こんなに立派になりました | FictionJunction

BLOG


2004年12月6日(月) こんなに立派になりました

本当に長いこと日記を書いておりませんでした。月日の経つのは早いなあと改めて。11月は、今年全体を考えると決してそこまで忙しかった訳ではなかったような気もするのですが、何やらプチ体壊し気味で、プチ風邪やらプチ胃痛やらに悩まされつつも何故かウェイトはダウンせずプチゲインしているという、ちょっと理不尽な感じもする月ではございましたが、皆様如何お過ごしでしょうか。

「ネタとしても良く出来ていると思います」とメールを頂いた(Bさんありがとうございました!)さつまいもの芽吹きクンも、水だけで今やこんなに立派になりました。

ちょっと写真荒いですが。我が家の窓辺は日当たりだけはいいんですよね。夏は結構来てますが。何れにせよ窓辺に緑があるというのは何だか良いものです。

11月、何をしていたかと申しますと主に「舞HiME」の後半音楽を作成しておりました。
またまた宣伝になってしまい恐縮ですが、「舞HiME」のサウンドトラックVol.1『姫(HiME)』が12/22発売になります。

「舞HiME」はですね‥‥これがまたですね、作品面白くて。お姉さん楽しみに毎週かかさず見ております。好きなキャラクターいます。お姉さん大お気に入りの彼女がいるんですが、何だか私が「好き」と公言すると不吉らしいので(‥‥)、こっそりとテレビの前で応援していようかなと。でも結構どの女の子も好きだなあ。生徒会長さんの京都弁にもちょっと痺れてしまうお年頃です。音楽的には、日常の音楽と闇の音楽と申しますか‥‥「昼」「夜」という感覚で色々音を作れたのがとても楽しかった作品です。今回後半音楽を作成し、「舞HiME」の音作りもほぼ終了かな。終わってしまうと淋しいんですけれどね‥‥。皆様がこの番組を楽しく、もしくはハラハラドキドキご覧になる、この音楽群が少しでもお役に立ちますよう祈って‥‥。

12/1、コゼットの肖像OST発売になりました。ご感想下さった皆様、本当にありがとうございます!。皆様の一言一言、今後への何よりの糧とさせて頂いております。(目一杯本気です)

そうそう、11月聴いたCDの中で。
Tears For Fearsの新譜(もう数ヶ月経ってますが)がアナタ。これ、イイ! 名盤!
先日お知り合いの方何名かと家飲みした時、「いやーやっぱり仕事にしちゃうと、純粋に音楽楽しめなくなくなっちゃうっていうかさ~」とかうそぶいていた私ですが、ごめん、あれウソ。全然楽しんでます。んもーいいなあえげれすだなー。Beatles臭ぷんぷんだけど、でも二人組TearsForFearsやっぱり最高!と楽しみまくりでした。曲がいいー。ウォークマンで聞きつつ道を歩いていたのですが。あまりに聞き入っていた為、気付いたら全く知らない場所。ここはどこ私は誰状態で泣きそうに。

でも、同じく買ったCorrsもKORNのベストとかMarilyn Mansonのベストとかその他モロモロのCDもまだ聴いていないのでした。あっBjorkもまだ聴いていないのでした。聴かないのに買っちゃうのはどうしてなんでしょう。いえ、持っていれば何時かは聴くとは思うんですけれど。多分。

その一方、最近靴とか洋服とかへの物欲が失せつつある危ないお年頃です。でもまたその一方、某Bカメラなどを歩くとすぐに数時間が経過して頭の先から尻尾まで物欲のカタマリと化し、財布のヒモも伸びきったゴムのようになるますますキケンなお年頃です。やっぱりそろそろG5かなー。かなーかなー。でもまだ今のG4充分使用に耐えるんだけどなー。5.1システムもそろそろ欲しいよなー。またiPod U2とか出ちゃって一体どうなのよどうなのよ! あのiPodのU2CMめちゃくちゃカッコイイよね? (でもVertigoのサビ聴いた途端にKeep me hannging on? と思ったのは絶対私だけではあるまい。)

とりあえずそんなあまりにもとりとめのない日記でした。


コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください