未来福音 | FictionJunction

BLOG


2013年9月28日(土) 未来福音

劇場版空の境界、『未来福音』見て参りました。
今回は自分のライブもあり、試写会に伺えなかったので
なるべく早く見たいな!と27日真夜中の回をすかさず予約して。

空の境界劇場版は、試写会で拝見したものも全て、
新宿テアトルさんに通って全て改めて見直して参りました。
あの映画館がサイズもイスも好きというのもあるんですが
実際皆様がご覧になる映画館で、客席で、
ちゃんと色々な音を確認しておきたいというのもあって。
なので今回も、新宿テアトルさんで。
絵が本当に完成された形で拝見するのは初めてでした。

Mirai

絵、演出、相変わらず素敵でした!
光と闇の演出がいつも本当に見事だなあと。
今回は特に、真昼の光の中でこそ立ち現れる「闇」の表現が何だか新しいな、
素晴らしいな、と見ほれました。
私は本当に映像の事は解らないので(^_^:)。
ああいう映像を作られる方の発想って本当にすごいなって
普段の風景も私と違った風に見えているのかしら……。
なんて考えてしまいますです。

未来福音は、ストーリー的な事はネタバレになってしまうので伏せると致しまして
「あの場所」が色々と違った形で出てくるのも楽しめます。
ああ、あの場所でかつてこんな、とか
今はこんな、とか……不思議な懐かしがこみあげてまいります。

25、26日にやったYuki Kajiura 番外編ライブでも
未来福音の曲を作り終えた後のライブというのもあって
懐かしい空の境界の曲を個人的に演りたくて
サウンドトラックから選抜して演奏させて頂いたりしたんですが、
今回の「未来福音」でも色々な音楽を作らせて頂きました。
作品の魅力を皆様にお伝えする、
音楽がその役割をひっそりと果たせているよう……祈るばかりです。
Kalafinaが歌わせて頂きました
「アレルヤ」「dolce」も
作品をご覧下さった皆様の心に残る
作品のエコーに相応しいものでありますよう、
祈っております。

……まだ色々書きたい感想もあるんですが
全てネタバレになっちゃうので!(ウズウズ)
本日はここまでで。

素晴らしい作品の音楽を作らせて頂けて
幸福だな、と改めて感じながら。
おやすみなさい(^_^)/!


コメントを閉じる
  1. より:

    おはようございます。
    空の境界、僕も観ておきますね。
    たぶん、時間がほどなく経ってDVD化して
    観るんでしょうけど(汗)。
    遅い時間に本当にお疲れ様でした。
    梶浦さんの音楽はきっと、
    役割を果たせていると確信抱きながら。
    では。

  2. ぺんた より:

    テアトル新宿の最速上映の27日24時の回で未来福音を観ました。
    空の境界の独特な世界観を表現している音楽が好きになったのがきっかけで梶浦由記さんのファンになりましたが今回も未来福音の世界観を作り出している音楽が素晴らしかったです♪
    梶浦さんにしては明るめの曲が多くて癒されました♪(笑)
    そして、アレルヤを聴いて大感激のあまり劇場で号泣でした・゚・(つД`)・゚・
    音楽が好きで良かったです♪
    梶浦さんとKalafinaが好きで良かったです♪
    梶浦さんの音楽を知るきっかけになった空の境界に出会えて良かったです♪
    ライブでも未来福音の音楽やアレルヤを聴ける日が楽しみです♪
    梶浦さんの番外編ライブでin the garden of sinners~from paradigmが聴けて本当に嬉しくてライブ中に泣いてました(´;ω;`)
    本当にありがとうございました!

  3. らすかる より:

    梶浦さん こんばんは~^^
    未来福音観るのすごく早いですね(笑)
    私も先程観て来ました。
    映像、ストーリー、演出もすばらしかったですが、
    さらに音楽で未来福音の世界に惹き込まれて行きました。
    やはりとてもすばらしかったです^^
    「アレルヤ」「dolce」も、ふぉぉぉぉぉっと心で唸るぐらい良かったです^^
    もう一回観に行きたくなりました^^

  4. K より:

    先日はライブお疲れ様でした!
    空の境界好きと致しましては、ライブで曲が聞けて、とても嬉しかったです。ありがとう御座いました
    今後のライブでは是非in the garden of sinners from paradigmやwhen the fairy tale ends以外の曲もご検討頂けると嬉しいです
    特にif I cryは一生に一度は梶浦さんのライブで聞いておきたいぐらい好きだったりします(笑

  5. Chanbiri より:

    I am a Chinese student, please refueling~

  6. 匿名 より:

    由記さんこんばんわ~。
    由記さんのお歌にドハマリしております~。
    北欧神話的な独特なカンジの世界観、クセになりますね~。
    「宝石」をめっちゃながしてます。
    力強い、流れるような曲調とメロディの絡み合ったキレイなお歌、重厚ながらも希望を感じる「梶浦ソング」にいつも元気をもらっております~。
    おこがましさもはなはだしいですが、応援しております。
    いつかステージで「生梶浦ソング」なるものを体感したいとおもいます~。
    長々と申し訳ございませんでした~。
    敬具

  7. kerokero より:

    本→映像の作品は、基本原作派の私ですが、「空の境界」は「映像」」ではなく、「音楽」から入りました!
    オープニングから流れる「seventh heaven」のメロディ、戦闘中の音楽、そして勿論主題歌♪
    もう好き過ぎて言葉になりません!!!!
    勿論サントラも持ってます!
    2人の子持ちの30代主婦ですが、恥ずかしげもなく先日openした「マチアソビカフェ」にも行かせて頂きました!!!
    子連れでliveは年齢的に(子供の)残念ながら難しいですが、いつかきっと!!!参加させて頂きたいです!!!!

  8. George より:

    It won't solely enhance your wall but also maintain refreshing your memories related to these traces.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください