鎌倉 | FictionJunction

BLOG


2007年1月13日(土) 鎌倉

法事で鎌倉のお寺さんへ行って参りました。

Ume
気の早い梅がもう咲いていたよ。
今年は暖かいですものねえ……。

そして美鈴のお菓子。

Misuzu

法事用のお菓子なんでちょっとあれですが(笑)。
でもここのねりきりは本当に上品なお味で、見目麗しく、最高でございます。鎌倉にお越しの際は是非どうぞ。確実に買うには予約した方が宜しいかと。

和菓子と言えば。
生菓子もいいけど干菓子も美味しいよね。

Higashi

今年のプチお年賀にした七條甘春堂の打ち物菓子。
和三盆のかほりがたまらないのでございますよ。

中に入っている小さなパンフレットに
「お干菓子は口ほどけの良さを最も大事にしたお菓子でございます」
と書いてあり、口ほどけ!何と綺麗な言葉なのだろう、と感動する。
日本語っていいなあ。

そういえば以前、バレンタインデーのチョコレートの代わりに同じような和三盆干菓子を配ったことがありました。毎年チョコというのも芸が無いかなあ、と思ったのですが……。ある若い男子に後日、

「珍しいですよね、バレンタインデーに角砂糖って」
と言われました。

角砂糖じゃないから!
まあ、そりゃお茶に入れても美味しいでしょうけれど。
それ以来あまり変わった事をするのは辞めました。やはりバレンタインデーには普通にチョコが嬉しいものなのでしょうね。

本日の法事は父親の23回忌でございました。
父と一緒に暮らした年数よりも、亡くなってからの日々の方がいつの間にか長くなってしまったなあ……と思うと不思議な感じも致します。

オペラや歌曲を心から愛していた人で、聞くだけに止まらず娘に伴奏をさせて朗々と歌うのが大好きで、私に音楽を聞くこと、演奏する事の楽しさの全てを教えてくれた人でした。もんのすごい亭主関白でもあり(笑)、あらゆる意味で強烈な人でしたよ……。彼の娘としてこの世に生まれて来られて幸福だったなあ、もしそうでなければ音楽の道に進む事もなかったであろうなあ、と今でも感謝しております。ありがとうお父さん!

法事の席というのはやはり故人の思い出話になりがちなもので、本日も
「お父さんが生きていたら、今由記ちゃんの作った音楽を聴いて何て言ってくれただろうねえ」なんて話も出ましたが、

「騒々しい」
の一言で片付けられただろう事は間違いない。
でもきっとそんな事を言いながらこっそり聞いてくれたんだろうな。
なんて想像もしてみるのでした。


コメントを閉じる
  1. s より:

    じ~んとして(。。)強烈な亭主関白がクラシックロックな梶浦ミュージッくを作ったんでしょうね。今も梶浦さんの右肩あたりにお父さんが(^^)

  2. あかつき より:

    梶浦さんの23回忌ですか・・・・・。(=;ェ;=) シクシク
    梶浦さんの音楽の”師”なんですね。
    きっと聴いてくれてますよ。「騒々しい」だなんて言葉が間違ってる!!
    あっ!!和菓子ですか、梶浦さん。
    私はお菓子全般大好きです。
    それにしても角砂糖って一体・・・・

  3. ゆうき より:

    娘に伴奏させて歌うなんて。。。
    凄く素敵なお父様でしたのですね。。。
    「バレンタインデー角砂糖」
    いいですね。。。僕もやってみます。^^

  4. 奈 良P より:

    例え既に亡くなっているとしても、今でも自分の親を心から尊敬できる。ぼくもそういう境涯になりたいですね。

  5. 奈 良P より:

    例え既に亡くなっているとしても、自分を産み育ててくれた親を心から尊敬できる。ぼくもいつもそんな境涯になりたいですね。

  6. 奈良P より:

    例え既に亡くなっているとしても、心から、自分を産み育ててくれた親を尊敬する。ぼくもそういう境涯になりたいですね。

  7. 奈良P より:

    例え既に亡くなっているとしても、心から、自分を産み育ててくれた親を尊敬する。ぼくもそういう境涯になりたいですね。

  8. 奈 良P より:

    例え既に亡くなっているとしても、心から、自分を産み育ててくれた親を尊敬する。ぼくもそういう境涯になりたいですね。

  9. 奈 良P より:

    例え既に亡くなっているとしても、心から、自分を産み育ててくれた親を尊敬する。ぼくもそういう境涯になりたいですね。

  10. 奈 良P より:

    例え既に亡くなっているとしても、心から、自分を産み育ててくれた親を尊敬する。ぼくもそういう境涯になりたいですね。

  11. 奈 良P より:

    例え既に亡くなっているとしても、心から、自分を産み育ててくれた親を尊敬する。ぼくもそういう境涯になりたいですね。

  12. 奈 良P より:

    例え既に亡くなっているとしても、心から、自分を産み育ててくれた親を尊敬する。ぼくもそういう境涯になりたいですね。

  13. 奈良P より:

    例え既に亡くなっているとしても、心から、自分を産み育ててくれた親を尊敬する。ぼくもそういう境涯になりたいですね。

  14. 奈 良P より:

    例え既に亡くなっているとしても、心から、自分を産み育ててくれた親を尊敬する。ぼくもそういう境涯になりたいですね。

  15. 橿原通信 より:

    言うだけ空しい…

    学校の“給食費”を払わない親が、驚くほど多いという。           , 小学校二年の頃の記憶。 担任の女性教師が教壇の椅子に腰掛け、 学級費(父兄会費)を

  16. 法事とは何か

    法事挨拶はどの様に、法事の挨拶例文を載せ、法事とは何か、初七日の法事挨拶、49日の法事挨拶、一周忌の法事挨拶文・法事の挨拶から法事マナー、法事案内状、法事の時の服装など、法事の挨拶から始まる、法事の行ない方を紹介します。

  17. b より:

    こんばんは。プレミアムライブ、当たりました。葉書を見つけた途端、思わず葉書に拝んじゃいました。当日は楽しませていただきます。是非気張ってくださいませ!

  18. b より:

    こんばんは、bです。1つ前のコメントは私が入力したものですが、何故か別の方の名前が入ってしまいました。恐れ入りますが、このメールともどもご削除願います。奈良Pさん、ご迷惑が掛かっていましたら、申し訳ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください