ハナちゃんが…… | FictionJunction

BLOG


2003年10月13日(月) ハナちゃんが……

皆様お元気でしょうか。今日はちょっとヘタれ気味な梶浦です。

と申しますのも、我が家の飼い犬ハナちゃんが逃げてしまったんです……。
昨日の事でございました。お散歩途中の知子さん(母)の手を、引き綱がふとすり抜け、ハナちゃんはまっしぐらにとっとと走って行ってしまったそうな。

河原やいつもの散歩コースを、声を限りに呼びつつ彷徨ってもどこにも見つからず。
以前飼っていた犬も何度か逃亡した事があったのですが、しばらく待てば必ず自分で戻って来たんですよね。でもハナちゃんはやはり最近飼い始めたばかりだから……まだ我が家に馴染んでいなかったのでございましょう。玄関を開けっ放しにして餌を置いておいても、未だ帰ってくる様子はございません。

首輪も付けたままですし、連絡先も明記してあるし、どなたかが捕まえてくれればご連絡頂けると信じてはいるんですが……連休が明けたらしかるべき場所にも連絡して、あとはじっと待つしかありません。

毎朝毎晩、二階から居間に降りるとハナちゃんのゴキゲン伺いをするのがすっかり日課になっていた今日この頃。どんなに無愛想でも、いないと寂しくてなりませぬ。外で物音や犬の鳴き声がすれば(ハナちゃんはほとんど吠えなかったけど……)ハナちゃんじゃないかと出てみる。家の中で気配があればドキりとドアを開けてみる。すっかり意気消沈気味な梶浦家でございます。ハナちゃん、早く帰ってきてくれますように……。


コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください