お年始参り | FictionJunction

BLOG


2005年1月3日(月) お年始参り

一月某日

お昼頃までお仕事をしてぐーと寝ておりますと、電話が鳴りました。
「お参り行った?」
親しい知り合いからの電話でした。時間無いからちょっと、と言うも、
「30分くらい作れない筈があるか。年始のけじめってのも大事なんだよ。今近くにいるから来い。すぐ来い。10分で来い」
我が家から徒歩5分の所にそう大きくはないですが神社がございます。なるほどお参りくらいしておくか、と慌てて着替え、支度をして参ります。三が日ですので少々並びましたが、30分ほどで無事お参りを果たす事が出来ました。お天気も良く、やはり来て良かったなあ、やっと年始らしい気持ちになれたなあ、とはればれと感じておりました所、
「後ろ前だよ」
「え、何が?」
「ジャージ……」
慌てて自分の姿を見下ろすと、前にある筈のあでぃだすマークが無いよ。
お年始参りにジャージの上下で言ったのもアレですが、2005年年始め、後ろ前で始めちゃった私の一年は一体どうなるんでしょうか。その後引いたおみくじは末吉でした。今年はもっと注意深く生きろという啓示でしょうか。連れには、
「今年もうっかりには気を付けましょう、とか書いてない?」
と聞かれました。肝に銘じて本年を生き抜こうと思っております。

そんなこんな。年末年始のお休み、あっという間でしたね。皆様ゆっくりお休みになれましたでしょうか。
今年もお互い頑張りましょう~。


コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください