nanoを待ちながら | FictionJunction

BLOG


2008年2月16日(土) nanoを待ちながら

バレ〜ンタインデ〜キッス♪
(ネタ古すぎてすみません)
な日も既に終わり、
チョコを持て余している男子の皆様もそうでない皆様もお元気でお過ごしでしょうか。

梶浦はと言えば、2/13にちょっと人数多めな男子の皆様とお会いする用事があったため、これは女子の義務だと思い数日前にチョコレートをがばっと買い込んだのです。ついでに女子にもあげちゃおうとか、家族にもあげちゃおうとかもあって、それはそれは沢山のチョコレートを。
そして当日、見事にその荷物を忘れて行ったのです。
この大量のチョコレート、一体どうしたら………。

どうでもいいんですが、バレンタインデ〜キッス☆が通じないのはまだいいとして、最近スタジオでレベッカやBOOWYの話になっても、年若き歌姫さん達から「誰ですかそれ?」と言われちゃう機会が増えて寂しい私です。もう絶対一緒にカラオケ行けない。

そうそう、ミステリーツアー。
ブログでのご報告が遅れましたが、今まで逃避行を続けていた訳ではなく、翌日にはちゃんと帰宅しておりました。
行き先は箱根でした。そして部屋露天付きの豪華部屋! お昼には懐石! もー超豪華なミステリーでした。妹よありがとうありがとう。きっと君の来世にはいいことがあると思うよ!

しかし二月二日〜三日と言えば、
関東近郊にお住まいの方には記憶に新しい「雪」の日。
箱根にも降りました。
しんしんと積もりました。
夜の内は良かった。
だって露天が一気に雪見露天に早変わり。ここ数年暖冬が続いた東京近郊では滅多に見られなかった景色ですよ。これもオツなものだと喜んでいたのですが、まだまだ雪は降る〜、あなたは来ない〜♪ 屋根からどさどさ大量の雪が落ちてくるまでになると、そう喜んでもいられません。予想は当たって帰宅の日、見事にロマンスカーは全線運休でした。せっかく観覧車両っていうの? あの眺めのいいステキ車両を妹が予約しておいてくれたのに。

まあでもそこは近場。小田急線は普通に動いていたので、帰宅時間もそうかかることなく無事帰って来られたのでいいんですけれどね。これも想い出の内です。

話は飛びますが先日、家のFaxがいきなり快音を発してお逝きになってしまった為、(どがががごごご!とか言って相当怖かった)今日久しぶりに某大きなカメラ屋さんへ行ったんですよ。そして当然のように林檎なコーナーへ寄り道。で、初めて触ってみたんですよ。
今林檎と言えばやはりアレな
MacBook空気。
実際見てみたら、思っていたよりなお薄く、思っていたよりなお軽かった。さすが空気。全体のフォルムもグー! キータッチも薄さを感じさせず、かなりいい感じ。

でも買いませんでした。
正直、あの常識外れな薄さが私を不安にさせた。
こんなに薄くて熱大丈夫なのか、という心配よりもまず、FictionJunction UKATSUとしては、「これうっかり踏んだり落としたり上に座ったり転んだりしたら一発だな……」という不安が先に立つ。自分のアバラなら折れても放っておけば繋がるけど、Macじゃそうは行かないしなー。

そんな訳で、「誰が買わなくともとりあえずお前が真っ先にポチ買いするだろ」と期待してくれていた友人知人の皆様、人身御供になれずにすみません。誰かさっさと買って使用感レポして!

でもその余韻で帰宅後にAppleストアをサーフィン、色々カスタマイズ遊びしていたら、何だかiPod nano8Gをぽちっとやっていたり。あれ、いつの間に?
だって、MacBook空気カスタマイズ遊びしていた後に見たら「安!」とか思っちゃったんだもん……。それにストア限定赤が可愛くて。陥りがちな罠ではありますよね……。

そんな訳で早く来ないかな、nano。
まあ、殆ど使っていないclassicにシャッフルに旧nanoもまだ引き出しの中にある訳なんですが。それはさておき。