハナちゃん帰って来ました!

今日朝のうちに警察に連絡しようと思っていた所、
それを待たずして朝一番に警察署からのお電話。
12日の内にもう保護されていたのですって……。

首輪に連絡先きちんと書いておいたのですが、案外首輪って見ないものなんですね。首輪にぶら下げていた監察札から、今日になって我が家の連絡先の調べがついたらしく、(連休中でお休みの部署もあったそうで)お電話が来たのでした。

今日中に引き取って欲しいとの事で慌ててペットタクシーの手配やら、引き取りの時間の打ち合わせやら、おおわらわでやっと夕刻になってハナちゃんはお家に戻って参りました。

しかし、未だに私にも家族にも全くなつこうとしないハナちゃん。……なついているのかもしれませんが、少なくともそれを態度で示そうとはしてくれないハナちゃん。迎えに行って「これ本当に貴方の家の犬?」と言われてしまったらどうしようと不安でございましたが、そこはID社会の有り難さと申しましょうか、監察札の番号とこちらの身分証明でなんなく引き取る事が出来たのでございました。

昔の物語の中にあるような裁判シーンございますよね。キマリより人情、的な。ずらっと人を並べて「どれがお前の本当の飼い主なのだ?」と犬に選ばせるようなやり方でしたら、きっとハナちゃんを連れ帰る事は出来なかったに違いない……。

迎えに行っても予想通り尻尾の一つも振ってくれない(涙)ハナちゃんとご対面して、そんな事を考えてしまった私でございました。

でも本当に帰ってきてくれて良かった。家に帰ってきたらハナちゃんはたーっと自分のスペースへ走っていって、満足げな……と見ようと思えば見えないこともない……表情で座り込みました。やはり少しは「帰ってこられて嬉しい」と思っていてくれるのかなあ。とにもかくにも、お帰り♪

Comments (0)

2003年10月13日(月) ハナちゃんが……

皆様お元気でしょうか。今日はちょっとヘタれ気味な梶浦です。

と申しますのも、我が家の飼い犬ハナちゃんが逃げてしまったんです……。
昨日の事でございました。お散歩途中の知子さん(母)の手を、引き綱がふとすり抜け、ハナちゃんはまっしぐらにとっとと走って行ってしまったそうな。

河原やいつもの散歩コースを、声を限りに呼びつつ彷徨ってもどこにも見つからず。
以前飼っていた犬も何度か逃亡した事があったのですが、しばらく待てば必ず自分で戻って来たんですよね。でもハナちゃんはやはり最近飼い始めたばかりだから……まだ我が家に馴染んでいなかったのでございましょう。玄関を開けっ放しにして餌を置いておいても、未だ帰ってくる様子はございません。

首輪も付けたままですし、連絡先も明記してあるし、どなたかが捕まえてくれればご連絡頂けると信じてはいるんですが……連休が明けたらしかるべき場所にも連絡して、あとはじっと待つしかありません。

毎朝毎晩、二階から居間に降りるとハナちゃんのゴキゲン伺いをするのがすっかり日課になっていた今日この頃。どんなに無愛想でも、いないと寂しくてなりませぬ。外で物音や犬の鳴き声がすれば(ハナちゃんはほとんど吠えなかったけど……)ハナちゃんじゃないかと出てみる。家の中で気配があればドキりとドアを開けてみる。すっかり意気消沈気味な梶浦家でございます。ハナちゃん、早く帰ってきてくれますように……。

Comments (0)

2003年10月7日(火) 臨時閉鎖致しました

掲示板、臨時閉鎖させて頂きました。
色々偉そうな事も書いた手前、このまま続行の体制で……と思っていたのですが、何より管理人である梶浦が昨今、あまりwebチェック出来る環境にございませんので、管理仕切れない状況ではかえって申し訳ないと、管理人の身勝手を申し訳なく思いつつ閉鎖させて頂く事に致しました。

ここ数日、あまり家にいなかったのもありまして、色々管理人の対処が遅れ、皆様にいらないご心配をおかけしたと反省しております。色々お気遣い下さった皆様、ありがとうございました。厚くお詫びと、御礼を。
12月頃にはまた新たなスクリプトでも探して再開したいと思っておりますが、まだ予定は立っておりません。
短い日記ですが、今日はご報告モードで。

Comments (0)

2003年10月1日(水) 「掲示板」について

最近掲示板にお返事を書けなくなってしまった情けない管理人ではございますが、
いつも皆様暖かいメッセージを頂いてありがとうございます。
朝起きて(昼だが……)メール&掲示板チェックをするのが日課な私でございます。
頂いたメッセージ、一つ一つ有り難く拝読しております。

そんな昨今。
掲示板について、板上でも、またメールでも色々ご意見を頂く事が増えて参りました。
常々色々考えつつも日記に書くのは抵抗があり……それは管理人自らが公にこういった事を書きますと、「気にして頂く必要の全くないごくごく良識的な方が一番気にしてしまい、率先して書き込みを控えられてしまう」という不文律と申しましょうか。そんな悲しい事態がネット内外を問わず、世には多く起こるからでございます……。ですが色々ご意見頂いた方々へのお返事の意味も含め、またここは私本人が「管理人」を名乗っている場所である以上、だんまりを決め込んでいるのもどうかと、敢えて書かせて頂こうかと思っております。

以下の文章は、このサイトの掲示板の固有の発言を指して書いたものではございません。私が「web上の掲示板」に関して最近思っていた事……このサイトの掲示板に限らず、を書いただけです。あまり愉快な文章でも無いことは承知しております。まずはそこを踏まえた上でお読み頂けますと幸いです。長文になりましたが、お許し下さい。

以前は、このサイトの掲示板には「注意書き」等は一切ございませんでした。
「当たり前のルール」とこちらが思っている事が自然に守られていた為、何を書く必要もなかったからでございます。それが一言、二言だんだんに増えて参りました。まだ足りないだろうか、と、正直申し上げて最近は思う事「も」ございます。
他のwebサイトをみても、掲示板に「注意書き」が増えている傾向があるようでございます。
一番大きな要素は「時代」でもあると思います。ネットへの参加がより一般的になり、若い方の参加も増え、ネットに不慣れな方には分からない事も多くあるでしょうし、また有り難くもこのサイトへ沢山の方が遊びにいらして下さるようになり、そういった状況で管理人がある程度のルールを明確にするのは義務でもありますので、当然の事ではございます。

掲示板では、なるべく自由に発言して頂きたいと思っております。「梶浦のサイトだから梶浦に関した話題しかダメ!」などと言いたくありませんし、多少の話の脱線や、面白い話題などどんどん振って頂けますと有り難いなあと思っております。沢山のご発言頂けますとそれはもう嬉しいですし! 些細な事でもお書き込み頂くのは大歓迎です。それは昔も今も変わっておりません。

ただ、ここは梶浦由記の公式サイトであり、「何でもあり」な掲示板にはしたくはありませんし、するつもりもありません。自由に書いて頂きたいとは思っておりますが、気を遣わずに書いて下さい、と申し上げたくはありません。精一杯気を遣ってお書き込み下さい、とお願いしたいです。こちらに書き込まれた文章は後まで残るものであり、他の多くの方の目に留まります。そういった不特定多数、全ての方に気を遣ってご発言頂きたいと思っております。もし「気を遣わずに」ご自由に発言したいのであれば、それはこの掲示板上ではなく、ご自分でサイトなり何なりを開設し、そちらでご発言下さい、とお願いしたいです。

私は礼を逸した態度は嫌いです。
そういった態度を取られるのも、また自分でどなたかにそういった態度を取ってしまうのも嫌でございます。
ですから「失礼な発言」とご自分で思われる事は書き込んで頂きたくないと思っております。何が失礼か、そうでないかは書き込んで下さる方ご自身のご判断する所におまかせするしかありませんが、掲示板の注意書きにも書きました通り、
「私(あるいは発言する相手)に面と向かって言えないような発言はご遠慮下さい」
これに尽きますでしょうか。
私に、あるいは発言される相手の方の顔を見て言えないようなご発言はご遠慮頂きたいと思っております。
私自身も、このサイトにいらして下さる皆様に対して礼を逸した態度は取りたくないと常日頃から心しております。私の発言の多くはこの日記になりますので、なるべく「気を遣って」書いているつもりではあります。失礼の段がありましたら、配慮が足りずに申し訳ありませんとお許しを請うしかございませんが……。

webというのは、不特定多数の、互いに相手を知らない方々が自由に触れあえる、素晴らしい可能性を秘めた場所でございます。web上の掲示板の多くがそういった要素を持っていると思います。お互いに、見も知らぬ他人です。私は皆様の、そして皆様は私の「お友達」ではありませんし、「お友達」になる気もございません。またこの掲示板上で会話をなさる多くの皆様も「お友達同士」ではありません。例えこの掲示板内外で何度か会話をされて「お知り合い」になった方同士の会話であっても、この掲示板の上に書き込まれるという事は、他の「お知り合い」でない方にも同じように話しかけているという事に他なりません。ですから、常に「身も知らぬ他人」に話しかける時の配慮が掲示板という場所においては——それがどこの掲示板であっても——必要であると、私は考えております。初めて顔を合わせる方と会話をする時には、それなりの礼儀というものがございますでしょうし、私も皆様に対してその礼儀を守りたいと思っております。そういう意味で、皆様と「お友達」になるつもりはないと申し上げております。また、書き込みを頂ける皆様にもその辺りをご一考頂いた上で、「ご自由に」お書き込み頂ければなあと思っております。

また、「誰が見るか分からない」web掲示板の特質上、他のサイトさんにご迷惑がかかりかねないようなお書き込みも、出来れば避けて頂きたいと思っております。普く公開された場所である以上、他のサイトさん、あるいは他の個人の方をこの場所で話題にするという事は、「梶浦」についてこの場所で語られるより尚一層の、細心の注意が必要である事のように思われます。

どうせ書くのならと、かなり正直な所を書かせて頂きました。
ご不快に感じられた方も多い内容かとは思います。お許し下さいませ。
いつも掲示板上の皆様のご発言、本当に楽しく拝読しております。
自分でお返事が書けなくなった時点で、一度は閉じようかとも思った掲示板ではございます。ですがやはり皆様に色々直接お言葉をかけて頂ける嬉しさ、それが個人でwebサイトを開いている何よりの醍醐味と、なんとかこのまま運営して行ければと、切に願っております。
皆様と私で楽しめる場所に出来るよう、勝手ながら御協力をただお願いするのみでございます。
どうぞまたこのサイトに遊びにいらして頂けますよう。そしてまた梶浦にお声をかけてやって頂けますと何より光栄です。

Comments (0)