ブレーカー注意報 | FictionJunction

BLOG


2004年8月2日(月) ブレーカー注意報

よくお世話になっている素敵なミュージシャンさんのお話なんですが。
音楽の引き出しは広く、その膨大な引き出しから曲のイメージに合わせた音を引き出す技は秒速の早さ、かと言って曲におもねる事は無く音は無茶苦茶その人の存在感あってグー、かつどんな曲のレコーディングの時にも、とても真摯に、そして楽しみながら、素敵な音を紡ぎ出してくれる、この方とお仕事をするといつも音楽がより好きになる心地がする。そんな本当に素敵な方なんですが。

でもそれだけじゃないの。

某月某日、スタジオでお会いするなり、「お、梶ちゃん髪切ったね! いい色だね!」
最近お気に入りのゲタを掃いていれば、
(浴衣が流行りだしてから、素敵なゲタ増えましたねー)即チェック&コメント。
買ったばかりのお気に入りリストウォッチをしていれば、「イイね!」とすぐ反応してくれる。

仕事は完璧、自分の仕事へのプライドも愛情も(自分の仕事への愛情って、個人的に男性の魅力の条件第一義だと思う)存分に持ち、かつこの細やかな目配りに気配りに、またそれがナチュラルで全く嫌味が無い。
この人がモテないで、一体誰がモテるだろうと思った一瞬。

あれなんですよね。女性はよく自分の髪型や服装へのチェック&コメントをして欲しがるけれど、男性って本来女性の服やアクセに興味なんて持たないものであろうとも思うんですよね。例え彼女であれど。逆によっぽどひどい格好でもしていればまた別なんでしょうが‥‥。だから男性が別にそういう所に気付かなくても全く不自然だとは思わない。それが普通だろう、と思いますし。そんな話をしていたら、「うん、ぜんぜん興味無い。別に裸じゃなきゃ構わないっていうか。」とは某男性の談。
でもだからこそ、普通興味を持たない所だから尚更、一般的に女性にとって、男性からの細かなチェック&コメントのポイントが高くなるんだろうなーとも。

話は思い切り変わりますが。

ブレーカーが飛びましてねえ。

新居(とは言えもう数ヶ月住んでいるんですが)の電源供給、現在40Aで、最近外部音源の使用も減り気味傾向にあるし、数カ所同時にクーラー使わなきゃ大丈夫だろうと高をくくっていたのが甘かったです。

慌ててお仕事マシン再起動、データは大丈夫でホッとしたのも束の間、気付いたら外付けHDDを全く認識しておりません。始めは外付けディスクが飛んだのかと思ったのですが、二代目パソに繋いでみたら問題なく認識致しますし。

別のシステムで立ち上げてみても、PRAMクリアしても、何をしても効き目無し。つまりあれです。お仕事パソのFireWireポートが思いきりお逝きになられてしまったらしいです。おーまいがーっ!

しかしスタジオにデータを持ち込む為にも、バックアップの為にも、外付けHDDの使用は避けられませぬ。目下の状況でお仕事Macを修理に出す時間もなく、現在我が家にはFireWire接続おんりーな外付けしか無かった為、仕方なく慌ててUSB接続も出来るタイプのモノを買って来たんですが。

‥‥遅っ!
8ギガ程度のデータをコピーするのに4時間というのは一体どうなのか。そんなに遅いんですかUSBのHDDって? という事はあれでしょうか。ただでさえ駆け込み人生のこの私に、毎回スタジオ入りする少なくとも7~8時間前には全ての作業を完了していろと言う。
‥‥無理ですごめんなさい。うえええん。

試しに試みてみたら、二代目パソからネットワーク経由で外付けFireWireにコピーする方が余程速かった。‥それでも二時間ですか‥‥。

そんな訳で現在データコピー中で無駄に暇な日記なのでした。
暇じゃないのに暇。空しいよう‥‥。


コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください