天敵到来 | FictionJunction

BLOG


2005年3月15日(火) 天敵到来

最近のこと

某月某日
朝起きてふとテレビをつけてみる。何だかワイドショーがやってました。
「さて、次に登場する恐怖のダメ夫とは!」
自分の曲が流れてました。
………うーん。

これまた某月某日、と言うか昨日ですが。
梶浦人生最大の修羅場だったと思われる本年1~3月の佳境を一旦抜け、ともかくこの中日一日は掃除洗濯だ!!と洗濯機三回回しをしつつ買い物に出たんですが。
出ました。
花粉症が。
今年の花粉はひどいぞ~と言われつつ、一昨日まではその予感さえ感じずに過ごせていたのでございます。毎年ひどく悩まされ続けて来たにもかかわらず、です。これは何故だろう。去年から玄米とか良く食べていたから、ひょっとして体質改善?  ラッキー! とたかをくくっていたのが間違いで、仕事の山を越えた途端にがーっと症状が出てくるなんて、体は何と正直なのか。いや、どちらかと言えば忙しい最中出なかったのが奇跡なのだと思うべきなのかもしれませんけれど。

そんなこんなで慌てて市販のお薬を飲んだのですが。
眠い。
それもただならぬ眠さで、もう正常な状態でいることそのものが不可能。立っていても寝る、椅子に座ろうものなら一秒持たずに寝る、寝るというかあれはもう気絶に近いです。

昨日は妹が家に来ていたのですが、座椅子に座りながら私があまりにも不可解な寝言? うわごと? をずっと呟き続けるので相当不気味だったそうです。中でも「おねーちゃん、今日はもう仕事諦めて寝ちゃった方がいいんじゃ……」と話しかけた途端私がすっくと立ち上がり、「すみません、もう一度コーラス前まで聴かせて下さい」 と無茶苦茶真剣な声で言い放ったのには何だか泣けたと言っていました。(本人全く覚えていない)

「おねえちゃん……とりあえずスタジオ終わったんでしょ? ね、とりあえず今日は寝なよ…」
とベッドに入ったのも実はあまりよく覚えていない。お陰様で昨日は良く眠れはしたのですが、あの薬はもう飲めまい。良く効いたには効いたんだけれど、花粉症に悩むか気絶するかなんてそんな究極の選択やってられっか! ということで「眠くならない」と書いてあるにゅーお薬を本日買って参りました。それでも充分すぎるほど眠くなりますが……。

有り難いことにこの週末から一週間ほど日本脱出です。その間はこの花粉症からも逃れられるのでしょうか。もーともかく外出るのがいやなので、せめて日本脱出前に髪を切りたいと思っていたのも無理そうだなあ。

眠いと言えばお仕事にいそしんでいた三月初頭、家のMacの前で何度か寝落ちしていたのですが、そんな最中夢を見ました。夢の中でお仕事しならが「眠いよう~辛いよう~」と思っているという夢。起きた瞬間、あんなに損をしたキモチになる夢ってないですね?  どうせ眠さに悩むのならその間起きて仕事してりゃー少しでも進んだものを。

そんな私の今年度(今年ではなく今年度)の目標は「ヌルく生きる」です。
なんと申しますか、自分のやりたい、だけで突っ走ってあまりに周りにご迷惑かける状況も昨年度何度かありましたし、これはもう今年はもうあまり頑張らないぞ。ヌルく行っちゃうぞ、とかなり贅沢な感じではあるんですが、そんなことを決意してみたり。

そんなこんな、今頂き物のアマリリスが本当に美しく咲いています。純白の花です。
お花はいいですね~なごむ~~。

そんな、かなり久しぶりの日記でした。


コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください