祭りの終焉 | FictionJunction

BLOG


2006年7月5日(水) 祭りの終焉

よりによって………延長の最後の一分………ですか(涙)。

そんな訳で昨夜(今朝)は、某家で知人とドイツVs.イタリア戦観戦でしたよ。相変わらずワインとチーズが友ですが、先日のドイツ戦であまりにもテンションを上げすぎ、その後のイタリア戦は見事に寝落ち、翌日までヘロヘロで使い物にならなかった我々は自らの態度を軽く反省し、昨日の試合は開始前まで仮眠を取り、その上で観戦コンセプトを「ぬるく見る」に設定しておくという万全ぶりです。

ぬるく見るコンセプトのルールとは。
画面を長時間凝視しない。気を散らしながら見る。たまにサッカーと全く関係のない話題を振る。振られた無関係話題には必ず反応しなければならない。あまり長時間(推定5分以上)画面を凝視しすぎる、もしくは無関係話題に反応しないとイエローカードです。(二枚くらえば当然退場です。→テレビの無い部屋へ)

そんなあまりにも下らないルール設定の結果、ある意味普通に見るよりも余計疲れた気もする今朝の観戦。とりあえず選手の国家斉唱の時、必ず一人はいる音痴なやつを探せ!とか、(そういうやつに限って一生懸命歌っている……気がする)イタリアのユニフォームのグラデーションは汗染みにしか見えないよねとか、田村名人(カモラネージがどうしてもそうとしか聞こえなかった)の髪型は軽く素浪人だよねとか、ドイツの参加型監督は最高だよねとか、昔キャプテンツバサにシュナイダーって選手いたよねとか、そんな話の合間に、ところで13×4は?とか、最近来たスパムメールでイケてたタイトルを一つあげよとか、80年代ブリティッシュロック限定イントロどん!とか、そんなフェイントをかましつつ、多少混乱気味にまったりと観戦しておりました。何だかね、一応ドイツ応援していたんだけどね、何となくイタリアには負けるんじゃないかな〜とどこかで思っていたんですな。でも延長まで粘った時にはかなり期待しちゃったんだけどね! PKに持ち込んでレーマンのゴッドハンドの大活躍にね!

まあ、でも、ドイツの活躍のお陰で、今回は非常に盛り上がったにわかーずでございましたことよ。決勝戦はフランス応援する。(今日勝てばだが……)ジダンの花道を華々しく飾って頂こうじゃないか。何かこう、「ヒーローの引き際」というドラマには私弱いのです。ドイツもまだ三位決定戦あるし。クローゼの得点王にも期待出来るし。三位だとしても勝って終わるのはそれはそれで悪くない気がするし。(勝てば、だが……)

そんな感じでお祭りも終わりという雰囲気です。元々基礎体力に問題があり、あまり長い祭りだと疲労困憊ダメ梶浦になってしまうので丁度良いタイミングかもしれませぬ。仕事しろ?な?

そんな日々でした。
今日は試合終了10分前から見ようと心に決める準決勝。


コメントを閉じる
  1. s より:

    梶浦さん・・・もう少し、もう少しでいいんで。。。おちつこうね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください