サイトリニューアル、そしてFJSオープン間近 | FictionJunction

BLOG


2018年9月30日(日) サイトリニューアル、そしてFJSオープン間近

さてさて自分でも驚くほど久しぶりすぎるブログではありますが!

この度私のオフィシャルサイトFictionJunction.comをやっとリニューアルオープンする事が出来ましたので、まずそのご報告でございます(^_^)。思えば確か初めて自分のサイトをオープンしたのが1990年代のどこかだったような……(遠すぎて記憶が……)。それ以来ちまちまHTML手打ちで何度かサイトの模様替えをしてみたり独自ドメインを取ってみたり。それなりに楽しくマイペースでサイトの運営などもやって参りましたが、色々手が回っていない部分もあり、更新が思うようにいかぬ時期もあり、梶浦自分事務所FictionJunction Music(FJM)を立ち上げたのをきっかけに、FJMスタッフKTさんにサイトデザインから運営もお願いする事に! 色々話し合いながらなるべく見やすいデザインにという事でリニューアルを果たしたのでございます。これでスマートフォンなどでもご覧頂けるようになったはず!なのです!そしてまだ若干発展途上な中身もございますが、今後はサイトマスターKTさんが細部のリニューアルも重ねつつ情報の更新なども光の速度で行ってくれる!はず!なのです!そんなFictionJunction.comを今後ともどうぞ宜しくお願い致します♪

そしてもう明日になります10/01には、私の新しいファンクラブであります「FictionJunction Station(FJS)」もオープン致します。(正式オープン準備のため現在サイトfictionjunctionstation.comはメンテナンス中です。FJSサービス内容の詳細などにつきましては、すみません、オープンをお待ち頂ければと思います。)
これから私が音楽を作り続けて行く中で皆様に発信して行けること、そしてライブの情報、ライブで共に音楽を作り上げて行く仲間であるミュージシャンのみんなの情報なども、お届けして行ければと思っております。

私の事務所「FictionJunction Music」は私一人が音楽をやる場所で、今後私以外のミュージシャンの方が所属する予定は一切ございません。FictionJunction Stationも、以前の「梶浦ファミリー」ファンクラブとは違い、基本は私一人のクラブとなります。が、所属ミュージシャンは私一人とは申しましても音楽そのものを一人でやって行くつもりは勿論毛頭なく、FJMは今後様々なミュージシャンの方と……今までと同じように、繋がって行くための場所にしたいと思っております。それと同じように、FictionJunction Stationでも、ライブなどでJunction(交差)するミュージシャンのみんな……音楽をやって行く上でかかせない仲間達の情報なども積極的にお届けして参りたいと思っております(^_^)。

そんなブログを認めている本日もスタジオで素晴らしい音を様々なプレイヤーさんに頂いて参りました。明日以降もレコーディングは続き、つまり嬉し楽しくめっちゃ音楽を作り続けております昨今ではございます(修羅場中とも言う……)。幸せな事だな、と心から思っております。こんな音楽作りました!など、そんな音楽にまつわるあれこれや、またそんな音楽をお届けするライブの情報なども、新しいFictionJunction.com、そしてFictionJunction Stationにてお届けして参りたいと思っております!

ちょっと走り書きのようなご報告になりましたがご容赦下さい。
一気に寒くなって参りましたがみなさまご自愛の上お過ごし下さいますよう!


コメントを閉じる
  1. Congratulations on the renovation of your site, Kajiura-san! Best wishes for all your future adventures with FJM and FJS, I am very excited to see where the train of music will take you next, what wonderful junctions it will cross… I look forward to hearing new 'stories' of your journey. May you successfully find whatever sceneries you aim and search for along the way.
    May the blessings of music guide your heart.
    May you be free,
    may you continue to weave your melodies of yearnings and fiction,
    as you desire. (*’▽’*)♪
    With love,
    Emily

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください