明けましておめでとうございます | FictionJunction

BLOG


2004年1月2日(金) 明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

大晦日。あまりお部屋が片づかない状態の私に、知子さん(母)が溜息をつきつつおっしゃいました。
「一年の計はカンタンにありと言うのにねえ……」
「か、カンタン!?」
「……元旦、よ。ちょっと言い間違えただけでしょう!」
そんな訳で簡単に新年を迎えてしまった私ですが、皆様如何お過ごしでしょうか。
こと東京に限ってはかなり暖かく、過ごしやすい新年となりましたね。あまり暖かすぎて新しい年、という実感に欠ける程でもございます。

大晦日の深夜には、近所のお寺へ家族で参りまして、甘酒を飲みつつ除夜の鐘をゴーン。そうこうしている間に歳が明けました。もう十数年来、ひどい風邪でも引かない限り、参拝者に除夜の鐘を突かせてくれるこのお寺での年越しが我が家の恒例になっております。今年は犬のハナちゃんも一緒でした。しかしゴーンと鳴るたびにびくびく震えていたハナちゃん。怖い思いをさせてすまなかったよ……来年はお留守番予定で。このお寺さんには弁財天様もいらっしゃるので、毎年しっかり拝ませて頂いております。

ご本堂では毎年お坊様が集まって深夜のお経を上げられる、その前に和太鼓の前振り(?)がございます。普段どーんどーんと重々しかった和太鼓のリズムが、今年は何ともどえらいビートで。思わずアイリッシュタップでも踏みたくなってしまう程の。聞き惚れてしまいましたよ。和太鼓大好き新人さんでもいらしたのかしら。

一日には叔母の家に親族で集まり、近況報告などしつつすき焼き。二日の午前中には近所の天満宮へ。昨年買った破魔矢をお炊きあげに出し、新しい破魔矢を購入。もうこの辺りはすっかり毎年の行事になっており、無事梶浦家の2004年も明けました、という感じでございます。

それにしても昨年末は忘年会ラッシュだったりも致しまして、毎年恒例の梶浦家クリスマスパーティーが都合で28日に伸びてしまったのもあり、ともかく食べまくり飲みまくり。新年明けてからもすき焼きにおせちに金沢で買ってきたお正月用お菓子に、食べまくり状態はまだ続く。そろそろ軽くダイエットに入りませんと、新年早々恐ろしい事態になりそうでございます(もうなっている)。自粛自粛。でも今夜は海鮮みそ味鍋……。

大晦日の夜には、申し訳程度の掃除をしつつ久しぶりに紅白などもちらっと見てしまいました。石川さゆりさんの「能登半島」に私は感動したね! あんな風に心を動かす音楽を作りたいと思いつつ、2004年も頑張ります。

この一年が皆様にとって素晴らしいものになりますよう。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。


コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください