8月 | FictionJunction

BLOG


2013年8月16日(金) 8月

夏の暑さも少し投げやりな風情になってきて、
夕方ともなれば強制的におセンチ(死語?)な気分になる今日この頃。
妙に中学校時代の事を集中的に思い出したりも致します。

中学生の頃の自分に親近感を感じることはもうあまり出来ませんが、
基本的にいい子で過ごしていた気はするんだけど、
自分の好きなものには徹底的に入れあげて他のものは認めようとしない、
痛さ満載の、まあかなり偏狭な、視野の狭い、中学生だったなあと。
そしてちょっと攻撃的なものや痛々しいものに憧れて
そんな本や映画を選んで読んだり見たり、
まあ、自分はちょっと他の子とは違うのよと思っている、
結構よくいるタイプのありふれた中学生だったような気もします。
まあ言ってしまえば中学生にしても相当子供っぽい中学生だったなと(^_^:)。

友達はそんなに多くなかったけど大切な友達は何人かいて、
他からは「まああの子達はちょっと変わってるよね」
的に比較的優しく放っておいて貰えた、
いい中学生時代だったと思うんだ。

この時期になると特集される様々なTV番組などを見て、
必ず考える事があるんですよ。

もし私が中学生の日々を「あの時代」に送っていたら。
どんな家庭に生まれるかによっても違ったとは思うんだけど、
結構エキセントリックな「軍国少女」になっていたんじゃないかって。

いい子でいたかったから、学校で教えられる事をそのまま信じ、
臆病と思われたくなかったから、お国のために死ぬことを尊び、
正義とか神とかそんな言葉に酔い、友人より率先して攻撃的に叫ぶ自分に酔い、
「正義」に従わない「悪い人たち」を傷つける事を何とも思わないような、
下手をしたら「非国民」と叫び石を投げるような事だってしたかもしれない。
そんな中学生になっていたかもしれないなって。
解らないけどね。あくまで「もし」「かも」の話ですから。
でも、当時は多分自分の事をそんなに馬鹿とは思っていなかったと思うけど(^_^:)、
思っていない分手に負えないバカだったからねえ。

これだけ歳を食ってもあまり自分がおりこうになった気はしませんが、
それにしても、自分の痛々しい中学生時代を思い出すたびに、
本当に幸せだったなって思うんですよ。
ちょっと思い上がった子供っぽいバカだったかもしれないけれど、
それがただの「子供っぽいバカ」で済んだ幸福。
狭すぎた視野も、今となってはあの、
超鋭角的な時代があって良かったかもな、と思える幸福。
「ちょっと変わっているよね」って放置してくれる優しい人たちに恵まれて、
「あの時代」じゃない「この時代」に、中学生時代を送れたことは、私にとってなんて幸福だったんだろうって。

……だからこうしたい、はまた私個人の別の話だし、
だからどうしようよ!と言いたいわけでもないんだ。
だからこの記事はここまでなのです。

ただね、「あの時代」に限らない、
最近の色々なニュースを見ていても思う事だけれど。
おバカな子供がおバカな子供のままでいられて、
大人になって、あははバカだったなてへぺろ!
って思える。
そんな世界は私たちが思っている以上に貴重なものなのかもしれないよね。


コメントを閉じる
  1. Smedley より:

    所謂中二病ってやつですよね〜(^_^;)
    誰しもが通る…
    というか自分というものを確立する為に必須な時期なのかも知れませんね〜
    正義についてはなんというか厄介なものですよね〜
    人それぞれに正義はあるしみんな正しい(逆に言えばみんな間違ってる)ですもんね〜
    お互いに相容れることは無いんじゃないでしょうか…
    では、お体に気をつけて(^^)/

  2. かげろい より:

    ここで自分の学生時代の話をしますが、
    好きなものにどんどん追求していって、
    嫌いなものはとことん嫌っていたんです。
    嫌いなものといえばもちろん勉強です。
    「あの時こうすればよかった」とか、今も考えるわけですが、
    今の私たちは後悔はしてもいくらでもやり直しはきくなと思っています。
    どんなに落ち込んでも家に帰れば美味しいご飯が待っている、
    私にとってそれがあれば何度だって立ち上がれますが、
    「あの時代」に生きてきた人はどう立ち上がって生きてきたのかなと、この時期に考えると色々考えてしまうんです。
    考えたところで私は何も出来ないのですが、
    「あの時代」の人たちが貴重に思っていたことが、
    今の私たちでは日常になっていることに感謝すべきだとは思っています。
    あまり上手く話せませんし、誠に恐縮ではありますが、
    これからも梶浦様の新曲を楽しみにしています。

  3. minamimaru より:

    梶浦さん、こんばんは。この時期は、昔と今、そして未来に、なんとなく思いを馳せる時期ですね。
    先月、中学校の同窓会がありました。
    当時いわゆる「不良」だった生徒たちも何人か参加。多くはサラリーマンや経営者になったり、父親や母親になったりしていて、20年前の担任の先生に「あの頃は本当にご迷惑をおかけしましたっっっっ!!」と深々と頭を下げてみんなで大爆笑。
    また当時はいわゆる「暴力教師」も普通にいて、「先生には何度殴られたか覚えていません」「え?お前を殴ったことなんかあったっけ?」「「「先生ひっでーーー!!」」」とまた爆笑。
    いろんな子どもがいろんな道を辿って大人になり、20年ぶりに再会したらただただ笑い合える。
    それはすごく幸せなことだと思うので、いまの中学生たちも、20年後に集まって同じように笑い合えたらいいな、そんな時代になっていたらいいなと、心底思いました。

  4. toshi より:

    こんばんは。
    今回のブログはかなり深い内容ですよね。
    思わず僕も、超ウルトラバカだった自分の中学時代を思い出して赤面しちゃいましたよ。
    ま、今も相当バカですけどねてへぺろ。
    それにしても、前回の初恋話といい今回の話といい、大変興味深く読ませてもらいました。
    これからもブログで、梶浦さん自身のこと、音楽の話、今考えていること等を、
    コツコツと書いていってもらえたらすっごく嬉しいです。
    まぁツイッターでも構わないんですが、あれは字数制限もあるし、
    お腹減ったとウカツ話が大半を占める感じなんでww
    もちろん、あれはあれでとっても面白いんですけどね。
    今後も、時間あるときにはぜひブログを書いてって下さいませ。
    楽しみにしてま~す。

  5. らすかる より:

     梶浦さん こんばんは~^^
    夏の夕方から夜ってなんだか寂しげな感覚を覚えますよね。
    梶浦さんは中学校時代が、
    一番多感な時だったのかもしれませんね。
    子供の時にそういう感覚を持ち、
    自分なりにいろいろ感じて、考えて、時を過ごしていく。
    これはすごく大事なことなのかもしれませんね。
    そして今過去を振り返られる状態にあることは、
    しあわせなのかもしれませんね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください